ケノン最安値いくら?いつが買い時?【脱毛サロンと比較】

ケノン料金は決して安くない…それでもオススメの理由

gazou18

このサイトでは、家庭用脱毛器の中ではケノンを断トツに一押ししているのですが、ケノンの料金は決して安くはありません。お値段なんと73,800円

確かに、金額だけ見ると他の脱毛器の方が安いですし、脱毛エステの料金も、広告はもっと安い金額が掲載されています。

ケノンそれでも、トータルのコストパフォーマンスを考えれば、ケノンが圧倒的におすすめなんです。

脱毛器ケノンが最安値?

この場合の「コスパ」とは、「できるだけ安い料金で、できるだけ高い脱毛効果を得る」こと。どんなに料金が安くても、脱毛効果が得られなければ意味がないし、あるいは初期投資が安くても、追加カートリッジや別オプションのせいで最終的に高くついてしまっては損ですよね。

この両者のバランスを考えると、一見高額に見えるケノンが、実はいちばん「おトク」と言えるんです。

一体何が同おトクなのか。それを今日はお話していきましょう。

↓↓↓ ケノンについてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック ↓↓↓

脱毛サロンの「格安ワキ脱毛」は「エサ」!

gazou4

脱毛したい部位はいくつもありますが、やはり「脱毛といえばワキ」という方が一番多いと思います。

私自身としては、すでにノースリーブの服は諦めて着ない時期が長くなっていたので、ワキよりも脚・スネのほうが問題だったりするのですが、脱毛エステなどの一番人気の部位はワキですよね。ワキ脱毛の料金を格安に設定している脱毛エステが多いのが、その証拠と言えるでしょう。

ワキ脱毛だけをするのであれば、正直言って脱毛エステでかなり安く脱毛ができちゃいます。なので、ワキだけであれば、ケノンよりもエステサロンのほうが安上がりなのは事実です。

しかし、ここで気をつけないといけません

脱毛エステの格安ワキ脱毛は、いわば客寄せのための「エサ」。エステ側の狙いは「その先」にあります。

よく考えてください。サロンの設備代や人件費が、あの格安料金だけで果たして成り立つのでしょうか? そんなワケはありませんよね。

となると、格安ワキ脱毛でお見せに行った人は、高いコースに勧誘されるのは必然…。もちろん、どんな押し売りが来てもガンと断れる方であれば問題ないですが、私のように押しに弱い方、気の優しい方などはとても危険です

はじめは「ワンコインで脱毛するんだ~♪」と思ってエステに行ったはずなのに、気がつけば数十万円の高額コースを契約していてしまっていた、なんてことも…?

また、エステティシャンの中には、こちらの焦りや不安をあおりたいのか、あるいは単にデリカシーがないのか、「そんなに無駄毛ボーボーだと結婚できませんよ?」なんてことを言う人もいるらしいので、本当に注意が必要です。

たとえ高額コースを契約しなくても、こういった勧誘・営業に抵抗するエネルギーも、お金こそかからないものの、ある意味で「コスト」ですので、それも頭に置いておくと良いでしょう。

ケノンなら3ヶ月でツルツルに!

kenon4

一つ前の記事にある通り、ケノンで実際に3ヶ月間脱毛しました。

で、その効果のほどですが、明らかに無駄毛の生えてくる量が少なくなっており、また生えてきた毛も指でつまむとスルリと抜けるくらい! それくらいに効果が出ているんです。明らかに、ボーボーからツルツルになっています。

とはいえ、脱毛効果には個人差があると思います。全ての人が3ヶ月でツルツルなれるとは断言できません。

ですが、私のこのワキを見ていただければ、確実に効果が出ていることがお分かり頂けると思います。

3ヶ月間ということで検証を始めさせていただきましたが、脱毛サロンでツルツルにするには最低1年以上通わなければいけないことを考えると、3ヶ月程度の検証期間では「脱毛効果を実感できるくらいが精一杯かな?」と思っていました。

しかし、良い意味で期待を大幅に裏切ってくれたのがケノンです!

ちなみに、脱毛サロンだったら3ヶ月に1度しか通えません。でも、ケノンだったらその3ヶ月の間にツルツルになれちゃうかもしれないです。

夏前になると脱毛サロンに駆け込む人が増えますが、夏前に駆け込んだところで、そのシーズンの夏には到底間に合いません。

でも、ケノンなら間に合っちゃうかも!?

ケノンと他のフラッシュ脱毛器の料金・コスパを比較

datumoki9

先ほどは脱毛サロンとケノンとの比較をしたので、続いてはケノンと他の脱毛器との料金比較をしていきましょう。

ここで大事なのは、本体料金だけでなく、交換用カートリッジの寿命と価格、そして効果も合わせて考えることです。たとえ本体の料金が安くても、トータルのコスパが悪ければ元も子もありませんから。

では、フラッシュ脱毛器のコスパを徹底的に比較したのでご紹介します。

ケノンが最安値?コスパ1位は…

最もコスパが良いのはケノンです!

  • 本体価格:73800円(キャンペーン価格)
  • カートリッジ寿命:ラージ50000発
  • カートリッジ料金:ラージ7700円
  • 照射1発あたりの単価(コスパ):0.15円

業界最安値と言われるケノンのコスパですが、なんと照射1発につき約0.15円です。

また、カートリッジの残量数がモニターに表示されるので、カートリッジを管理しやすいのも良いですね。

2番目にコスパが良いのはラヴィです。

ラヴィのカートリッジは、1発あたり0.21円です。

3番目はイーモリジュです。

イーモリジュは1発あたり0.46円と価格的にはそう悪くはないのですが、本体価格が高いのがネックです。

また、販売元がケノンと同じエムロックグループなのですが、既に脱毛器の開発・販売の主軸をケノンに移行しているため、今後いつイーモリジュのカートリッジの販売が終了してもおかしくない状態です。そういう意味では、あまりお薦めできません。

そして、フラッシュ脱毛器の中で最もコスパが悪いのは…。

最もコスパが悪いのはセンスエピです!

  • 本体価格:39800円
  • カートリッジ寿命:750発
  • カートリッジ料金:5250円
  • 照射1発あたりの単価(コスパ):7円

センスエピは本体料金が比較的安いので、買ってみようかなぁと思われる方も多いかと思いますが、始めに言ったように「トータルのコスパ」で考えると全くお薦めできません。

1カートリッジで750発しか照射できないなんて、どう考えても少なすぎます。ケノンのラージカートリッジと比べると明らかですが、価格が大差ないのに寿命が60倍以上も違うんです。1発あたりの単価で比べても、実に45.4倍の差があります。

どちらの方がおトクかは考えるまでもないですよね。

脱毛器の「脱毛以外の機能」はどう?

datumoki2

せっかく高いお金を払って脱毛器を買うのなら、他にも便利な機能がついていて欲しいですよね。

ということで、ついでに各脱毛器に脱毛以外にどんな追加機能があるかも比べてみましょう。

ケノンの機能

ケノン(料金73800円)には、脱毛機能・美顔機能・まゆ毛脱毛機能の3種の機能がついています。

イーモリジュの機能

イーモリジュ(料金89000円)には、脱毛機能・美顔機能の2種の機能がついています。

ラヴィの機能

ラヴィ(料金49000円)には、脱毛機能・美顔機能の2種の機能がついています。

…脱毛器は他にも何種類かありますが、実は多機能化している脱毛器はこのたった3種類しかないんです。

  • センスエピ(39800円)
  • トリア(49800円)
  • ノーノーヘア(29800円)
  • ノーノーフォーメン(29800円)
  • ソイエ(9999円)

には脱毛機能しかありません。

ちなみに。

なぜ商品名の横にわざわざ価格を記載したのかというと、これは「果たしてケノンの料金は本当に高いのか」ということを検証するためです。

ケノンには、

  • 脱毛機能
  • 美顔機能
  • まゆ毛脱毛機能

の3つが付いて、73800円です。一方、トリアは脱毛機能のみで49800。

ざっくりとした計算になりますが、

  • 脱毛機能で約3万円
  • 美顔機能で約3万円
  • まゆ毛脱毛機能で1万円ちょっと

という計算なら、73800円という値段でも、決して高すぎるという感じでもないですよね。

ちなみに、多機能でありながら最も安いと言えるのはラヴィです。

ただ、ラヴィの場合デフォルトで美顔カートリッジが付属していないのでやや減点です。

その点、ケノンなら美顔カートリッジははじめからでついていて、脱毛機能・美顔機能・まゆ毛脱毛機能の3つの機能が備わっているのので、多機能ナンバーワンは文句無しにケノンですね☆

↓↓↓ ケノンについてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック ↓↓↓
kenon_detail

 

2015/7/27 (月) • 脱毛器



Comments are closed.