脱毛器料金高すぎ?コスパどう?【本体&カートリッジ】

脱毛器の価格を比較すると?

lgf01a201404261500

脱毛器を選ぶ際には、もちろん製品の特徴やメリット・デメリットなどで選ぶことも重要なのですが、同時にコストも比較しなければいけませんよね。

いくら効果もよくて特徴もよくて、まるでエステに行ったのと同じくらいに効果があり、肌に負担がかからない家庭用脱毛器だったとはいえ、その製品がとても高い値段だったらどうでしょうか。

本体の料金はもちろん、使っていく中で必要になるランニングコストはいくらくらいかかるのか。その脱毛器を使う費用についてよく比較しておきましょう。

家庭用脱毛器の中には、本体は購入しやすいリーズナブルな価格であっても、使用する際に使うジェルが高かったり、バッテリーが消耗品だったりして、購入後にも継続して費用がかかるケースもあります

本体が安くても後からお金が色々とかかるというのも問題ですし、逆に本体が少々高くても、その後に消耗品代が必要ない製品を選ぶというほうが賢い選び方である場合もあります。

本体そのものに高い料金がかかるのも問題です。製品の効果と、そして製品の価格どちらもバランスがいいという製品やコストパフォーマンスの良い家庭用脱毛器を選ぶようにしなければいけません。

こうしたトータルで見た面からもコストや料金を検討して、脱毛器をこれから選んでいきましょう。

値段だけで選ぶのもよくないですが、エステで施術を受ける際の費用とも比較するといいかもしれませんね。あわせて参考にしておきましょう。

しっかりと料金と製品の特徴のバランスも考えながら検討していくことが大切です。

↓↓↓ 料金的に一番おすすめの脱毛器を見る場合はこちらをクリック! ↓↓↓

脱毛器のランニングコストは?

datumoki2

脱毛器を選ぶ際には、その「ランニングコスト」の分も、本体料金とあわせて検討していく必要があります。

脱毛が終わるまでには脱毛器を繰り返し使用する必要があり、脱毛器の種類によっては、バッテリーやカートリッジなどの消耗品を交換する必要があります。その費用がランニングコストとしてかかってくるということです。

長期間快適に使っていくためには、今すぐにいる価格だけでなく、事前にランニングコストという購入後に必要となってくる費用もすべて下調べした上で選ぶことが大切です。

脱毛器の種類によってどれくらいの費用がランニングコストとして必要になってくるのかは違っています。
消耗品などの購入後にかかるランニングコストも、選ぶ際には本体そのものの値段と同様に比較していきましょう。

例えば、カートリッジにランニングコストがかかるケースがあります。フラッシュを1発するのに1.4円というランニングコストがかかる製品や、6000回レーザーを当てるとなくなるカートリッジの値段が8400円となっている製品があります。フラッシュ1発の単価が7円という製品もあります(先ほどの約6倍ですね)。

電源は、コンセントに差したままの製品と、充電式のものとがありますが、充電バッテリーが200回で充電限界となり、その交換に2万円かかるものもあります。他にも1ヶ月6時間使って、2個セットのバッテリーが2100円、5個セットで4000円という製品もあります。

本当に家庭用脱毛器の製品によってランニングコストというのは本当に違ってきますから、それぞれを比較した上で、一番コストがかからず効果のある製品を選ぶことが大切ではないでしょうか。少々手間ですが下調べは大切です。

脱毛器のコストパフォーマンスは?

datumoki10

脱毛器を選ぶ際には、コストパフォーマンスも比較しましょう。

値段と製品の性能のバランスのことを、コストパフォーマンスと呼びます。いくら製品の性能がよくても高い製品を選んではよくありませんし、その反対に、家庭用脱毛器を安い値段で買ったけど性能がよくないという場合はよくありません。

やはり一番いいのは値段が安くて性能が良い家庭用脱毛器を選ぶことです。

脱毛器の種類は豊富ですが、結局のところどれが一番お得なのでしょうか。値段が安くて性能がいいものはどれなのか、それを比較した上で選ぶのが一番です。

使い切ったら本体をまた購入しなければいけないような製品では、そのたびに本体を買い換えなくてはいけませんから、決して経済的とはいえないでしょうし、安くても脱毛の効果があまりなくてすぐに毛が生えてくるのも考え物です。

ですから、トータルで考えてみて経済的に安く、性能が良い家庭用脱毛器を選ぶというのが一番ですね。

こうした価格とのバランスを見てコストパフォーマンスの良い商品を選ぶことができれば更にお得ですよね。製品選びをする際、性能をきちんとチェックすることは当たり前のことであり当然ですが。

脱毛器と脱毛エステの料金を比較すると?

toria5

脱毛と言えばエステでも行うことができますが、何より料金が高いですし、しかも毎回通うのは正直面倒ですよね。

施術する部位や回数によっても値段が変わってきますが、エステで脱毛を行うとなると、全身脱毛となると数十万するのは当たり前です。これでは到底手が出ないといった方も多いでしょう。

そんな方に人気なのが、家庭用脱毛器ですね。

「家庭用」と言っても今どきの脱毛器はかなり性能が良くなっています。エステとほとんど変わりないパワーや仕上がり度が得られます。

それに、家で脱毛を行うことの利点は他にもあります。それは手間と時間。わざわざ準備して移動してエステなどに通う手間もかかりませんし、隙間時間も利用して好きな時に好きなだけ出来まする。エステやクリニックのように、向こうが設定した時間が来たから終わりってこともありません。自分が納得いく最後の1本まで、じっくり丁寧に処理することも出来ます。もちろん、延長料金なども必要ありません(笑)

さらに言えば、自分で購入した脱毛器は自分だけのもの。他の人と使いまわすこともないので、非常に衛生的であるとも言えるでしょう。

脱毛器のメリット・デメリット

メリット 

  • サロンなどに通う手間がかからない
  • 気軽にいつでも脱毛することができる
  • 自分しか使わないので衛生的
  • 何度でも出来る、時間を気にしなくて良い

★ デメリット 

  • 部位によって使いにくい場所がある
  • カートリッジの買い替えが必要

脱毛エステのメリット・デメリット

★ メリット ★ 

  • プロの手によって行ってもらえる
  • 細かい部分の見逃しが少ない
  • アフターケアが充実

★ デメリット ★

  • 費用がかかる
  • 何度も通う手間がかかる

総合的に最も料金がお得な脱毛器は?

↓↓↓ 料金的に一番おすすめの脱毛器を見る場合はこちらをクリック! ↓↓↓

2015/8/5 (水) • 脱毛器



Comments are closed.