白髪染め口コミで評判が高いのはどれ?【昆布ヘナ違いは?】

口コミで人気の白髪染め【効果・コスパ・選び方】

白髪染めって…なかなか面倒くさいですよね(笑)

だからといって放っておくと生え際が白くなって一気に老けてみえてしまうのでやわないわけにはいきません!

髪は毎日少しずつ伸びるから、一度ケアしたら終わりではなく、綺麗に保つには定期的なケアが不可欠です。

しかしひんぱんに使う商品だからこそ、その使い心地や安全性、髪・肌への優しさなどが気になったりしませんか?

美容院では仕上がりは綺麗なんですが、お金もかかるもの。また、肌の弱い方だと地肌がヒリヒリしたりして炎症を起こす事もあるとか。

ドラッグストアで手軽にできる商品もたくさんありますが、ほとんどが酸やアルカリの強い薬剤を使用しており、キューティクルをはがして色をいれるタイプ。おのずと毛先が痛みコシが弱くなって、ギシギシとまとまりのない髪質になってしまいます。

ただ白髪を染めるだけならどんなものでも良いかもしれません。でも、しっかりと探してみると、数ある白髪染めの中には、綺麗に染めて髪質までサラサラ・つやつやにしてくれる商品もちゃんとあるのです!

このページでは髪や地肌に負担の少ない無添加で人気の「利尻昆布」「ガゴメ昆布」「ヘナ」の商品を中心に調べてみましたので参考にしていただけたらと思います!

↓↓↓人気の白髪染めランキングを今すぐ見るならこちら↓↓↓

例えば、肌が弱い方にも安心して使える無添加の商品や植物由来の染料だったり、昆布のミネラルなど独自の成分にこだわりのあるものなど。

白髪染めだけじゃなく、ツヤのあるしなやかな髪質に仕上げてくれる、自分にとって最高の一つを探してみませんか?ごわごわ・細い髪より健康な艶のある元気な髪のほうがずっと若々しくみえるものですよ。

白髪染めの種類【人気・おすすめはどれなの?】

gazou07

ヘナ白髪染め

「ヘナ」という、植物から生成した粉を主成分とした白髪染めで髪の毛へのダメージがほとんどないのが特徴的です。ただし、ヘナの臭いがきつく、髪の毛を染めた後4日ほどは髪の毛に臭いが染み付くのがデメリットです。また、あまり化学成分を配合していないタイプだと色が定着するまでに2時間以上かかる事もあります。

この記事の後半でヘナの白髪染めについて詳しく解説しているので、そちらも参考にしてください。

昆布白髪染め

昆布を主成分とした白髪染めで髪の毛へのダメージがほとんどありません。また、保湿・保水に優れており、トリートメンの働きのある商品が多いのも特徴です。加えて、ミネラルも豊富に含まれているので、このタイプの白髪染めは髪をイキイキを元気にさせてくれます

ただし、昆布白髪染めの中には化学成分が多く含まれているタイプがあり、こういった白髪染めだと昆布白髪染めのメリットを消してしまい本来の嬉しい成果を得る事が出来ないので選ぶ際は気をつけましょう。

この記事の後半で昆布の白髪染めについて詳しく解説しているので、そちらも参考にしてください。

無添加白髪染め

化学物質をほとんど含まない白髪染めを無添加白髪染めと言います。このタイプは頭皮や髪の毛に対するダメージがほとんどなく、皮膚の弱い方でも安心して使えると言うメリットがありますが、多くの場合染まりにくいというデメリットもあるようです。

白髪染めシャンプー

シャンプータイプの白髪染めです。髪の毛が黒になるまで2週間ほどかかりますが、根元からシッカリ染める事が出来ます。また、徐々に髪の毛が染まっていくので自然な形で白髪が目立たなくなるというメリットもあります。似たものに「トリートメントタイプの白髪染め」もあります。

部分染め専用白髪染め

頭全体ではなく、気になる部分に使うタイプの白髪染めです。クリームタイプの物が多く、細かい部分に使いやすい作りになっています。白髪染めをした後は根元から白髪が目立ってくるので、その時は部分染めタイプを使って髪を黒くしましょう。

ヘナの白髪染め【特徴・臭い・口コミは?】

gazou02

白髪染めを行うと少なくとも髪の毛や頭皮にダメージが与えられます。その為、肌の弱い人はかぶれや炎症が起きやすいのですが、そんな肌の弱い方でも安心して使える白髪染めとして注目されているのがヘナ白髪染め。

ヘナとは、インド等を原産とする「シコウカ」という植物から作られた粉。古来より「天然の染料」として知られているものです。

ヘナ白髪染めのメリット

ヘナを含んだ白髪染めなので、天然の染毛剤が使われていて安全という事、染髪だけでなくトリートメントのサラサラ感も得られると2つの特徴があります。髪の毛を黒く染めると同時にトリートメントもできるので一石二鳥と言えるでしょう。

ヘナ白髪染めのデメリット

メリットだけでなくデメリットも存在しています。ヘナ白髪染めに関してはデメリットの方が多いと言われています。

まず、ヘナ白髪染めは髪の毛が染まりきるまでに時間がかかること。使う商品にもよりますが、2時間位が平均みたいです。白髪染めを付けた状態で2時間置くのは結構大変ですよね。また、ヘナの臭いがきつく部屋が臭くなってしまうのもデメリットの一つです。

草の様なヘナの臭いが部屋に充満するので、部屋の換気を良くして染めましょう。もうひとつ大きなのデメリットは、臭いが髪の毛にもつくという事。ヘナ白髪染めを使って髪の毛を染めた後は2~4日ほど臭いが取れません。

なので、臭いが取れるまで人と会うのは避けた方が良いでしょう。というか避けたくなります。ただ、上記デメリットはヘナ100%の白髪染めの場合です。

実際はヘナが使用されていても化学成分を配合している商品が多いので、その場合はにおいを抑えられている場合があります。

ヘナ体験者の口コミ

ニオイがダメですが、敏感肌の私にはヘナでないといけないので使っています。香りの良いトリートメント必須ですが良い髪色を維持できています★

40代目前で白髪がチラホラでてきました。アトピー体質なのでヘナで染めています。よく染まってかなり満足度は高いのですが、草?・・・のような香りがします。私は平気ですが臭いのが苦手な人はつらいかもしれませんね(笑)

昆布の白髪染めとは?【ガゴメ・利尻比較】

fucoidan

ヘナ同様、髪の毛にダメージを与えずにトリートメント的な役割をもたらしながら髪の毛を染める事の出来るのが、昆布を主成分とした白髪染めです。こちらは、ヘナの様に臭いがきつい事もなく使いやすくなっています。

昆布にはミネラルエキス豊富・保湿に良いアルギン酸などが含まれており髪にとってのメリットがたくさんあります。

ルプルプ 」や「利尻ヘアカラー」が特に人気があるようですね。

これらの白髪染めは、上記で述べた成分の他に保水の働きのあるフコイダンが含まれています。そのため、1本で保湿・保水が出来ると同時にミネラルも補給できるというわけです。

上記3つの成分が含まれているおかげで、髪が乾燥してパサついている方、髪の毛が傷んでいる方、頭皮が荒れて痛い方でも問題なく使う事が出来る様になっています。むしろ、使えば使う程に頭皮も髪の毛も潤ってきます。

また、化学成分をあまり利用していない事もあり、白髪染めにありがちな刺激臭がないのもメリットですね。あと、利尻昆布トリートメントに限った事ではありませんが、昆布を含む白髪染めは髪の毛にボリュームを持たせてくれるという声もあるとか!

薄毛な方や、髪の毛が細い方が使用し続ける事で、太いシッカリとした髪の毛に導いてくれるのも高評価! 1本で健康な髪へのケアと白髪染めが出来ると言うわけですね。髪の毛へのデメリットは報告されていないので、誰でも使う事が出来るでしょう。

ルプルプガゴメ昆布体験者の口コミ

市販のヘアカラーみたいに一度では染まりませんが2日連続でケアしたら目立たなくなりました。口コミでは髪がキシむというものがあったので心配でしたが、私の場合サラサラになりました。個人差があるのかもしれません。

敏感肌です。ヘナをやめて今はもっぱらこちらを利用しています。若白髪なので数は多くないですが生え際やまとめ髪をしたら目立つ程度です。お風呂前に乾いた髪に塗って、30分ほどテレビをみてから普通にシャンプーするだけです。ヒリヒリしないし髪も傷まないので気に入っています。

———————
↓私のルプルプ体験談もよかったらどうぞ↓
ルプルプ白髪染め本当に染まる?!成分検証【@コスメ・2chは嘘?】
———————

利尻昆布白髪染め体験者の口コミ

ブラックを2年くらい愛用しています。緑色になるという口コミがありますが、全然そんなことはありません。洗面所やお風呂に色がつかないのもいいです。

10年くらい市販のものを使っていましたがハゲるというウワサを聞いて50代になったし体に良いものをと思ってCMをみて買って見ました。なかなか染まらないという声もあるみたいですが、石鹸シャンプーをしている私はかなりよく染まりました。乾いた髪に塗ってラップをまくといいですよ!

白髪染め口コミまとめ

いかがでしたか?

髪や地肌に優しい無添加白髪染めにもいろいろな種類があり、それぞれ支持されている方の口コミやその理由も様々だということがわかったのではないでしょうか?

無添加白髪染めを試してみるなら、使った人の口コミやレビューを参考に自分に合いそうなものを探してみると良いと思います!人気のルプルプは返金保証もあるのでおすすめですよ~!

↓↓↓人気の白髪染めランキングを今すぐ見る↓↓↓

2015/9/14 (月) • 白髪染め



Comments are closed.