シミを消したい!私のシミ消える?【市販のシミ化粧品ランキング】

しみ取り化粧品ってどんなもの?

「しみ取り化粧品」とは、名前のとおり「シミを改善してくれるコスメ」のことです。「美白化粧品」とも言いますね。

シミには、まず徹底した紫外線対策をしてしっかりと予防をしなければなりません。それでも紫外線のダメージというのは、一見ノーダメージに見える皮膚の内部にも必ずあるものです。今はシミがない方でも、ある時急に出てきてしまうことがあるという事です。

そもそも、しみ取り化粧品で消せるシミというのは、基本的に触った感じ厚みのないもの、ざらつきがないものです。紫外線を浴びて出来たばかりのものや、目には見えていないけれどこれから出来つつあるものに大きな効果を発揮してくれるのです。

しかし、出来て長い時間がたった古いシミというのは、メラニン色素が皮膚の深い部分にあることが多く、いくら効果の高いコスメでもなかなか効果を得るのが難しいと言われています。

つまりは、シミが出来てしまう前から、しっかりとしみ取り化粧品を使用して行くほうがよいということです。

そんなしみ取り化粧品には、美白になるための肌作りを考えた沢山の知恵が入っています。それらを毎日継続して皮膚の仕組みに基づいた正しいスキンケアをすることが、美肌作りのための近道なんです。

今では多くの有名コスメメーカーや、現役の皮膚科医が開発したコスメが発売されています。

ちなみに、夏だけケアをする方がいらっしゃいますが、夏だけでなく年中通して紫外線は降り注いでいますので、一年を通してしっかりと紫外線対策をしていくようにしましょう。

口コミ人気はどれ?

しみ取り化粧品を選ぶ際に、口コミランキングなどで人気のあるものを選ぶと、失敗しにくいでしょう。ただし口コミランキングを参考にして選ぶ際に注意してもらいたいのが、自分のシミの種類を知っておくこと。

シミを消すには、自分のシミが「肝斑」なのか、それとも紫外線によるものなのかを事前に見極めて下さい。なぜなら、多くのしみ取り化粧品には、美白成分は沢山配合されていても肝斑には効果が薄い場合があるからです。

もしどちらか分からない場合は、肝斑にも紫外線によるシミにも効果のあるハイドロキノンという成分が配合されているコスメを選んでおけば、効果を得られないということがなくなります。

そこで、ぜひおすすめしたい口コミランキングで人気のしみ取り化粧品があります。

口コミやランキングでも常に上位にあるアンプルールです。これは、美白ケアに徹底した口コミ人気のコスメで、保湿も出来るので乾燥・敏感肌の方にもぴったりです。

これを開発されたのは現役の女性皮膚科医です。多くの女性の素肌を診てきた経験に基づいて、このアンプルールを開発されました。

シミに直接働きかけてくれるスポット専用美容液と、表情まで曇らせてしまう顔全体のくすみや、これから出てくるかもしれないシミに働きかけてくれる薬用美白美容液、この2つの美容液があるのが特徴です。

目元にできた濃いシミもくすみも、使い続けるごとに薄くなってきているといった口コミ体験談なども寄せられています。

年齢別のシミ対処方法は?

1-1

10代や20代では、紫外線を浴びても顔のしみになることはなかったのにも関わらず、30代を過ぎると、UV対策をしっかりとしているつもりでも、顔のしみが気になり出したりします。

それは、肌も年齢を重ねるごとに老化していくことが原因です。

30代になると、あらゆる方法でUV対策をしっかりと行わなくては、将来後悔をすることにも繋がります。そして、すでに顔のしみが出来てしまった人は、30代がスキンケアコスメやサプリメントを使った方法で顔のしみを取ることが出来る最後の年代だと考えても良いでしょう。

30代の対策方法は、UV対策、正しいスキンケア、規則正しい生活、食生活、そして足りない栄養素はサプリメントで補う方法です。

40代になると、出来てしまった顔のしみを取ることはなかなか難しくなるのが現実です。

しかし、諦めるのは早いです。30代と同じくUV対策はしっかりと行い、正しいスキンケア方法を行うことは基本です。

そして、30代よりも肌の老化を防ぐよう心掛けることが大切になります。ポリフェノール、カテキン等の酸化防止作用のある食事やサプリメントを摂るよう心掛けましょう。

50代を過ぎると、出来てしまった顔のしみを完全に消すのが難しくなります。完全にシミ取りしたい人は、レーザー治療やフォトフェイシャルに頼るのも顔のしみを取る一つの対策方法になります。

顔のしみをこれ以上悪化させたくない場合は、UV対策、規則正しい生活、食生活、スキンケアをしっかりと行うことです。

そして、年齢に見合った対策方法でスキンケアコスメを使用することも大切になります。30代のスキンケアコスメと50代を過ぎた人のスキンケアコスメは異なります。

2015/10/8 (木) • シミケア



Comments are closed.