肝斑に効く化粧品はどれ?シミと違うの?【原因と治療法】

nikibi1
nikibi2nikibi3
b13

肝斑と通常のシミとは異なるため、症状に合わせたスキンケアが大切になります。間違ったスキンケアではかえって色素を濃くする可能性も。適切な化粧品や治療法で対策しましょう。

そもそも肝斑とは

Photo from cross-clinic.com

美容関連の雑誌やブログで、「肝斑(かんぱん)」という言葉を聞く機会が増えてきました。肝斑とはシミの一種なのですが、加齢などが原因でできる通常のシミとは区別されています。なぜなら、通常のシミとは異なる特徴がいくつかあるからです。

見た目としては、淡褐色の少しぼやけたようなシミ(斑)です。両頬や額、下あご、鼻の下などに左右対称にできます。

また、ぽつぽつとできるのではなく地図のように比較的大きくベッタリしていて、あまり濃淡の差がありません。しみとそうでない部分との境界がハッキリしているのも特徴です。

多くのしみが高齢になるほど増えるのに対し、かんぱんは30~40才代の女性に多くみられるのも特徴の一つです。皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいといわれており、アジア人女性に多いとされています。特に日本人はできやすいようです。

原因はまだ解明されていませんが、妊娠時、閉経期、生理不順時などに出現しやすいため、女性ホルモンバランスの乱れが関係していると考えられています。他にも、顔をさわるなどの摩擦や物理的刺激、通常のしみと同じく紫外線なども原因と考えられています。

ちなみに、かんぱんかどうかを見分けるのは素人では難しいとされています。日光性のシミや、ADMと呼ばれるシミのように見えるアザなどとの区別がつきにくいからです。いろいろなシミが混じっているケースもあるようです。

よって、それぞれ治療方法が異なりますが、最近は肝斑に効く化粧品も増えているので、特徴があてはまったら肝斑に効く化粧品を使ってみるのも良いですね。

どんな化粧品が肝斑に効くの?

1-2-1

肝斑は、紫外線によるシミとは違ってレーザー治療ができません。かえって色素沈着するおそれがあります。

原因がホルモンバランスにも関係するので、皮膚科に行くと美白成分トラネキサム酸やビタミンCなどの飲み薬と塗り薬などを処方されるケースが一般的です。

しかし、実はかんぱんのケアだけを行うとそれ以外のしみが目立ってくることがわかっています。

かんぱんもメラニンの影響はありますが、紫外線が原因のシミとは別物として両方をケアしていくのが良いようです。そのため、肝斑に効く化粧品はシミにも効果がある美白成分を配合した化粧品であることがとても重要なのです。

ですが、今まで美白コスメといってもシミを消す効果はなく、あくまで予防的な役割がメインだったのですが、最近は美白成分も非常に進化して、肝斑に効く化粧品として肌を漂白する成分が市販の美白化粧品にも配合できるようになりました。

一口に肝斑に効く化粧品といっても、成分をはじめ形状や容器、使用方法など、さまざまな種類があります。洗顔後のローションタイプもあれば、乳液やクリームタイプ、また美容液やパックなど、美白作用の高い肝斑に効く化粧品が充実しています。

ハイドロキノンのような効き目の強い成分は、医薬部外品や医療機関が開発したドクターズコスメに配合されており、デイリーなスキンケアラインとして使用するものと、エッセンスやパックのようなスペシャルケアアイテムとして使用するものがあります。

かんぱんの場合、比較的大きな面積であらわれる場合もあるのでパックも便利です。週1などスペシャルケアを行って、デイリーには化粧水や乳液、クリームなどの肝斑に効く化粧品でお手入れするというのが理想的ですね。

シミにはどんな種類があるの?

2-2-2

シミにはさまざまな種類があり、それよって治療法も大きく異なります。肝斑も、その一つですね。

最もポピュラーなシミは、紫外線が原因でできるメラニン沈着によるものです。

日焼け対策や紫外線対策を怠っているとあらわれやすいシミです。加齢によって代謝力が落ちてくると目立つようになります。

高齢になってできるものを「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」と言います。

「雀卵斑(じゃくらんはん)」通称“そばかす”もシミの仲間で、小さな斑点が鼻を中心に分布しています。これは遺伝的な要素が要因とされています。10才頃からでてきやすいシミです。

すり傷、やけど、かぶれなどの痕がシミとして残ってしまうケースもあります。年令に関係なく起こり、炎症が原因なので「炎症性色素沈着」とも呼ばれます。にきび痕が赤くなったり黒ずんでシミ化するものも含まれます。

他にも、青から黒っぽい色のシミのように見えるアザの「ADM」や、顔以外にできやすい「摩擦黒皮症」、香水やオーデコロンをつけた部分が、日光に当たって炎症を起こして、シミになる「ベルガモット皮膚炎」など、いろいろな種類があります。

「肝斑」は女性特有のシミで、女性ホルモンが影響しているとされます。日焼けが元でできるので紫外線のシミと混同しがちですが、妊娠時や更年期、婦人科のトラブルなどがベースにあります。

シミはそれぞれ成り立ちが異なりますが、肝斑のように専用の化粧品が登場し、家庭でも治療が行えるようになったケースも増えています。できてしまったからといってあきらめず、シミ・肝斑のない、美しく若々しい素肌を目指しましょう。

肝斑の症状

肝斑は、淡褐色のシミが左右対称にあらわれるのが大きな特徴です。羽を広げた蝶のように左右に広がるタイプ、左右の頬にそってできるもの、こめかみの両側の近くにあらわれている淡褐色のシミは、肝斑を疑ってみてください。

必ず左右対称というわけではなく、形が違うものが左右両サイドに現れる場合もあります。

ただし、目の周囲にはできません。また顔以外にもできません。肝斑は、紫外線のシミより広範囲に出やすいため、メイクだけでは隠し切れない場合もあります。

また、「顔色がよくないと思ったら肝斑だった」というケースもあるようです。血色が悪く見えてしまうので、マイナス印象になりがちです。どうしても老け顔に見られやすいので、少しでも早くケアをして治していきたいですね。

肝斑の治療は、専門の医院などに通院して行うものがメインでしたが、最近では美白成分の進化とともに、肝斑に効く化粧品もいろいろと開発・市販されています。肝斑対策の化粧品は美白成分配合なので、通常のシミも一緒にケアできるものが高ポイントです。

最近の美白系の化粧品は、できてしまったシミや肝斑を薄くしていくだけでなく、シミや肝斑ができにくい肌を作る成分が豊富です。肝斑は30~40代の女性に突然現れるケースが多いので、予防としてデイリーに肝斑対策化粧品を使用する女性も増えているようです。

肝斑に効く化粧品を上手に活用してスキンケアのレベルを上げ、エイジングケアや美白・保湿ケアも徹底していきましょう。

シミ・肝斑にも効果抜群!

nikibi1
nikibi2nikibi3
b13

2015/10/9 (金) • シミケア



Comments are closed.