ニキビ改善は運動が一番?酒タバコはどう?【便秘治す】

ニキビはどうすれば改善できるのでしょうか? この記事では、ニキビの改善方法をいくつか紹介していきます。

運動をしたり、お酒や煙草を避けたり、洗顔を工夫したり、また便秘を治したりすることで、ニキビの改善を図っていきましょう。

↓↓↓ニキビケア商品の人気ランキングはこちら!↓↓↓

運動不足改善でニキビも改善できるかも?

Jogging

Photo by j0sh

「たまたま運動する機会があったが、運動している期間はニキビがマシになっていた」という話を聞いたことがあります。これは、理屈の上でも納得できる話です。

「運動したらニキビが治った」という経験のある方は、意外と多いのではないでしょうか。運動をするとニキビが改善する…これは、偶然ではありません。

ニキビが出来る原因の一つに運動不足があります。学生の頃だと体育の授業や部活で頻繁に体を動かす機会がありますけど、大人になってしまうと、なかなか体を動かす機会がありません。

ニキビ改善・予防だけに限った事ではなく、私たちの健康そのものを維持するためには、運動は欠かせまぜん。運動不足になると、新陳代謝が悪くなり、その結果のひとつとしてニキビができやすい体質になってしまうのです。

もし「今までは出来なかったのに最近急にニキビができやすくなった」…という方がいたら、それは運動不足が原因かもしれません。運動の時間をとって体を動かす事をお勧めします。運動不足が原因であれば、運動をするだけで直ぐにニキビが改善されるようになりますよ。特に、運動によるニキビ改善効果は直ぐに出やすく、人によっては運動した翌日にニキビが良くなっていたという事もあるみたいです。それだけ運動が大事と言うワケですね。

ただし、運動が必要だからと言って、プールで泳ぐのはニキビ改善においてはおすすめできません(健康にはいいんですけどね)。プールには色々な菌がいるので、ニキビが炎症を起こしたりしていると、毛穴から菌が入って更に悪化してしまう可能性が高いからです。

ジムにいって走ったり近所を散歩するなどの体の動かし方をするのがおすすめです。また、運動をするだけでは完全にニキビを治す事が出来ませんので、ビーグレンなどのニキビケア化粧品を使って毛穴のお手入れとお肌の保湿・ニキビ予防にも取り組んでいくことをお勧めします。

原因の改善と共に、お肌そのもののお手入れを続けていけば、大人ニキビに悩まされない生活をおくる事が出来るでしょう。

便秘とニキビの関係:便秘が酷くなるとニキビができるのは何故?

gf01a201502111900

Photo by Seven-Studio

私も今でもたまにあるのですが「あ、ニキビ出来た…」と思った時に「そういえば最近出てないかも…」と思います。便秘のことですね。便秘になるとニキビが出来てしまうという方も多いと思います。いったいどうして、便秘になるとニキビが出来てしまうのでしょうか。

ここには、運動のくだりと同様に「新陳代謝」が関係しています。新陳代謝が悪くなるとニキビができやすくなってしまいます。睡眠不足などでお肌に充分な休息が与えられない場合も新陳代謝が悪くなってしまうんですが、同じように便秘でも代謝が悪くなります。

便秘になるという事は、体内に不純物質が溜まってしまうということ。そうすると、体の色々なところに影響が与えられてしまいます。この影響がニキビにも出てくるというワケです。女性なら心当たりと思いますが、便秘の時ってお肌がカサカサしたり化粧のノリが悪かったりしますよね。

これは、便秘によって新陳代謝が下がり、お肌の健康が損なわれている事を意味します。お肌のコンディションが悪くなってしまうと、ニキビができやすい肌環境になってしまうんですよね。だから、便秘が酷くなるとニキビが出来てしまうというワケです。

ということはつまり、ニキビを予防していくためには便秘を防ぐ事がポイントになります。

そこでお勧めしたいのが、前項の繰り返しになってしまいますが、「日々の適度な運動」です。適度な運動は便秘改善に効果的ですし、それと同時に運動不足によるニキビ改善効果も期待できます。

忙しいとは思いますが、まずは1週間の中で30分でもいいので、運動の時間をとって、体を動かす事を頑張って欲しいと思います。そうすれば、便秘と運動不足が原因になっているニキビを防いでいく事が出来るでしょう。

ニキビを手で触らないために

Photo by tec_estromberg

「触らない・かかない・潰さない」これがニキビを早く治すための条件だと私は思っています。と、口で言うのはとっても簡単なのですが、実際にこれを実行するのは容易なことではありません。なぜなら…気になるものは気になるからです(笑)ついつい触ってしまう気持ちは、本当によく分かります。

とはいえ、気になって触り続けていてはいつまで経ってもニキビの症状を良くしていく事が出来ないですよね。というのも、ニキビは炎症であり、そこに指で刺激を与えると、炎症がおさまらないからです。

私は昔からしている方法をちょっと紹介するので、参考にしてもらえればと思います。
私もニキビに悩まされていた初めの頃は物凄くそれが気になってしまい、触るのが癖になっていました。ニキビを触るのがクセになるっていうのはかなりひどい状態です…(汗)でも、頻繁に触っているとクセになってしまうんですよね…。

「このままじゃいけないな」と思って私がどうしたかと言いますと、何か別の事に集中するという事。とにかく、何もしないという時間を作らない様にしました。時間が余ったらマンガや小説を読む…といった感じですね。

要するに自分の意識をニキビ以外の別のところに集中させてしまうわけです。これだけでニキビを触る回数を減らす事に成功しました。TVを見るという選択肢もあるんですけど、テレビだと両手がフリーになってしまっているので、テレビを見ながらついついニキビを触って…という事になってしまうんですね。だから、両手を使ってする何かに集中するのが良いです。

最近はスマートフォンがあるので、スマートフォンの方は、時間があいたらスマートフォンのアプリで時間を潰すのも良いかもしれません。これなら、出先でも出来るので意外と良いと思いますよ。

アルコールやたばこってやっぱりダメ?

Photo by naimnaim

ニキビに悩まされている時は飲酒・たばこを控えて欲しいと思います。ニキビってちょっとしたことで良くも悪くもなるのですが、そこにアルコールとタバコも関係しています。どんな風に関係しているのかをお話していきますね。

タバコはニキビ改善に不可欠な「ビタミンC」を破壊

まずはタバコです。煙草が体に良くないというのは周知の事実ではありますが、やめられない方は止められないみたいですね。ずっと止めるのが難しくてもちょっとの間なら我慢出来るハズ…(私は喫煙者じゃないので十分に気持ちは理解できないのですが)。

ニキビの改善にはビタミンCが大切です。でも、煙草を吸うとビタミンCが破壊されてしまいます。つまり、ニキビを治そうと思ってビタミンCを摂取しているのにタバコでビタミンCを破壊するというなんとも矛盾した行動をとる事に…。タバコを止めればビタミンCの破壊を防ぐ事が出来るので、当然ニキビの治りは早くなってきます。

アルコールはニキビの大敵「皮脂分泌」が過剰になります

次に飲酒ですね。適度なアルコール量は血行促進効果があって、意外と良い面もあるのですが、一定量を超えてしまうと次は皮脂の分泌を促す様になってしまいます。過剰に分泌された皮脂を取る為にスキンケアしているにも関わらず、お酒によっていつも以上に皮脂を分泌してしまう体内環境を作っているというのも矛盾していますよね。

この様に、アルコールとタバコはニキビを悪化させてしまいます。せめて、ニキビが出来ている間だけでも控える様に頑張って欲しいと思います。
煙草とお酒を控えれば、それだけでニキビを改善する事もできるくらですから。

。。。。

↓↓↓ニキビケア商品の人気ランキングはこちら!↓↓↓

2015/9/5 (土) • ニキビケア



Comments are closed.