大人ニキビ洗顔方法のコツ!【原因&跡が残らない治し方】

大人ニキビは10代の思春期ニキビと違い、時間が経てば自然に治るものではありません。ニキビ跡が残ってしまわないよう、適切な洗顔やケアをしていきましょう。

↓↓↓ニキビケア商品の人気ランキングはこちら!↓↓↓

大人ニキビとは?

mirror

医学的に明確な定義があるわけではありませんが、一般的に「大人ニキビ」というのは、思春期を過ぎて以降、20歳以上の人にできるニキビのことを呼びます。

10代にできるニキビとは原因が違うため、対策も違ってきますが、適切なケアをすれば、治せる可能性は十分にあります。

また、思春期ニキビとは違った特徴が、大人ニキビにはいくつかあります。まずはそれをご紹介しましょう。

再発しやすい

二次性徴に伴うホルモンバランスが乱れによって皮脂の分泌が過剰になることが、10代のニキビの原因の主な原因です。この過剰分泌は、成長と共におさまってくるため、自然と治っていきます。

一方大人のニキビは、食事や睡眠、ストレス、間違った洗顔など、さまざまなものが原因となって発生します。

日常の生活習慣が原因であるため、たとえ薬などによって一時的に治っても、その原因を根本から断たない限り再発しやすいのです。

生活習慣の改善や継続的なスキンケアによって、肌質レベルで改善していく必要があります。

ニキビ跡が残りやすい

思春期ニキビと比べて、大人ニキビの方が、炎症がおさまって治ったあとも「ニキビ跡」として残りやすいです。

これは単純に、10代の頃と比べて肌の新陳代謝がどうしても悪くなってしまうからです。これは人間誰しも歳を取る以上、ある程度は仕方のないことです。

ですから、大人ニキビを治す際は、ニキビ自体を治すだけでなく、肌の代謝を高める工夫をして、跡が残らないようにしましょう。

大人ニキビの正しい洗顔方法のコツ

洗顔方法は人それぞれの工夫がいくつもありますので、ここでは個別具体的なことにはあえて触れません。ですが、どんな洗顔方法であっても共通する、普遍的なルールをご紹介しておきます。

1. 洗顔料はしっかりと泡立てる

洗顔フォームはペースト状のまま塗りつけるのではなく、しっかりと泡立てて「泡で洗う」ようにしましょう。洗顔料「泡」の状態にしてこそ洗浄力を発揮するからです。これは洗顔だけでなく、ボディソープなどにも同じことが言えます。

一般に石けん(洗顔料)はよく泡立てないと洗浄力を発揮できないと言われています。
一言でその理由を述べますと、「洗浄剤の能力を最も引き出すのが泡立てた状態だから」です。

055033.com

表面積の問題。泡が細かく、しっかりしていると、泡自体の表面積が増えます。すると、汚れと洗顔料が接触する面積が増えるので、それだけ汚れをなじませる能力が上がるわけです。

tamagoya.ne.jp

また、泡のおかげで「手でこすらずに(=物理的なダメージを与えずに)こする」ことができるという面もあります。

「よく泡立てて洗顔すればこする必要がない」と言われているのはなぜでしょう?
泡には、汚れを吸い取って包み込む働きがあります。
泡(正確には泡ではなく、泡を作る界面活性剤)が接している部分の汚れに化学的に吸着し、全体を包み込んで浮き出させるのです。ですから、しっかりした泡で洗顔すれば、機械的な強い力を加えて汚れを浮き出させる、すなわち“こする”必要はないのです。

055033.com

理由は物理的な問題です。実は泡を立てると、泡自体が肌をこすり、これによって汚れが物理的にこすり落されます。この作業も洗顔には重要で、泡立てが不十分だと、この作業が上手くいかず、汚れが残ってしまいます。

tamagoya.ne.jp

手で泡を立てるのが苦手な場合は、「泡立てネット」などを活用しましょう。ネットに洗顔料をつけてクシュクシュするだけで、簡単に泡をつくれますので。100円ショップなどで手に入りますよ。

2. ぬるま湯で洗う

一時期「冷水洗顔」という方法が流行しましたが、皮膚科の医師などがNGをつきつけていましたね。やはり、洗顔は基本的にはぬるま湯が推奨されています。

一般的に、皮脂は30度以上で溶け出すと言われています。

このことから、テカリや油浮いて気になる人は少し高めの30~34度、乾燥が気になる人は26~30度以下の低めのお湯で洗のがおススメです。

30度前後の熱さなら、洗顔料も泡立ちやすく汚れがキレイに落とせますし、気持ちよくすすげます。

熱かったり冷たかったり肌に合わない温度を我慢して、洗顔料が落としきれなかったりという失敗も防げます。

シャワーに温度表示のある人は上記の温度を目安に、温度表示のない人は熱くもなく冷たくもない気持ち良いと感じるぬるま湯で洗顔をしましょう。

lier.jp

なお、お湯の温度が高すぎる場合も要注意です。熱すぎると今度は皮脂が過剰に洗い流されてしまって、乾燥や粉吹きの原因になりかねません。

肌と同程度の、熱くも冷たくもない温度がおすすめです。

3. しっかりとすすぐ、洗い流す

泡を顔に乗せただけでは、洗顔は終わっていません。すすぎをしっかりとやらないと、むしろニキビの原因になってしまいます。

せっかく洗顔料を使って丁寧に肌を洗っても、すすぎ残しが多い場合、洗顔料が肌に残ってしまい、皮脂腺や汗腺の出口を詰まらせてしまうことになるので、二キビ、吹き出物、ざらつき、湿疹などあらゆるトラブルが発生してしまいます。

medical.yahoo.co.jp

すすぎ方のコツとしては、「手でこするのではなく、水をあてる」という感覚で行うことです。こすってしまうと、肌に余計な刺激があたえられてしまいますので、それは避けたいところです。

まとめ

以上、大人ニキビの予防と対策のための洗顔のポイントを3つ紹介いたしました。お役に立てましたでしょうか?

こちらからはニキビ治療におすすめのケア用品も紹介していますので、あわせて見てみてください。

↓↓↓ニキビケア商品の人気ランキングはこちら!↓↓↓

 

 

2015/10/20 (火) • ニキビケア



Comments are closed.