白髪染めランキング!口コミ人気はどれ?【髪にやさしい】

肌に優しく、よく染まる!ベスト白髪染めはコレ!


shiraga5shiraga6


hsiraga1
hsiraga2hsiraga3


hsiraga7
shiraga8shiraga9


白髪ができる原因は?【白髪染めする前に】

yoko007

白髪がでてきたら染めたらいいや・・・というのは根本的な解決にはなりません。あなたの生活習慣で白髪になるスピードを少し押さえる事ができるかもしれません。

まず白髪はなぜできるのかをしっかり勉強してみましょう!

まず毛根部にある毛母細胞が分裂することで髪の毛は作りだされていきます。毛母細胞は細胞分裂を繰り返すことでどんどん成長していきます。頭皮の上へと伸びて行き、やがて髪の毛になります。

頭皮の上に出てきた髪の毛は日本人の場合ほとんどの方が黒色です。そのため、髪の毛はもとから「黒」だと思われているかもしれませんが、実は毛母細胞から生まれたばかりの毛髪はみんな白髪。「色素がない」状態なのですね。

いつどのようなタイミングで毛髪が黒になるのかハッキリとは分かっていません。ですが、頭皮内での成長過程の間に髪の毛が黒くなっているのは間違いありません。

そもそも髪の毛が黒く見えるのは「メラニン色素」という色素の働きのためです。このメラニン色素は人種や遺伝によってタイプが決まっています。

メラニン色素は日焼けの原因としても良く知られていますが、毛髪の成長過程で、メラニン色素が髪の毛の内部に取り込まれることによって黒く色が付けられていきます。 つまり、白髪はこのメラニン色素が何らかの影響を受けて正常に働かなくなったために起きるものなのですね。

どのような原因でメラニンの働きが阻害されるのかについては様々な説がありますが、現在においてまだはっきりとした解明はされていません。

ただ複数の原因に理由があるだろうと言うことまではわかっているのですね。 その原因と言われているのが、病気、加齢、ストレス、遺伝、生活環境の5つ。

つまり、必ずしも老化現象が原因で白髪になってしまうわけではないのです。 中でもストレスが毛髪に与える影響は大きく、白髪だけでなく脱毛や薄毛などの原因とも考えられています。

白髪は防げるのか?

白髪ができると、それだけで実年齢よりも老けて見られてしまいます。実際、白髪交じりだった髪の毛を黒く染めただけで、一気に見た目が若返ったと言う人も少なくないですよね。髪の毛は、それくらい見た目の印象を変えてしまう力を持っているのです。

では根本的に白髪が生えにくくするための予防法にははどんなものがあるのでしょうか。

白髪ができる5つの原因と言われているのがストレス、生活環境、加齢、遺伝、病気です。

遺伝や病気、加齢などは自分でコントロールするのが難しいものもありますが、ストレスや生活環境などは自分自身でも充分に改善可能です。

ストレスや悪い生活環境は、白髪だけでなく抜け毛や肌荒れなど、さまざまな悪影響につながる可能性があります。決して軽く見てはいけません。

歴史でもフランス王妃であったマリーアントワネットが一夜にして髪の毛が真っ白になったとということが伝えられています。もうすでに生えてしまっている髪の毛がストレスでそれも一瞬にして真っ白になると言うことはありえないので、これ自体はフィクションである可能性が高いですが、それでもやはりストレスによって白髪になるのは事実でしょう。ストレスを溜めこむことで毛髪だけでなく健康にも害をもたらしてしまいます。

適度に運動して身体を動かし、睡眠を良く取るようにするだけでもストレスはずいぶん解消されます。また、頭皮をやさしくマッサージすることも頭皮の血行を促す働きがあるので予防として適しているでしょう。

栄養不足によっても白髪は引き起こされてしまいます。髪の毛も身体の一部なので栄養不足になると毛母細胞に栄養分が回らなくなり黒髪を維持することが難しくなるのです。 典型的なのがダイエット。極度のダイエットは、毛母細胞の栄養が足りなくなり、髪が抜けたり、白髪が増えたりしてしまうのです。

栄養素にも注目しましょう。髪の毛に良いとされている、マグネシウムやビタミンEを積極的に取るのが推奨されています。ビタミンEやマグネシウムはアーモンドなどに豊富に含まれています。また髪の毛の基となる栄養素であるたんぱく質や亜鉛などもしっかり摂るよう心がけてください。

白髪染めの正しい選び方は?【ランキング上位なら安心?】

白髪染めを選ぶ際に、どれが一番正しいというものは実はありません。

ある程度の良し悪しはありますが、最終的にどの白髪染めを選ぶのかは「好み」の問題に収束します。なぜなら、どの方法にもメリット・デメリットがあり、どのメリットを優先させるかは個人の好みによるからです。詳しく下記にまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

※ちなみに、このサイトのランキング1位の商品を使ってみたページもあるので参考にどうぞ♪
↓ 私が実際に使ってみた写真付き体験談はコチラ ↓
**************************************
ルプルプ白髪染め本当に染まる?!成分検証【@コスメ・2chは嘘?】
**************************************

ヘアカラー剤

たとえばとにかくキレイにムラなく白髪を染めたいのであれば、ヘアカラー剤のような化学的なものが一番です。

お値段的にも安いものがほとんどなので、経済的にも一番続けやすいものだとも言えます。白髪は一度できるとその先は継続的に続けてケアしていかないといけないので、少しでも安い方が良いですよね。

ただその反面、化学的な薬剤を用いて白髪を染めるので、髪の毛や頭皮に与えるダメージは決して少なくありません。白髪が多くなると頻繁に染める必要があります。そうなるとますます髪の毛に与えるダメージは大きなものとなります。

天然染料(ヘナ、昆布など)

髪の毛を傷めずに白髪を目立たなくさせたいなら、ヘナや昆布を使った天然染料がお勧め。ヘナはインドで自生している低木植物の葉っぱから作られた100%天然の染料です。髪の毛にほとんどダメージを与えることなく、反対に薬効成分で地肌を健康にし、髪にハリやコシを与えることができるのです

ただヘナは天然の染料であるが故、ヘアカラーのように色味が豊富ではありませんし、また白髪に染めるとその部分が赤っぽく染まりどうしてもムラになってしまします。臭いも強いことが多いです。

トリートメントやシャンプーなどを用いた白髪染めの場合にはお手軽でダメージも少なく白髪に色を入れることができると言うメリットがある半面、色味が入るまでに時間がかかり、また髪質によっては自分が望んだ色にまで染まらないと言うことが起こってしまいます。またチラホラ見える程度の白髪には十分対応できますが全体的な白髪染めとなるとちょっと厳しいと言わざるを得ません。

ちょっと白髪が出てきたな、気になるな・・と言う程度ならヘナや白髪染めトリートメント、全体的に白髪が目立ってきたらカラーリング剤と言うように段階的に使い分けるのもお勧めです。

白髪染めの安全性…身体に悪くない?

白髪染めは安全か…これは、ものすごく気になるところですよね。結論から言うと残念ながら市販されている毛染め液のほとんどは頭皮にとってトラブルを起こす可能性を秘めていると言わざるを得ません。

市販のカラーリング剤を見たことのある人ならわかると思うのですが、使用する前にはどの毛染め液であっても「パッチテスト」が推奨されています。パッチテストとは、実際に白髪染めを髪に使う前に、腕とか手など目立たない部分に少しの薬剤をつけてアレルギー反応やかぶれなどが起こらないかチェックするためのテストです。

これつまり、市販のカラーリング剤では「アレルギー」や「かぶれ」がおきる可能性があるということを示しているといえます。

もちろんパッチテストを行って何の問題もなければ身体にとって安全であることは間違いないのですが、アレルギー体質の方は化学的な白髪染めの使用には気をつけたほうがいいでしょう。

またパッチテストによって頭皮などに問題がないと分かっても毛髪に関して言えば全く別です。化学的な白髪染めはほとんどが酸性かアルカリ性の染料であるため髪の毛に与えるダメージは少なくありません。

また、定期的に繰り返し染め直す必要があるので、ダメージも蓄積は増してしまうことは想像に難くないですよね。髪にダメージを繰り返し与えると、気になるがごわつきやパサつきなど。市販の白髪染めを使用後は髪のケアも怠らずにしたほうが良いといえます。

また白髪染めの染料は洋服や肌に一度付いてしまうとなかなか取れないので使用する際にはかなり気をつけないといけません。また目に入った場合も同様でヘタすると失明の恐れもあるため自分ひとりで行う際には液だれの少ないクリームタイプのものを選ぶなど安全性には十分気をつける必要があるといえるでしょう。

最近では無添加の商品や天然植物の染剤を用いたものが口コミでも人気を集めているようですね。当サイトの人気商品もそういったものが選ばれているようです。興味のある方はご覧になってみて下さい。

おすすめNo.1はコレ!


shiraga5shiraga6

2015/9/16 (水) • 白髪染め



Comments are closed.