白髪染め比較ランキング!口コミおすすめトリートメントは?

このページでは白髪染め商品を比較してみます!

シャンプー剤やヘアカラートリートメントや泡タイプなど、いくつものタイプやブランド中で最もよく染まり、ダメージも少ないのはどれなのか?白髪の多さにもよりますけど、部分染めやトリートメント、シャンプータイプなど、種類によって染まり方や満足できる回数などの特徴が違うので、自分の目的と好みに合わせて適切な白髪染めをを選んでみてくださいね。

白髪染め比較ランキング【刺激少なくよく染まるオススメ】


shiraga5shiraga6


hsiraga1
hsiraga2hsiraga3


hsiraga7
shiraga8shiraga9

白髪染めの選び方のポイントは?【比較ポイント】

gazou08

「私は白髪染めしないの。」

という人もいらっしゃるかもしれませんが、女性ならほとんどの方が白髪対策をしておられると思います。髪の色が変わるだけで見た目って本当にかわりますからね。でもその商品選びがまた迷うんですよね・・・。どのように選べば失敗しないのでしょうか?

自分の髪質を理解してる?

同じ白髪染めを使っても、人によって染まり具合には差があります。

それは、人によって髪質が違うからですね。髪の毛の固さやツヤなどで染まり具合が違ってくるので、自分の髪質を事前に理解してそれに適した白髪染めを選ぶ 必要があります。

髪の毛が太かったり固かったりすると染まりにくい傾向があります。口コミなどを参考に、染める力の強い白髪染めを選ぶのが良いでしょう。

逆に、髪の毛の細い人、やわらかい人は染まりやすいので、染まりやすさよりも頭皮と髪の毛に優しいタイプの白髪染めを選ぶのが良いかも知れません。

自分の髪質は自分で触ってみて判断して良いと思います。分からない時は、美容室に行って美容師さんに聞いてみると判断してもらえます。

どのくらいの量の髪の毛が白くなっている?

次に、白髪の量を基準にした選び方についてお話しましょう。

白髪の量が少ない時は、部分染め専用の白髪染めを選ぶと良いです。髪の毛全体が白くなっていない時に普通の白髪染めを使ってしまうと、全体的に不自然なほどに黒くなってしまうからです。

一番きれいな黒は自然の黒です。わざわざ白髪染めを使ってしまうのは絶対にNG。部分染めを使って白い部分だけケアする様にして下さい。既に髪の毛全体が白くなってしまっている方は、部分染めではケアしきれないので、普通の白髪染めをチョイスしましょう。

安全なものかどうかも重要!

アレルギーやアトピーがあるという方は、もしかして白髪染めやヘアカラートリートメントをしたあとにトラブルが起きたりしたことはありませんか?髪や地肌に安全な成分を使うようにしましょう。

男性でも敏感肌の方も多くいらっしゃいます。効果だけで選ぶのは危険かもしれません。ヘアカラーやシャンプーを変えたときにトラブルを起こした事がある方はメンズ・女性用でも頭皮に優しいものを選ぶようにしましょう。

「黒」の違いが肝心!色味はどう?

白髪を染めてくれる白髪染めですが、実はメーカーによって「黒」の明るさが違います。黒に明るさがある事に驚いた方もいると思いますが、色々なタイプの黒があるので、明るさにも気を付けて選んで欲しいと思います。

髪の毛が太い・固い方は色が明るめの白髪染め、柔らかく細い方は強い黒のタイプを選ぶと綺麗に染まるので白髪染め選びの参考にして下さいね。

自分の髪の毛を触ってみて固く太い様であれば、色が明るめの白髪染めを選んで使用すると良いでしょう。逆に髪の毛が細くやわからい人は若干暗い色の白髪染めを選ぶと良いでしょう。

これらに気を付けて白髪染めを選べば、自分の髪の毛に適した白髪染めを選べると思います。ぜひ白髪染め選びの参考にして下さいね。また、どの白髪染めが良いか分からない時は当サイトのランキングを参考にすると良いでしょう。

白髪染めを比較して選ぶ【効果・コスパ・手軽さ】

gazou07

各白髪染めを見比べると、どの商品にも特徴がある事が分かります。特徴が全て違うので、どれを選べば良いか迷ってしまうと思います。商品の特徴を比較して選ぶ事で、あなたの頭皮と髪の毛に適した白髪染めが見つかると思います。

髪や地肌への優しさ

商品によっては、化学成分がたくさん含まれており、中には染まりやすさを優先した結果、肌に優しくない成分が含まれることも。こういった成分が多く含まれている白髪染めを使ってしまうと、頭皮が荒れてしまうので、なるべく肌に優しい白髪染めを選ぶようにしましょう。

特に、肌が弱い自覚のある方は気を付けて下さい。無添加の白髪染めを選べば頭皮への心配はないので、敏感肌の方は無添加の白髪染めを優先的に選びましょう。

手軽さはどう?

次の比較ポイントはお手軽さです。染め上がるまでに2時間かかる商品もあれば、15分程度で綺麗に染まる白髪染めもあります。白髪は1回染めて終わりではなく、継続的な染め直しが必要ですから、毎回何時間もかけて白髪を染めるのは大変です。

なるべく1回の時間が短い白髪染めを選ぶのが良いと思います。また、白髪染めの時間をいちいち取るのが嫌な方はシャンプーやトリートメントタイプがおすすめです。白髪染め中、待つ時間が苦手だという方実は多いようです。

その点、普段お風呂で使っているシャンプー剤やトリートメントを白髪染め成分の含まれるものに変えるだけで、徐々に白髪が染まっていきます。女性用・男性用関係なく使えるという商品も沢山あります。

手軽なのがメリットではありますが、その分効果が出るのに2週間位かかるデメリットもあります。ただし、1度しっかり染まってしまえば後は物凄く楽ですね。毎日お風呂に入るたびに使うので、わざわざ別途染め直しをする必要がありませんし、根元の白髪だけが目立つ事もありません。

コストパフォーマンス

最後に料金の比較を行いましょう。

1本の値段が5000円するものもあれば、2500円程度のものもあります。値段で効果が決まるわけではないので、他の比較要素に加えて金額の比較を行って総合的にコスパの良いものを選ぶとお財布にも優しいでしょう。

私が色々つかってみて、ルプルプは初回割引が大きいのでかなりコスパが良いと思いました。キャンペーンなどもしていて値段的にもお得に購入できたりもするのでそういう割引を狙ってみるのもいいと思いますよ。

+++++++++++++++++++++++++++++++

★私が人気商品ルプルプ試してみた体験談もあるので参考にして下さいね★

ルプルプ白髪染め本当に染まる?!成分検証【@コスメ・2chは嘘?】

+++++++++++++++++++++++++++++++

男性用白髪染めが実は大人気【ランキングにも影響が】

Men Bleaching

近年は、男性が髪染めをするのも極々一般的となってきました。白髪染めでも「男性用」と銘打ったものが多く出ています。

と言っても、髪染めの手順や性質自体は女性と男性で特に大きな違いがあるわけではありません。特にファッションでの髪染めに関しては、男女差はほとんど無いと言えます。

強いて言えば、男性は美容院などで染める例が若干多い傾向にありとは言えますが、これもそれほどの差ではありませんね。

ただし、男女で白髪に対する意識の差があるので、その面で多少違いが出てきます。まず、男性の方が、白髪を気にして染める例が女性よりも少ないという点が一点。

また、年代的に言っても、男性のほうが髪質や仕上がりなどにこだわらない事が多いので、仕上がりの美しさなどよりは手軽に短時間でできる白髪染めが好まれるようです。

こうした傾向から、男性には白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントがよく用いられるようですね。

ただし、男性の場合は女性以上に気にしなければいけないのが、頭皮へのダメージです。

男性はホルモンの関係上、

女性よりも抜け毛や薄毛が進行しやすい

という傾向がありますから、体質に合わない髪染めや、強い脱色を繰り返すと髪や頭皮に負担がかかり、抜け毛・薄毛、果ては禿げの原因となる可能性があります。

ただし男性だけでなく女性の薄毛についても年齢を重ねただけではなく若い20代や30代の女性でも悩む方が多くなっているようですね。ストレス・ダイエット・妊娠出産など環境の変化や食事・・・原因はいろいろですが、髪や地肌に負担の大きい白髪染めを選ぶのは男女ともやめておいたほうがよいと思われます。

+++++++++++++++++++++++++++++++

★女性の薄毛の悩みに関する記事もあるのでよかったら読んでみて下さいね~!★

20代女性薄毛の原因って何?!【え?ダイエット・カラー危険?】
頭皮マッサージ効果スゴイ?薄毛・リフトアップ【自宅での方法】
+++++++++++++++++++++++++++++++

さて、お話は男性用白髪染めにどりますが、男性がファッションで染める際もそうですが、年齢が高くなってから染める場合はもちろん年齢が若い20代30代であっても、特に頭皮へのダメージを抑えられるよう染色剤や方法を検討した方が良いといわれていますよ。

口コミなどでは若白髪に悩む男性が刺激の強い白髪染めをしたら、

白髪だけでなく抜け毛に悩むようになった

という声も多くあります。

この場合は、ヘアカラートリートメントや低刺激のヘアマニキュア、髪染めシャンプーなどが適切なチョイスと言えます。当サイトにはルプルプをご夫婦で使っておられるというメールも頂いております。男女兼用ですし、お風呂で気軽に使えるので人気のようですね。

妊娠中の白髪染めって大丈夫?

Expecting

妊娠中の母体は胎児と血液的につながっています。胎児は身体が小さく、また激しい細胞分裂の最中にあります。そのため、普通の成人の体では問題ない化学物質や薬を使用しても、胎児に対しては大きな影響を与えることがあり得ます。

妊娠中に使用を禁じられる薬剤や薬草、漢方薬などがたくさんあるのはそのためです。

髪染めにもいくつかの刺激物質を使用していますからら、厳密な観点からいけば妊娠中の使用は避けたほうが良いと言えるでしょう。

ただ、頭皮などから吸収される化学物質は全体として極微量なので、実際影響があるかどうかはなんとも言えない部分があります。

マタニティブルーと言われるように、妊娠中の精神的な負担も小さくはないので、髪を染めることの気分転換の効果を考えると一概にダメとは言えないのが実際のところでしょう。

むしろ、髪染め剤の影響は胎児よりもお母さんの方にはっきり出る場合があるようです。たとえば、妊娠中はホルモンバランスが大きく変化するので、以前は平気だった刺激臭が耐えがたくなる、以前は何も起きなかった髪染め剤でかゆみやかぶれが起きることなどが比較的よく起きるようです。

なので、妊娠中にどうしても髪染めしたいという場合は、普段使っているものより一段穏やかな髪染め剤を選択したり、染色自体を抑えめにすると良いかもしれませんね。

そういった意味で、妊娠中に髪染めをする場合は以前使用したことのある髪染め剤でも必ずパッチテストを行いましょう。

美容院等で染める際にも、妊娠中の旨を伝えて美容師さんと相談する事をお勧めします。

当サイト人気ナンバーワン白髪染めはこれだ!


shiraga5shiraga6

2015/9/18 (金) • 白髪染め



Comments are closed.