利尻ヘアカラー2chの評判は本当?実際に使っている私が噂を検証

利尻ヘアカラーが口コミで評判なのはなぜ?

hsiraga4
shiraga5shiraga6b16

利尻昆布白髪染めとは?

shiraga11

■ 一体どんな白髪染めなの?

口コミで話題の利尻昆布白髪染めヘアカラー。

白髪染めの時間を取らずとも髪の毛の色を常に一定に保てると噂の商品なので、私もすごく気になっていました。

利尻昆布白髪染めの魅力はトリートメントして使うだけで髪の毛が染まる事だそうで、毎日のシャンプー後に使っているだけで髪の毛を染めてくれて、なおかつ髪の毛のダメージケアもしてくれる優れた商品なのです。

なんというか、ルプルプや類似商品も、この利尻ヘアカラーの後に出てきたものばかりなので、「ザ!トリートメントタイプの白髪染めの元祖」みたいなイメージがありますよね。

こちらはどんな人にオススメされているかというと、

 自宅で簡単に髪の毛を染めたい方
 パサつきが気になる方
 髪の傷みが気になる方
 頭皮が敏感な方

となっています。

染色までの時間は個人差がありますが、大体5~10分程度と公式サイトには書いてありました。

使用してから5分後には目立つ白髪をきれいに染め上げてくれるので時間も手間もかからないとのことで、早速私も使ってみました!

しかも、ドラッグストアなどで売っているよくある白髪染めと異なり使い方がとっても簡単!

簡単に説明すると洗った髪をタオルでよく拭き、利尻昆布白髪染めヘアカラーを塗ってら約10分放置して流すだけ。

この手軽さも魅力的ですね!

■ 利尻昆布白髪染めが愛されているワケは?

利尻昆布白髪染めがクチコミで人気となっている秘密は上記で述べた手軽さに加えて頭皮に優しいといった理由があります。

よくある通常の白髪染めは染色効果だけしか考えていないので、頭皮や髪の毛にダメージが与えられてしまいます。

私も市販の白髪染めを使っていましたが、確かにすごく染まるんですけど、頭皮にブツブツができたり髪がパサパサ・ぼさぼさになったりするんです。

さらに染めている最中も、染めた後の3日はずっとクサイ!

・・と見ていくとドラッグストアなどの市販白髪染めは「その後の弊害」が大きいのがイヤだなって思っていました。

しかし、利尻昆布白髪染めは無添加で作られており髪の毛に対するダメージケア効果も抜群。

今まで髪の毛がパサパサしていた方でも利尻昆布白髪染めを使うことでツヤのある綺麗な髪の毛に生まれ変わる事が出来るみたいです!

私の感想【利尻昆布白髪染めどうだった?】

rishiri01

■ きほんの使い方をチェック!

利尻ヘアカラートリートメントはお風呂で使います。簡単5ステップを簡単に紹介してみます。

①シャンプーをする

頭と頭皮をきれいに洗います。同シリーズの利尻シャンプーを使うのも白髪ケアにより良いとのことですよ。私は使わなかったけど・・。

②水気をきる

タオルなどで水気をよく切ります。

③手にとる

直接素手で使えるほど優しいつくりなので、そのまま白髪用利尻ヘアカラートリートメントを適量手のひらにとります。

④塗る

白髪が気になるところに塗っていきます。まんぜんなく塗布して初回は20分ほど、二回目以降は約10分ほど放置。

・・・ということですが、口コミなどをみて10分では染まりにくいとのことだったので、私は『20分』おいておきました。

⑤すすぎ・乾かす

すすぎは色のついた水がなくなるまでしっかりと行いましょう。その後はドライヤーで乾かすだけ。

■ 肝心の染まり具合は?

無添加で髪・地肌に優しいタイプの白髪染めとしては、かなり良く染まるほうだと思います。

一回目から自分の好みの髪色にきっちり染まる、というものではなく、

使い続けるうちにだんだんと白髪が気にならなくなる

・・という商品です。

また、少し前までは髪が細くなってきたけど年齢だから仕方ない、と思っていたのですが、利尻ヘアカラートリートメントの昆布パワーなのか?(笑)髪にコシやハリが出てきたような気がします。

それに髪の手触りですが、白髪染めをした後とは思えないくらい普通です(笑)

髪がキシんだり、傷んだりは全くしていなくて、いつものサラサラとした状態。

同じような白髪の悩みをお持ちの方は一度試す価値はあると思いますよ!全額返金保証もあるので気軽に試してみてはいかがでしょうか。

利尻昆布白髪染めの成分は?

shiraga06

ルプルプはガゴメ昆布でしたよね。で、利尻ヘアカラーは利尻昆布。そして無添加の白髪染め。

こちらではその成分について詳しくみていきますね。

主成分は北海度利尻島産の天然利尻昆布となっています。この利尻島では利尻昆布が豊富にとれるのですが、この昆布は保湿力に優れています。

昆布は、海から引き上げられて、長時間日差しにさらされた状態であったとしてもフコイダンのヌルヌル成分のおかげでみずみずしい新鮮な状態を保ち続けます。

黒く肉厚な利尻昆布にはミネラルも豊富に含まれています。このミネラルが高いトリートメント効果を生み出してくれるそうです。

また、メインの染髪効果を生み出す成分はクチナシ・ウコン・アナトー・シコンの天然植物となっています。

これらが持つ自然の色みで髪表面を染めていくマニキュアタイプのヘアカラーなので、髪の毛を傷つける心配がありません。髪をいたわりながらカラーリング出来るのが利尻昆布白髪染めのメリットです。

あと、利尻昆布にはミネラルをはじめ、フコイダン・アルギン酸などの美容成分も多く含まれています。その為、髪を染めながらツヤと潤いのある健やかな髪の毛へと導いてくれるのです。

無添加って事は頭皮や髪の毛の弱い人でも使ってOK?

利尻昆布白髪染めはパラベン・香料・タール系色素等、従来の表示指定成分が無添加。

ちょっと詳しく公式サイトを見てみると、

 パラベン不使用
 ノンシリコーン
 ジアミン系色素不使用
 無香料
 無鉱物油
 タール系色素(法定色素)不使用
 酸化剤不使用
 4級アミン不使用
 アレルギーテスト・パッチテスト済み

となっております!

こうしてみるだけでも断然市販のものと比較しても肌に優しい作りになっていますよね。

その為、生まれつき肌が弱くちょっとした刺激でも肌荒れを起こしてしまう方も安心して使用する事が出来ると言われています。

あとですね、髪の毛が傷んでいる方にもお勧め出来ると思います。

利尻昆布白髪染めにはトリートメント成分が豊富に含まれているので、白髪染めしながら、使用し続けることで潤いのある髪の毛へと生まれ変わる事が出来ます。

とはいえ、トリートメントそのものではないですから、多大な効果を期待しないほうがいいかもしれません。あくまでもリンスは必須です。市販の白髪染めのように髪をいためずサラツヤを保持できると考えましょう。

利尻昆布白髪染めコスパはいいのか?

PRMF_7
by:PRMF

白髪染めって一回で終わりではありません。

1回で染まらないタイプなら何日か続けてしなければならないし、髪が伸びるにしたがって、何度もリタッチする必要がありますよね?

そこで気になるのがコストパフォーマンス!

こちらでは気になる利尻ヘアカラーのコスパについてみて生きたいと思います。

美容院に行くよりもお得?

利尻昆布のお値段は3150円。

ルプルプとかと同じくらいですね。美容院にいくのに比べるとリーズナブルだとは思います。

でも、白髪染め単体としてみた時には少し高いのかも?個人的には2000円あたりを希望します(笑)

そうですね、3150円だと大体、1日のコストが100円ですよね~。
そう考えると高いかなぁって思ってました。

でも、使っていくうちに「ん?そうでもないかも?」と思いはじめました。その理由が染める頻度なんです。

最初のうちは十分に染まらないってこともあって、3日くらい連続して使わないといけなかったんですよね。でも、使い続けていくと白髪が目立たなくなってきます。そうすると毎日使わなくてもいいんですよ。

最後の方は3日に1回のペースで使っていましたからね。そうすると、

3日に1回だと1ヶ月のコストは1000円位で済むのですよ!

1ヶ月1000円。そう考えると安い気がします。美容院にいくと諭吉さんがなくなりますからね…(汗)

染まり具合も問題ないし、美容院で染めるのとそれほど変わらないかなぁ…。

いつも白髪のない状態を維持できると考えたら・・

美容院で染める直前って、「いわゆる白髪がでてきてみっともない状態」ですよね。

でも利尻なら継続して使っていけば、白髪のない状態をいつも保つことができます。

あと逆に、定期的に染めることが出来るので『まだらな状態から一気に白髪がなくなって黒くなる』といった不自然さがありません。

これは、利尻昆布というか、継続して使うタイプの白髪染めのメリットですね。

まあ、全体的に見てこの商品はお得でしょうね。

割引をうまく利用しましょう♪

どうすればコスパをもっとよくすることが出来るか考えてみました。その方法はですね、割引を利用するってことです。

販売元のサスティのサイトを見てみると誕生日月には20%の割引キャンペーンもしていますよ~♪

こういった割引を利用して商品を買いだめしておけば年間のコストをかなり下げることが出来るのではないでしょうか。

一度使って気に入った方は

「安く買えるときに買いだめ」

・・ってことも考えてみてくださいね!
shikiri
hsiraga4
shiraga5shiraga6b16

2015/2/4 (水) • 白髪染め



Comments are closed.