背中にニキビができる原因は何?

背中は自分では見えにくい場所なので、手入れがなかなかが行き届かなくてニキビができても治りにくいものです。

皮膚科などのクリニックで治したり、エステサロンや漢方薬等で治療したり、ニキビ専用の石鹸やピーリング化粧品などでケアをしている方は男性・女性を問わず多いようです。

ここでは背中ニキビの原因や予防策、人気のケア商品の口コミやランキングなど紹介しています!

↓↓↓ニキビケア商品の人気ランキングはこちら!↓↓↓

背中ニキビって何よ?

about

そもそも背中ニキビって?顔のニキビと何が違うの?

背中ニキビというのは、文字通り背中に発生するニキビのことを指します。

ニキビといえば顔にできるものと考えている人は多いかもしれませんが、実際には背中や首のあたり、デコルテといったボディにもできるものなんです。

デコルテ部分にできるニキビは自分で見やすい部分なので割と発見しやすいのですが、背中は自分で見るのが難しい部位なので、意識的にチェックしていないと見逃しやすいのでケアを怠ってしまいがちになる部位なのです。

また、背中のニキビは顔のニキビと比べると色素沈着してしまいやすく、シミのように跡になってしまいやすいので早めにのケアを始めるのが非常に重要と言えます。

ちなみに症状は顔とほぼ同じで、まだ初期の段階である“白ニキビ”、炎症を起こして先端が赤くなる“赤ニキビ”、前述の白ニキビが酸化することで発生する「黒ニキビ」と主に三つの種類に大分できます。

できるだけ白ニキビの状態のうちに治してしまうのが理想で、早めにケアすることでニキビ跡や色素沈着に悩まされずに済みます。

しかし、顔のニキビと同じように気になるからと言って手で弄って潰してしまうようなことはNGです!

やたらとに触ったり潰してしまうことで開いた毛穴が閉じなくなってしまい、そこから皮脂や雑菌が侵入してしまうことで化膿してしまうことも少なくないからです。

そのような状態になると更に治るのが遅くなり、跡も残りやすくなります。

跡を残さずにできるだけ早くキレイにしたいなら、白ニキビの段階からしっかりケアして、やたらと触らないよう心がけてください。

このように心がけることで、ニキビに悩まされない滑らかですべすべした肌を維持することができるでしょう。

顔でも背中でもニキビができると気になって触りたくなってしまうものですが、ここはぐっとこらえることがニキビを改善する近道なのです!

何で背中にニキビが?

back

あなたは自分の背中を見たことあるでしょうか?

背中の吹き出物で悩んでいる方の多くは「人から指摘されて気付いた…」というケースが非常に多いようです。

もしかしたらあなたの背中にも気付かない間に小さなブツブツが発生しているかもしれませんよ!

ちなみに背中の皮膚トラブルに悩まされているのは女性だけでなく、男性にも悩んでいる方が多いそうです。

男性は女性と比べると体が硬い人が多いせいか背中までしっかり洗えていなかったり、汗をかきやすい夏でもスーツを着てそのままにしたりなど、にきびができやすい環境に身を置いていることが多いので実は背中ニキビができやすいのです。

実は背中には顔と同じくらい皮脂腺が多いので、意外とニキビができやすい場所なのです。

しかもニキビが消えてもその痕が色素沈着、つまりシミの原因となってしまいやすいようです。

原因と対策を徹底!

taisaku

ニキビ=顔にできるものだと考えている人は多いと思います。

しかし、中には背中にもニキビができてしまって凄く気になっている…という人も多いのではないでしょうか?

なぜ背中にニキビができるのか不思議に思う人もいるかもしれませんが、ニキビがどうしてできるのかという原因を知れば背中にできるのも変ではないと考えられるようになると思います。

ニキビに悩まされている人の多くは顔がベタベタする…と感じることが多いと思います。

このベタベタの原因は過剰に分泌された皮脂です。

皮脂というのは毛穴から分泌されるものですが、通常は肌がしっとりする程度に分泌されるもので、肌の保湿という重要な役割を担っています。

前述の通り皮脂は肌の潤いを保つために分泌されるものですが、主にストレス等が原因でホルモンのバランスが崩れてしまうことで分泌量が過剰になってしまうことがあります。

皮脂の分泌量が多過ぎると、毛穴に皮脂が溜まってしまいます。

溜まった皮脂に菌が入り込んで繁殖することで毛穴が炎症を起こし、先端の赤いあの嫌なニキビができてしまうんです。

10代の思春期の時分はホルモンバランスが特に崩れやすいのでニキビができやすいのです。

ストレスが原因でできるニキビもストレスからくるホルモンバランスが崩れが原因です。

思春期を過ぎた20代・30代の大人でもニキビに悩まされることが多いのは上記のストレスが原因であることが多いようです。

ちなみに皮脂が分泌されるのは顔だけではありません。

毛穴があるところならどこでも分泌されます。

なので背中の毛穴から過剰に皮脂が分泌されることで背中にもニキビができてしまうのです。

もちろん背中ニキビも顔のニキビと同じニキビであることに変わりはありませんので、きちんとケアを行えば予防・改善できます。

背中ニキビができる主な原因は?

背中にニキビができる原因はたくさんあります。

1つずつ原因を探って該当するものは改善できるよう務めることが大切です。

皮脂汚れとアクネ菌

baikin
ニキビはアクネ菌という菌によって引き起こされるということは広く知られているかと思いますが、実はこのアクネ菌、人間の皮膚のどこにでも存在している、いわゆる常在菌なんです。

しかしこのアクネ菌、毛穴に溜まった皮脂をエサにして繁殖することでニキビを発生させてしまうんです。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうことが原因でニキビができてしまう状態です。

こうなると毛穴に溜まった皮脂をエサとしてアクネ菌がどんどん増殖し、皮膚の炎症を引き起こしてニキビになってしまいます。

過剰な皮脂分泌が原因の場合は顔のニキビも背中のニキビもメカニズムは全く同じです。

なので背中のニキビ対策のはじめの一歩は肌を清潔に保つことと言えます。

 

汗をかきっぱなしのまま放置

ase主に運動をしたり、汗をかきやすい季節だったり、背中にかいた汗を拭いたり洗ったりせずにそのまま放置しているとアクネ菌はどんどん増殖してニキビの原因になります。

なので汗をかいた時にはできるだけシャワーや入浴等で洗い流すようにするのが適当です。

外出先等でシャワーを浴びるのが難しい場合は清潔なタオルでこまめに拭くのもいいですね。

 

タオルの素材が肌に刺激を…

towel
身体を洗う時にボディタオルを使っている人は多いと思いますが、それが肌に刺激を与えてしまうことは少なくありません。

一番いいのは手のひらで洗ってあげることなのですが、背中だとそうもいかないので、できるだけコットンのタオルや柔らかめのスポンジで優しく優しく洗うようにしましょう。

 

シャンプーやボディソープのすすぎ残し

soap
意外と多いのがシャンプーやリンス、トリートメント等のすすぎ残しです。

自分では見えない部分なのでどうしても濯ぎが疎かになってしまいがちですから、特に念入りに洗い流し、最後にお湯をたっぷり使ってしっかりすすぎましょう。

シャンプーだけでなく、ボディソープも背中には意外と残っているものなので、やり過ぎかな?と思うくらい十分に洗い流すことが大切です。

襟足や背骨の部分は特にすすぎ残しが多く、皮脂腺が集中しているので気を付けましょう。

↓↓↓ニキビケア商品の人気ランキングはこちら!↓↓↓

2015/11/11 (水) • ニキビケア



Comments are closed.