肝斑ハイドロキノン効果ある?成分は?【使い方の注意】

肝斑の原因は?

Photo from cross-clinic.com

しみの一種である肝斑ですが、実はその原因はまだはっきりとは解明されていません。ただ、30~40代のアジア人女性に多く見られることと、男性にはみられないことなどから、女性ホルモンの関連が強いと考えられています。

女性ホルモンの中に「プロゲステロン」という黄体ホルモンがあります。このプロゲステロンは、妊娠に関わる機能や利尿作用、血糖値や体脂肪を正常値に保つ役割を担っています。また、他のホルモンのバランスも調整しています。

肝斑は妊娠中やピルの服用中に出現しやすいので、プロゲステロンのバランスが乱れてしまうからと考えられています。

特に、妊娠や出産時、閉経時などに出現することが多いです。妊娠時は妊娠2~3カ月頃から出現し、出産後は次第に色が薄くなりますが、そのまま残ってしまう場合もあります。

また、経口避妊薬(ピル)の服用をきっかけに出現するケースもあるようです。

ですが、他のしみと同じく紫外線&メラニンの影響も無視できません。おでこなど紫外線にさらされる部分に出現するからです。外部からの刺激なども原因と推測されています。

と言ってもホルモンが主な原因のため、治療は身体の内側からホルモンバランスを調整することが重要です。ただし、生活リズムにも関連する部分なのでなかなか簡単にはいきませんね。

そのため、通常のシミ対策と同じくデイリーな美白ケアでサポートしていく必要があります。

最近では、有効成分を配合した肝斑に効く化粧品が多く開発されているので、自分の肌にあったコスメを使ってお手入れしながら、生活リズムも正常にしていくことが大切です。肝斑に効く化粧品は、しみやかんぱんの予防にもなるので安心ですね。

ハイドロキノンは肝斑にどう効く?

Photo from bglen.net

肝斑(かんぱん)に効く成分が配合された化粧品も、次々と開発されています。注目される成分としては“肌の漂白剤”といわれる「ハイドロキノン」ですね。

そもそもは医療用として開発された成分です。メラニン色素を作る「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑え、メラノサイトの数を減少させるという効果が期待できます。

美白成分として有名な「ビタミンC」や「プラセンタ」は、メラニンを抑制する効果はあっても除去することはできません。一方、ハイドロキノンはシミや肝斑を薄くしたりなくすことが可能です。美白効果はビタミンCの100倍と言われるほどです。

米国では、「他の美白成分はほとんど商品化されていない」といわれるほど人気が高く、近年ではさまざまな化粧品に配合されています。刺激が強いため日本では使われてきませんでしたが、成分の研究によって安定化が進み、肝斑・シミ治療に用いる医師が増加しました。ドクターズコスメを筆頭に化粧品にも配合されるようになってきていますね。

ハイドロキノンは非常にデリケートで扱いにくい成分で、肌への浸透力が弱いのも今まで弱点でした。ですが、最新の美白成分研究によって成分をナノカプセルに封じ込めたり、他の成分と組み合わせて浸透しやすくしたりするなど、高機能化が進んでいます。それらは、「新型ハイドロキノン」や「高安定ハイドロキノン」と呼ばれています。

肝斑対策のアイテムとしては、ハイドロキノン高配合化粧水やクリームや、美容液などがあります。ハイドロキノン化粧品として、人気ランキングや口コミもあるので、チェックしてみましょう。メーカーや通販サイトでは、お試しセットや返金システムがあるものもあるので、気になったらまずはトライしてみるのもよいですね。

皮膚科治療と化粧品の違い

通常シミの治療では、シミの原因となるメラニンや、メラニンを作り出すメラノサイトに働きかけて生成を抑えたり、代謝力を高めメラニンの排出を促進する方法がメインです。

医療機関の治療では、メラニンを含む細胞を破壊するレーザー治療や、皮膚のターンオーバーを活性化するケミカルピーリング、ビタミンC誘導体イオン導入などが行われています。

美白化粧品でも、そうしたメラニン抑制・排出効果の高い成分配合のものが人気となっています。

そんななか女性ホルモンとの関わりの強い肝斑の場合は、紫外線によるシミとは異なり、レーザー治療は色素沈着をかえって強くするリスクがあるので注意が必要です。

肝斑治療では、内服薬を使って身体の内側から働きかける治療を行う場合も多いようです。

肝斑の場合、薄くなってくると今まで隠れていた他のシミが目立つケースも多く、肝斑とシミを同時にケアしていくのが好ましいとされています。最近では、ハイドロキノンのような、超強力な美白成分が配合された化粧品も増え、肝斑やシミを化粧品で薄くすることが可能になりました。

皮膚科に通院するという選択肢もありますが、シミ対策は長期対策でもあるので、できれば自宅で手軽にケアできる方が続けやすいですね。

そのためにも、デイリーなスキンケアで肝斑&シミ対策ができる化粧品が便利です。普段の化粧水、乳液、美容液などのスキンケアアイテムで、肝斑が治療できると助かりますね。

化粧品の場合、保湿やアンチエイジングなどシミ以外のスキンケアにも有効な成分配合のアイテムが多いのもポイントが高いです。

肝斑に効く化粧品の成分

0-1-1

肝斑に効く成分といえば「ハイドロキノン」が筆頭にあげられますが、他にも美白効果の高い成分が、肝斑ケアの化粧品に配合されています。

よく目にする成分としては、「アルブチン」です。

もともとはコケモモや梨などの植物に含まれている天然成分で、 メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害して美白効果を発揮します。

“安全なハイドロキノン”ともいわれますが、肌への浸透力や抑制力では若干劣るので、他の美白成分と組み合わせて使うケースが多いようです。

胎盤からの抽出エキスである「プラセンタエキス」も有名ですね。こちらは抑制よりはむしろ肌のターンオーバーを促進することで、肝斑・シミの原因の1つであるメラニンを早く皮膚の外に排出する効果があります。

昔から美白に効果があるといわれるコウジ酸も、肝斑の治療ではよく使われる成分です。アルブチンやハイドロキノン同様、新たにメラニンができるのを抑制する効果があります。

また、緑茶成分も肝斑やシミに効き目のある化粧品に配合されています。天然由来の成分で肌にも安心で、誰にでも使いやすいのが高ポイントです。

病院での肝斑治療で使われる成分が、化粧品に配合される例も増えています。ハイドロキノンもそうですが、「WHITE377」や「APPS」といった成分が該当します。

APPSは、ビタミンC誘導体の100倍の浸透力のあるビタミンCで、肝斑にも効果を発揮します。「トレチノイン」も高い効果がありますが、現時点では化粧品には配合できない成分となっています。

2015/10/9 (金) • シミケア



Comments are closed.