シミ消す化粧品ランキング!口コミは?【市販でシミを消す方法】

鏡を見るたびにため息がでてしまうシミ。なんとかしたいですよね。今あるものは薄くしたいし、今後新しくできないようにしたい。

この記事では、シミの予防・改善のための方法と化粧品(乳液・美容液)について説明しています。スキンケアと化粧品選びの参考にして頂ければと思います。

シミ予防のためのしみとり化粧品

1-1

できてから治すよりも、そもそもできないように「予防」できればベストですよね。しみ予防を考える前に、まずは「なぜしみが出来てしまうのか」というメカニズムを知っておきましょう。

しみが出来る原因は、皮膚にあるメラニン色素が沈着することです。

メラニンが沈着する原因は、ホルモンバランスの変化や肌荒れ、老化等も考えられますが、いずれにしても紫外線が関係しているのは事実です。

紫外線が肌に当たると、肌を守るためにメラニン色素が過剰に作り出され、肌を黒くするのです。

通常であれば、そうなっても肌のターンオーバーで新しい皮膚に生まれ変わるため、メラニン色素は剥がれて無くなります。ところが、過剰にメラニン色素が作られたり、あるいは肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうと、メラニン色素がそのまま皮膚に残ってしまいます。そして、それがしみに変わってしまうということです。

また、ホルモンバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが多く分泌され、しみが出来やすくなってしまうということもあるようです。他にも、ストレスが溜まると肌のターンオーバーが狂いがち。ストレスのせいで、しみが出来やすくなってしまうこともあるようです。

改善するためには、生活習慣をまず改善する必要があります。適切に食事や睡眠をとり、プラスして紫外線対策をしっかりと行いましょう。そして、しみ取り化粧品でお肌にしみが出来ないような肌をつくり出すのです。

現在ではしみを取るだけでなく、そういった女性特有の肌トラブルも解消してくれるようなしみ取り化粧品が発売されています。

正しいスキンケアでしみを予防・改善する

いくら良い化粧品を使っていても、スキンケアの方法が正しくなければその効果は薄れていってしまいます。正しいスキンケアで、しみを予防していきましょう。

クレンジング

まず、クレンジング。メイクをしていない日も含め、必ず毎晩するようにしましょう。クレンジングをしないと肌の中に汚れが溜まっていってしまい、しみの原因となってしまうからです。

また、夜だけではなく朝起きて肌がベタついていたら朝もクレンジングをします。

洗顔・化粧水・クリーム

洗顔する際ですが、手でゴシゴシとこすってはいけません。洗顔料をよく泡立ててから泡を転がすようにして、指でゴシゴシこすらないように洗いましょう。

化粧水は、脂性肌の方は特にあまりつけたくないと思われるかもしれませんが、化粧水をつけることによって、水分と脂分のバランスがきちんと整う効果があります。少量ずつ繰り返し何度か手でつけるようにしましょう。

パッティングしたりコットンを使用したりしなくても手だけでもOKです。

ただし、クリームや乳液は脂性の方はあまり必要ありません。他の方は顔全体を塗った後に、気になる部分にもつけるようにします。しみがある部分には、しみ取り化粧品の美容液を念入りにおさえるようにしてつけていきましょう。

セットで買う

しみ取り化粧品を買う場合は、何か一つだけしみ取り化粧品にするのではなく、洗顔料・化粧水・乳液などをセットでそろえるようにした方が良いです。自分の肌にぴったりと合ったしみ取り化粧品を使って毎日正しいスキンケアをすれば、しみはしっかりと予防することが出来ます。

乳液・クリームの選び方とは?

乳液やクリームは、化粧水の保湿力を閉じ込め、蒸発してしまわないようにする目的もあります。化粧水の後に乳液やクリームで更に保湿力を高めましょう。

こうすることで、化粧水の有効成分を肌に閉じ込め、染み込ませることも出来ます。化粧水をたっぷり浸透させた後の乳液やクリームは、欠かせないアイテムになります。

しみに有効な乳液やクリームには、ビタミンC誘導体、ビタミンE、ハイドロキノン、シムホワイト377、アルブチン、アスタキサンチン、セラミド等が配合されているものがランキングの上位を占めています。すべて美白やしみ対策に効果がある成分です。

しみを予防したい人は、ビタミンC誘導体とビタミンEが配合された乳液やクリームがおすすめですね。

おなじみのビタミンCは、美白には欠かせない成分です。抗酸化作用もありますので、しみの予防に繋がります。

ビタミンEは、抗酸化作用と共に肌のターンオーバーを助ける働きがあります。肌のターンオーバーがしっかりと行われていないと、しみの原因になります。健康なターンオーバーを促進するためにも、ビタミンEも欠かせないでしょう。

出来てしまったしみ対策としては、美白成分のハイドロキノン、シムホワイト377、アルブチン、アスタキサンチン、セラミド等の成分が配合された乳液やクリームが良いでしょう。

化粧水と乳液、クリームは、シリーズで用意されているものが多いです。セットでシリーズになっているコスメは、セットで合わせて使用するのが良いでしょう。

色々と使い分けるより、相乗効果が得られることが期待出来ます。

しみを取る美容液の選び方

美容液は、普段使用している基礎スキンコスメにプラスするだけで、効果が得られる嬉しいアイテムでもあります。

もちろん、基礎コスメと同じシリーズで美容液がある場合は、そのラインナップで使用するのも相乗効果が得られることが期待出来るのでアリだと思います。美容液は、肌全体に使用するものと、気になるしみに集中的に使用する部分用のものがあります。

配合されている成分は、化粧水や乳液、クリームとあまり変わらないものがほとんどですが、濃度が異なる商品が多いです。成分をギュっと凝縮させたものが美容液になります。成分を凝縮しているので、そのぶん効果も期待出来ますよね!

美容液は、液状のものとクリーム状のものに主に分けられます。

どんなにしみ対策をしていても、ファンデーションには肌に悪影響を及ぼす成分が配合されています。しみを隠す為に、ファンデーションを厚く塗ってしまう人は少なくないのではないでしょうか。

そして、カバー力が優れていると言われるリキッドファンデーションの中には、肌に良くない成分が他のタイプのファンデーションより多く含まれています。

しみを悪化させないためにも、 なるべくファンデーションは薄く肌にのせるようにしましょう。そして、隠したいしみがある部分にだけ、集中的にカバーする方法を取りましょう。

ファンデーションの中には、美容液ファンデーションと呼ばれているものがあります。ファンデーションながら、美容液と同じ効果をもたらすものです。

しみが気になる人は、美容液ファンデーションを試してみるのも良いでしょう。

2015/10/7 (水) • シミケア



Comments are closed.