利尻ヘアカラー染まらない?【色持ちを良くする裏技紹介!】

色持ちをよくする方法

白髪を染めている人にとって、白髪染めの効果だけでなくその「持続性」も気になるところですよね。

白髪染めで染めた色は、シャンプーをするたびに徐々に色が落ちていくものです。場合によっては、自分が思っている以上に一度のシャンプーで色が落ちることもあります。

どんなに綺麗に染めあげてもすぐに色が落ちてしまっては意味がありません。また、落ちた部分だけ染めようとして、白髪を染めるタイミングがまちまちになって、説明書に記載されているペースよりも早い間隔で染めたりすることもあると思います。

そうなると、地肌のダメージも大きいですし、コストや手間も増えてしまうので、そういうことは避けたいですよね。

↓↓↓人気の白髪染めランキングを今すぐ見る↓↓↓

利尻ヘアカラートリートメントのメリットの一つに、「色持ちがいい」という点があります。

ただし、染める頻度は利用する人によって結構まちまちで、二週に一度のペースで十分という人もいれば、週に二度くらい染めているという人もいます。

同じ利尻昆布の白髪染めでありながらも色落ちに差が出る理由には、やはり髪質が個々に異なることもありますが、実はシャンプーにも原因がある場合があります。

利尻ヘアカラートリートメントとシャンプーとの相性で、色が落ちる度合いが変わることがあるんです。相性の良いシャンプーを使っている人は、比較的に色が長持ちしています。

例えば、髪の毛に対して優しいアミノ酸系の成分を主軸としたシャンプーを使用している場合には、色が落ちにくくなっています。

という事は、長く色を持たせるための工夫としてシャンプー選びはとても重要になるという事ですね。

少しでも長く色持ちを良くしたいのなら、シャンプーもそれに合ったものを使うことが大切になります。次の項で、シャンプーの相性についてもう少し詳しくお伝えしましょう。

相性の良いシャンプー・悪いシャンプーって?

実は、白髪染めには併用しない方がいいシャンプーがあります。

普段から使用しているシャンプーの成分によっては、利尻ヘアカラーで染めた色が早く落ちてしまったり、反対に長く持ったりする事が分かっています。

利尻ヘアカラートリートメントは、基本的に色持ちが良いという点がとても評価されてはいるんですが、普段使っているシャンプーとの相性によっては、そのメリットが無くなってしまう可能性があるんです。

せっかくの長所をダメにしてしまわないように、シャンプーとの相性も知っておきましょう。

まず、一般的に色落ちがしやすいと言われているのは、洗浄力が強いシャンプーです。これは、あまり相性がよくありません。

洗浄力が強いというのは、もちろん髪を洗う上で一つの強みですよね。汚れが落ちやすいので重宝している人もきっと多いはずです。

ですが、特にある程度の価格でなおかつ硫酸系のシャンプーは汚れがよく落ちますが、同時に染めた色も落ちやすい傾向があります。

どうしてもそのシャンプーでないと、髪を洗った気がしないというようなこだわりがあるのなら仕方ないですが、そうでない場合は別のシャンプーを使った方が良いでしょう。

もう一つ利尻ヘアカラートリートメントとの相性が良くないシャンプーには、シリコンシャンプーが挙げられます。

シリコンシャンプーには、髪の毛をシリコンでコーティングして、ツヤを出して手ざわりを良くする効果あります。

これによって、髪の毛が外部からの刺激や汚れから守られて、艶やかな髪をキープできるんですが、そのシリコン成分が髪をコーティングすることによって、白髪染めが浸透しにくい状態を作ってしまうんです。そのため、白髪染めを使う時にはノンシリコンシャンプーを使った方が良いですね。

どんな色に染まるの?

gazou05

白髪染めは、髪の毛を染めることによって白髪を別の色にするわけで、基本構造としてはヘアカラーと同じです。

染める色は、昔は黒のみ一択でしたが、近年の白髪染めは当たり前のように複数の色が用意されていますね。

利尻ヘアカラーも、全部で3種類の色が用意されています。

利尻昆布を使用しているとブラックの印象が強いですが、実際にはブラックの他にダークブラウン、そしてライトブラウンの3色があります。

もちろん全てのカラーに利尻昆布が含まれているので、色によって潤いなどの成分が違うという事はありませんよ。

色別に特徴を見ていきましょう

Photo from sastty.com

ブラックについては、不自然に濃いということもなく自然の髪の毛の黒の色味をしています。ムラもできにくく、普段髪を染めていない人はこのブラックを使用すれば、とても自然な形で白髪を染めることができますね。

ダークブラウンについては、少しだけ茶色を入れたい人にとてもおすすめの色味です。あまり明るすぎる色は似合わない、派手なのは好きじゃないという人は、このダークブラウンがお勧めになります。

ブラックよりは明るく、ブラック同様自然な感じに染められるので、ほとんどの人が利用していますよ。

ライトブラウンについては、ダークブラウンよりも明るめの茶髪に仕上がります。若い人は、このライトブラウンを選ぶ人がとても多いようですね。

明るいといっても極端に明るいということもなく、標準的な茶髪といっても差し支えない色合いでしょう。派手な色を避けたい人でも十分利用できるようになっています。

利尻ヘアカラーの長所・短所

gazou01
利尻ヘアカラーのメリット・デメリットをご紹介します。ぜひ購入の際の参考にしてみて下さいね。

メリット

刺激・傷み・ツンとくる匂いがない
市販の商品のような地肌を傷めつけるような刺激や不快感も無く毛染め特有のツンとくる匂いも皆無!

昆布由来で髪・地肌に優しい!
利尻昆布エキスにはミネラルの潤いやフコイダンの保水力、アルギン酸の保湿力がつまっています。

美容院でのカラーと比べてお値段的にもお得
美容室でヘアカラーをしてもらうと確かにそのときは綺麗に仕上がります。でも髪はスグ伸びてくるもの。根元だけ白くなるのはみっともないので、頻繁に美容室に通うとなるとお金もバカになりません。利尻ヘアカラーなら美容院に行かなくても自宅でケアできて料金的にもお財布に優しいと評判です。

髪自体にツヤ・ハリがでてサラサラに!
昆布のフコイダンやアルギン酸により髪を保湿しながらトリートメント効果でキューティクルを守りながらの白髪染めなので仕上がり・まとまりが良いのが特徴です。

デメリット

効果が長続きしない
この商品はヘアマニュキアなので、次第に色が落ちてしまいます。そのためキレイな色を保つには定期的にケアしないといけません。ただ、私の場合、綺麗に髪を保つために元々トリートメントは週に3.4回はしていたので、今まで使っていたものを利尻ヘアカラートリートメントに変えただけと思えば手間は気になりませんでした。

一回では十分に染まらない
何度か染めていくうちに自分の好みの髪色になっていくというものなので、美容室でのカラーのように一度で思い通りの色には染まらないのが正直なところです。ただ、放置時間を調節したり、何日か継続することでこの問題はある程度解決できるのではないかと思います。

手に付くと取れにくい
これは初日に私がした失敗なのですが、乾いた手のシワや爪の間についた色が取れにくかった・・・。後日ビニール手袋を使えば何の問題もなかったです(笑)

↓↓↓人気の白髪染めランキングを今すぐ見る↓↓↓

2015/10/2 (金) • 白髪染め



Comments are closed.