脱毛エステ効果なし?回数・期間比較【当日の注意点とは?】

効果的に脱毛するためには、サロンに何回か通わないといけない、というのはもうご存知ですよね。

では、具体的に何回通えば良いのでしょうか。また、脱毛エステによっては「○回コース」のようなコースがありますが、どのように選ぶと失敗せずに脱毛できるのでしょうか。

この記事では、脱毛の効果と回数について解説していきます。

↓↓↓ おすすめ人気脱毛エステをもっと知りたい方はこちら ↓↓↓
rankdatumosalon

全身脱毛エステは何回がいいの? 4回? 6回?

たとえば、ミュゼの全身脱毛コースは4回と6回の2種類が選べます。

もちろん安いのは4回ですが、回数よりも大事なのは脱毛効果です。
4回と6回コースでは、効果の違いはどれくらい出るのでしょうか?

それぞれでどれくらいの脱毛されるのか、数字を見ただけでは分かりませんよね。

これから、その「回数」について説明していきます。

「毛周期」の部位差と個人差…一概には言えない

ミュゼプラチナムなどの脱毛エステサロンでは、「フラッシュ脱毛」と呼ばれる施術方法が採用されています。このとき大事なのは、毛周期に合わせて脱毛施術が行うことです。

「毛周期」とは、毛の生え変わりのサイクル。身体に生えているムダ毛は、一定の期間で生え変わるため、一度脱毛処理をしても、しばらくするとまた生えてきてしまいます。ですから、次に生えてきたタイミングに合わせて、また処置をする必要があるというわけです。

なるほど、そのタイミングに合わせればいいんだな、と早合点しがちですが、ここでひとつ問題があります。それは、毛周期には個人差がある上に、全ての毛根がそれぞれ違った毛周期を持っているということです。

フラッシュ脱毛で脱毛できるのは、毛の生える段階にある毛根、つまり「メラニン色素を持った毛根」です。

毛周期には「休止期」という時期があり、毛根がこの休止期にある場合は、フラッシュの照射を行ってもなんの影響もありません。そして、毛の生えてくる「成長期」の時期になれば、またその毛根から毛が生えてきてしまうのです。

ですから、このタイミングがなるべく施術日にあっていることが重要なんですね。

ミュゼ脱毛では、なるべく2か月おきに、計6回の施術を受けるようスケジューリングされます。6回の施術でほぼ毛がなくなるよう設計されていますが、これにも個人差があり、誰でも6回必要か、あるいは6回で足りるかは一概には言えないのが正直なところです。

4回でムダ毛が薄くなり、6回でほぼ毛が生えなくなるのが一般的だそう

個人差がある毛周期ですが、4回と6回という回数だけに注目すると、
大まかには4回の施術で毛が細く薄くなったなと感じる程度になると言われています。

そして、6回でほとんど毛が生えなくなるようで、
早い人ではここで完全に脱毛が完了するという方もいます。
つまり、全く毛が生えてこなくなるということですね。

ですが、これは個人差のある毛周期がぴったりと合い、
その後の肌状態や肌管理、生活習慣などが乱れず脱毛に適した生活を送ることができた
万全の状態で可能だということです。

多くの場合は、やはりほんの少しだけ毛周期がずれてしまったり、
生活リズムを崩すことでホルモンバランスが乱れるなどの理由で毛周期がずれ込み、
脱毛効果が得られない毛根があったりします。

その為、6回でまったく効果がないということはありませんが、
毛が完全になくなるよりは、毛がほとんど生えなくなるのが実感できるというのが一般的だと考えられます。

薄くするだけなら4回。毛を全てなくしたいなら6回。

部位によっては、ムダ毛が薄くなるだけで良いところ、毛がなくなって欲しいところなど、色々ですよね。

おすすめのやり方は、まずは4回の脱毛コース施術を受けてみて、完全にムダ毛をなくしたい部位だけを追加で脱毛することです。

確実に脱毛効果を得るために、エステ施術当日に気を付けること

脱毛をするその当日は、脱毛エステサロンではガウンなどの脱毛時に必要なものは全て貸出してくれます。ですから、私たちは何も持たずに気軽に通うことができます。

ですが、気軽にとはいえ、脱毛の効果を適切に発揮するため、そして施術を受けるため、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。それをいまからお伝えします。

なるべく着替えやすい服装で時間を短縮!

ミュゼなど一般的な脱毛専門店の施術は、一度の照射で200本のムダ毛にアプローチできるスピーディな施術が魅力です。

脱毛施術に時間がかかってしまうと、お仕事が忙しい方はなかなか通いにくいですよね。

でも、ミュゼのS.S.C.方式の最新脱毛機器を利用すれば、短時間で脱毛施術を行うことが可能になりました。

おかげで、働いている忙しい方でも、昼休みの間にサロンに通ったり、
遅番の方が仕事の前に通ったりできるようになりました。

さらに、着替える時間などもなるべく短縮し、施術じたいやカウンセリングに充てられる時間を増やすことが重要です。

アクセサリーたくさん付けたり、脱ぎ着しにくい服を着たりせず、軽装・着替えやすい服装で行くのがおすすめです。

エステサロンについてすぐに施術に取りかかれれば、カウンセリングも余裕をもってできますね。

脱毛した部位を刺激せず、また外に露出しない服装を

脱毛日はなるべく直行直帰がベストです。

脱毛エステサロンからの注意事項で言われると思いますが、施術当日は入浴や激しい運動などは禁物です。

また、脱毛部位は軽く日焼けをしたような状態になっていて、皮膚は熱を持っています。

刺激に対していつもより敏感になっているので、脱毛エステからの帰宅時の服装はなるべく服が脱毛部位に接触せず、また擦れないような生地のものを選ぶのが良いですよ。

また、脱毛部位はなるべく露出しないよう心がけて下さい(フェイシャルならば仕方ないですが)。脱毛後の皮膚は乾燥しがちになり、紫外線に弱い状態だからです。

スネの脱毛であれば、ショートパンツやミニスカートなど脚が露出する格好は避けましょう。

時間厳守で施術時間を有意義に使う

前日に再度、サロンの予約時間を確認しましょう。そして最低でも15分前くらいには到着しておきましょう。

というのも、サロンでは最初にヒアリングをしたり、前回までの施術についてや満足度についてあらかじめカウンセリングが行われたりすることがあるからです。

実際の脱毛施術の時間を確保するためにも、時間に余裕をもって到着するようにして下さい。

脱毛サロンに行く前に自己処理は必要?

さて、サロンで脱毛をする際は、事前に自分でムダ毛を剃っていくのでしょうか? 自分で処理しにくいデリケートゾーンや背中は、どうしたらよいのでしょうか?

全身脱毛のために継続して通うわけですが、施術と施術の間のムダ毛は自己処理してしまっても良いのでしょうか?

抜かずに、剃刀やシェーバーで剃ること

針(ニードル)脱毛の場合は、あらかじめ2~3mm程度の毛を伸ばしておく必要がありますが、最近主流のフラッシュ脱毛やレーザー脱毛であれば、事前に剃毛をしてから施術をしてもらうことになります。

(脱毛エステ店によっては、処理前の状態を確認したいという場合もあります。
念のため予約をする際に剃毛した方が良いか確認すると良いですね)

事前に処理する際は、(抜くのではなく)必ず剃刀やシェーバーで剃るようにしてください。

除毛ムースや毛抜きなどで処理してしまうと、脱毛効果が現れにくくなってしまいます。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、黒色に反応する光を照射することで毛根を破壊する
という脱毛方法のためです。

VIOなどデリケートゾーンの脱毛の場合、事前に自分で剃るのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。でも大丈夫。サロンにもよるかと思いますが、手の届く範囲だけで大丈夫と言ってくれるサロンが大半だと思います。

特に、Oラインや背中などは自己処理がしにくい部位ですので、ほとんどのエステサロンで処理してくれます。

ヘタに自己処理をして皮膚を傷つけてしまうと、それが原因で施術ができなくなることもあり得るので、無理をしないよう気をつけましょう。
(デリケートゾーン(Vライン)の剃毛は、全体を剃るのではなく、処理したい部分だけでOKです。)

なおミュゼでは、デリケートゾーン以外でも脱毛エステでエステティシャンによって剃ってもらえますが、基本的に剃って行くのがルールであり、サロンやクリニックによっては処理代(剃刀代)を請求されることもありえます。
さらには、事前に剃っていかないと脱毛処理をしてくれない、などというサロンもありますので、くれぐれもご注意ください。

施術期間中のムダ毛処理ですが、剃刀やシェーバーで自己処理してしまって構いません。

施術後1週間程度は、肌のコンディションが落ち着くまで自己処理は控えるよう注意されることがあります。その期間を過ぎれば、いつも通り処理することができます。

余談ですが、脱毛サロンでは未成年が脱毛する場合、
親の承諾書が必要となる場合がほとんどです。

脱毛エステサロンによっては親の同伴が必要になる場合もありますので、
詳しくは各脱毛エステ店までお問い合わせください。
(逆に親の承諾なしに未成年の施術を受け入れているような脱毛専門店は
ちょっと危ないと考えたほうがいいでしょう。)

↓↓↓ おすすめ人気脱毛サロンをもっと知りたい方はこちら ↓↓↓
rankdatumosalon

 

2015/7/15 (水) • 脱毛サロン



Comments are closed.