部分白髪染め人気はどれ?おすすめこちら【安いのは?】

rishiribubuntitle

利尻白髪かくし
rishiribubunbutton

部分白髪染め専用の染剤で白髪隠し!

定期的に白髪染めをしていても、時間が経つと徐々に色が落ちて白髪の目立ってくる部分が出てきますよね。上手に黒髪を保つポイントに挙げられるのが、「部分染め」を上手に行うことです。

また、髪の毛は日々少しずつ伸びているものなので、根元が白くなってしまいます。この状態だと根元は白く、他部分は黒(若干、白い部分も有)という事になりますので、このまま放置して置くのは良くありません。

しかし、黒い部分もあるので全体を染めてしまうと、まだ染めなくて良い部分の頭皮にまで負担がかかるので好ましくないです。

troubled

こんな時に活用したいのが部分染め。

部分染めは広い範囲を染める事は出来ませんが、白髪の目立つ部分を染めるには最適な方法です。

部分染めを行う時に使用する白髪染めは「部分タイプ」を選択しましょう。部分染めタイプは液だれしにくいクリームタイプが多いです。髪に付けると髪に絡みついてくれるので生え際などを染めるのに大変便利です。

全体染めタイプだと乳液やジェルタイプが多く細かい部分を染めるのには向いていません。このタイプでもしようと思えば出来るとは思いますが、面倒であると同時に高度な技術を要求されるので私たちが個人でする分にはちょっと難しいですね。

全体染めのサイクルは大体2~3ヶ月ほどですが、その間に色落ちの目立つ部分が出てくるので2~3回は部分染めをして常に頭の色を同じに保つ様に心がけるのがベストです。

また、色落ちが激しい方は髪の毛が傷んでいると思われるのでヘアエッセンスなどを利用して髪の毛のお手入れも行う様にしましょう。

部分染めをするなら

rishiribubuntitle

利尻白髪かくし
rishiribubunbutton

全体染めのおすすめNo.1は?

hsiraga1
hsiraga2hsiraga3

白髪染めを賢く選ぶ!

自分に合った白髪染めの選び方

同じ白髪染めを使用したとしても、使った人によって染まり具合に差が生じます。そのため、自分の髪質と量や太さを把握しておき、ベストに染まる白髪染めを選ぶ必要があります。

まずは「髪質による違い」について説明をしましょう。

一般的に髪の毛が太い人、かたい人は染まりにくいと言われており、逆に髪の毛の細い人、やわらかい人は染まりやすいと言われています。

自分の髪の毛を触ってみて固く太い様であれば、色が明るめの白髪染めを選んで使用すると良いでしょう。逆に髪の毛が細くやわからい人は若干暗い色の白髪染めを選ぶようにしましょう。

次に白髪の量による違いについてです。

白髪の量が少ない状態で白髪染めを利用すると、髪の毛全体が真っ黒になってしまい、逆に違和感が出てしまいます。その為、

白髪の量が少ない人は明るい色の白髪染め

をお勧めします。

明るい色の白髪染めを利用すれば白髪の量が少なくても黒髪の色を保つ事が出来るので不自然な状態にはならず、白髪だけを黒く染める事が出来ます。

また、白髪の多い方も明るい色を選ぶようにしましょう。

白髪が多い人は黒髪もシッカリと染まるのですが、洗髪をするたびに染めた髪の毛は色落ちをします。その為、濃い白髪染めを使用してしまうと元の黒髪との差が気になり同じ黒でも2種類の黒髪が生じてしまい不自然な髪色になってしまいます。

最初から濃い色の白髪染めを使って失敗した時の対処が厄介なので、白髪染めを初めて利用する場合はなるべく明るい色を選択するようにしましょう。そうすれば、一度染めて理想の色ではなかった場合も染め直す事で対処出来ます。

上手に染めるコツは?

白髪を上手に染めるには

◆白髪染めを上手に行うポイント◆
◆ 髪の毛をとかしてクシの通りを良くします
◆ 白髪の目立つ部分から塗る
◆ 「塗る」というより「置く」ような気持ちで
◆ えりあし・うなじの根元から付けて毛先へ・・・の順番
◆ 生え際部分にはたっぷり
◆ くしで使って髪の毛全体になじませる
◆ 指でこめかみ・生え際部分をマッサージ

例えば白髪染めシャンプーであれば、毎日継続して洗髪するだけで徐々に髪の毛が黒くなっていきます。しかし一般の白髪染めは、上手に染めないと染まり具合にムラが出てしまいます。コツをシッカリと覚えてて、ムラなく上手に染められるようにしましょう。

まず、白髪染めを行う前は、髪の毛をとかしてクシの通りを良くします。クシの通りが悪いと染まる髪の毛と染まらない髪の毛が出てしまいます。クシを通して髪の毛がクシにひっかからなくなった状態がベストです。

次に白髪染めを白髪の目立つ部分に塗っていきます。普通は髪の毛の分け目部分が一番目立っているはずですので、そのワケ目にそって白髪染めを塗っていきましょう。感覚としては、クリームを「塗る」というより「置く」という感じのほうが分かりやすいと思います。

分け目部分を中心にクリームを置いたら次はえりあし・うなじの根元から付けて毛先まで白髪染めをゆっくり伸ばしていきます。生え際部分にたっぷり付けると後ろの髪の毛が綺麗に染まります。

くしや手を使ってクリームを髪の毛全体に塗る事が出来たら、指でこめかみ部分をマッサージするようにして白髪染めを定着させていきましょう。この生え際部分は意外と染まりにくいので入念に行うのがポイントです。

以上が白髪染めのコツになります。

髪の毛の量が多い方だと一度に全体を染めるのが大変だと思いますが、染める箇所を分けて作業してしまうと髪の毛の染まり具合や色にバラ付きが出てしまうので、1回で染められるよう頑張りましょう。

白髪染めを行う場合はクリームが飛び散って衣服が汚れる可能性が高いです。汚れても問題ない服に着替えて染めるのがおすすめです。また、染めた日にシャンプーをしてしまうと色落ちしやすいので、その日の洗髪は軽くお湯で洗い流す程度にしておきましょう。

カラーの色落ちについて

色落ちを軽減するコツ

白髪染めは自宅でもできますが、美容院でカラーリングをしてもらうこともできます。白髪を染めるのに黒くするだけでは嫌だという場合は、濃いめの茶色にすると良いでしょう。プロの腕で、綺麗にムラなく染めてもらえるはずです。

美容院に行ってカラーリングしてもらうのが一番楽で確実ですが、安く済ませたい場合は市販のカラーリング剤を使うことも可能です。ただし、市販のカラーリング剤の中には、髪の毛へのダメージが大きいので、選ぶ時には注意が必要です。

また、カラーリングから一定期間が経つと色は徐々に落ちてきます。色落ちまでの期間については個人差があるものの、大体2ヶ月程度でしょうか。髪の毛が激しく傷んでいたり髪の毛のたんぱく質が不足していると1ヶ月で色落ちする事もあります。カラーリングを考えている人はヘアエッセンスなどを使用して、日頃から髪の毛の健康をお手入れしてあげてください。

色落ちを防ぐポイントとして、先ほども言ったように、カラーリングを行った日はシャンプーでの洗髪をしないことです。シャンプーにはカラーリング剤を落とす作用があるため、色が髪に定着していない間に使うとカラーリング剤が落ちやすいのです。

一番良いのはカラーリングしたその日は髪の毛を洗わず、翌朝にシャワーする事ですが、1日髪の毛を洗わないと気持ち悪いという方はお湯で髪の毛を流す程度にしておきましょう。

美容室でカラーリングする場合ですが、美容室によってはカラーリングの色落ちに対する保証を設けている所があります。カラーリングした日から1週間以内は無料で染め直ししてもらえたりするので、事前にカラーリング保証があるかを確認しておくと良いですね!

部分白髪はピンポイントに染める!

rishiribubuntitle

利尻白髪かくし
rishiribubunbutton

優しく全体染めするなら

hsiraga1
hsiraga2hsiraga3

2016/1/20 (水) • 白髪染め



Comments are closed.