ハイドロキノンクリーム効果どう?副作用大丈夫?【安全な使い方】

ハイドロキノンって何?

0-2-1

美容に関心を持っている方なら一度くらいはその名を耳にしたことがある「ハイドロキノン」

美白に良い成分ということは知られていますが具体的にはどのような働きをもたらしてくれるのでしょうか?

ハイドロキノンとはシミの原因ともなるメラニン色素の働きを阻害する働きに優れ、「できてしまったシミ」の改善に非常に有効である成分。その効果は「肌の漂白剤」や「肌の美白剤」と言われるほど高い効果を誇っているのですね。

しみに働くメカニズム

具体的なメカニズムとしては、肌にシミ・シワを作る「チロシナーゼ」と言うメラニン合成にかかわる酵素の働きを阻害し、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)の数を減少させると言うもの。さらに既にあるメラニン色素を薄くさせる還元作用を持つことで、シミを作らせないと言う予防の働きの他に、すでにできてしまったシミを徐々にケアしながら取り去ると言うチカラがあるのです。

不安定な成分

ただ高い美白パワーを持つ反面、酸化・分解・変色しやすいと言う不安定な成分でもあるため取り扱いが難しく、保管する際には注意が必要。また濃度が高いハイドロキノンは副作用を引き起こすこともあるのも事実。化粧品として使用する場合には配合濃度に注意し適切なものを選ぶことが大切です。

医療の現場にも使われている成分

美白作用のある成分にはビタミンCやアルブチンなど色々なものがありますがここまで即効性に優れ、尚且つ今あるシミを消してくれる美白成分はハイドロキノンだけ。だから医薬品として世界中で広く利用されているのですね。

こんな人におすすめ

gazou06

ハイドロキノン化粧品はこんな人にオススメ!

・頑固なシミに悩んでいる。
・色々な美白化粧品を試したがいまいち効果がない。
・これ以上シミを増やしたくない。
・白肌を守り続けたい!
・・・・・など

いつの間にかあらわれる厄介なシミやしわ。一度出来てしまったからと言って諦めてはいないでしょうか。

ハイドロキノンは本気でシミやしわに悩んでいる人にこそ使ってほしい強力なアイテム。一度できてしまったシミは消しゴムのように簡単に消してしまうことは出来ませんが、徐々に改善させていくことは十分に可能なのですね。

ハイドロキノンはシミやしわのもとになるメラニン色素を生成するチロシナーゼと言う酵素の働きを抑制する成分。つまりメラニン色素そのもの減少させる効果を持っているためハイドロキノン化粧品を使うことでシミやしわを作らせないだけでなく、今あるシミを少しずつでも確実に薄く消していくことができるのです。

世に数ある美白成分はあれどもここまで確実な結果を出してくれるのはハイドロキノン以外にはなく、予防目的や気休めではない「治療レベル」での効果が期待できるのです。もともとハイドロキノンは欧米ではシミやしわ、ニキビ肌の治療薬として処方されているもので、「お肌の漂白剤」の異名を持つほどの強力な成分。

ただ効果が強力な反面、使い方を一歩間違うとメラニン色素そのものが破壊される恐れがあり、ハイドロキノンを塗った個所の皮膚の色だけが白く抜け落ちてしまう「白斑」と言う肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるのですね。

ハイドロキノン配合率では4パーセントと言うのが一番シミ対策に効果があると言われている数字で、化粧品を選ぶ際にはこの基準を目安にすることが大切。安全に尚且つ効果的に使用するためには配合率と安全性を一番に考えて選ぶようにするといいでしょう。

ハイドロキノンクリームの正しい使い方

1-2-2

使用方法・特性をしっかり知ろう!

ハイドロキノンはシミ改善に効果が高いと言う反面、酸化しやすく変色したり分解したりと非常に安定しにくいと言う性質を持っています。

そのため、取り扱いには十分注意する必要があります。ハイドロキノンの特性をしっかりと理解したうえで使用しなければならないのですね。

早めに使い切る・保管場所にも注意

一般的に市販されているハイドロキノン化粧品には安定化された成分が使用されることがほとんどです。ですがそれでもできるだけ早めに使い切る方が無難です。また、保存場所としてもできるだけ温度の変わらない冷蔵庫などで保管するのが良いとされています。

さらにハイドロキノンは光や熱、空気に触れることによって劣化してしやすくなると言う特徴があるため、使ったあとはしっかりと蓋をしてできるだけ空気に触れさせないようにしなければなりません。また劣化したものを使用すると肌への刺激が強くなり炎症を起こすと言ったトラブルを引き起こしてしまうため、できるだけ古くなったハイドロキノン化粧品は処分した方が良いのですね。

安定型ハイドロキノン化粧品の中には数か月ほど使用できるものもありますが、大抵のものは1か月から2か月程度で徐々に劣化していくものがほとんど。そのためシミ改善などきちんと効果を出すためには常に新しいハイドロキノンを使用する必要があります。

気になる部分に塗布、夜のお手入れのみ使いましょう

使い方としてはまず洗顔で肌を清潔にし、化粧水で肌にしっかりとうるおいを与えてからシミの気になる部分に使用するだけ。肌に塗ったハイドロキノンが日中の紫外線によって酸化するのを防ぐためにもできるだけハイドロキノンは夜間のみに使用する方が良いでしょう。

ハイドロキノンの副作用は大丈夫?

心配な副作用…どんなものがありうる?

ハイドロキノンには、「肌がヒリヒリする」「赤くなる」「炎症を起こす」と言った副作用が起こることがあります。

また、高濃度のハイドロキノンを長期にわたって使い続けることでメラニン色素の働きが失われ、一部分だけ肌の色が抜け落ちる「白斑」と言う症状を引き起こすこともあり使用する際には十分な注意が必要なのですね。

このように使用によって副作用が起こってしまうのは、ほとんどが「酸化」によるもの。ハイドロキノンは熱や光に弱く、また酸素と結合しやすいため非常に不安定で酸化しやすいと言う特徴があり紫外線対策と保管はとても重要になるのです。

使用上の注意点を必ず守る

ハイドロキノンの使用は夜間だけにしておいた方が無難です。さらに使用後は空気に触れないよう蓋をきっちりと締め、温度変化の少ない冷暗所、もしくは冷蔵庫などに置くなどして保管に注意しなければなりません。

さらに日中に使用する場合には確実な紫外線対策が必要になり、日焼け止めを塗ることはもちろんできるだけ紫外線を浴びない工夫が必要となります。と言うのもハイドロキノンを付けたまま紫外線を浴びてしまうと、ハイドロキノンの酸化が進み、刺激性のある物質に変化し結果的に余計にシミを増長させる結果となってしまうのですね。

もちろんシミを改善させるためには夜間だけの使用より、日中も使用した方が効果は早いですが紫外線を浴びてしまうような状況では却ってマイナスとなってしまうため、完璧な紫外線対策が行えない時には夜間のみの使用だけにとどめておく方が良いでしょう。

2015/10/8 (木) • シミケア



Comments are closed.