保湿化粧品人気はコレ!【アンチエイジング・乾燥肌へのおすすめは?】

言うまでもなく、『保湿』は美肌の基本ですよね!

乾燥は「しわ」「荒れ」「たるみ」「毛穴」など様々なトラブルの素。自分にあった潤いコスメでいつも内側からみずみずしく潤った良い状態をキープしたいですよね。

当サイトでは保湿に関する基礎知識や乾燥対策の話題の他、人気商品の口コミやランキングなども掲載しています。しっとり肌にしてくれるあなたにピッタリの潤い化粧品を探してみて下さいね!

肌荒れ・シワ・シミ・ニキビ……保湿コスメで乾燥対策を!

皆さんはどんな保湿化粧品をお使いでしょうか。冬などの寒い時期になると特に気になるのが乾燥肌です。乾燥がもたらす悪影響というのは様々なものがあります。

乾燥の悪影響

まず、シワのできやすい肌になります。また、ハリや弾力が少なくなり、肌がたるんだ感じがします。また、乾燥がひどくなるとヒビ割れなども起こり、そこから刺激物質や細菌などが入り込み肌の状態が非常に悪いものとなります。

そして、乾燥すると化粧のノリが非常に悪くなります。お化粧が大変です。このようにマイナスがたくさん出てくる乾燥肌を治すために潤い対策の化粧品というものをお使いなっている方も多いのではないでしょうか。

保湿化粧品とは、乾燥している状態に対してうるおい成分を与えることが重要。そのバランスや使い心地、潤いの度合いなどで自分に合うもの、好き嫌いなどが別れるのではないでしょうか。

保湿コスメの成分って?

さて、このようなコスメにはそもそもどのような成分が含まれているのでしょう。保湿化粧品の多くに含まれている代表的な成分をご紹介していきましょう。

まずは、セラミドです。セラミドとは細胞間脂質のことを言い、この成分によって水分子を逃さずにたっぷりと潤いをを与えることができます。

そして皮脂。皮脂はその名の通り皮膚の脂質ですので、お肌に潤いをもたらします。そして天然保湿因子です。これは尿素やアミノ酸などからできていることが多く、これもしっとり成分として肌の潤いにに働きます。

このような嬉しい成分がきちんと配合されたものがたよりになる保湿化粧品です。肌荒れでお悩みの方で、まだお使いでない方は是非一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

人気の保湿化粧品を紹介!

それでは、人気トップ3のおすすめ保湿化粧品を詳しく紹介していきましょう。

ビーグレンの「乾燥・保湿ケア」セット

ビーグレン 乾燥ケア

ビーグレンの最大の魅力は「浸透力」です。

どんなに良い成分のコスメでも肌表面にとどまったままなら意味はありません。肌の深層部まで浸透させる技術が、ビーグレンの売りです。

天然クレイ洗顔料・QuSome化粧水・ビタミンC美容液、保湿クリームの4ステップで加齢や乾燥などが原因のシワにアプローチして鏡をみるのが楽しみな肌に導きます。

ではまず洗顔料「クレイウォッシュ」から。微粒子の天然クレイが汚れや古い角質を引き寄せる「吸着洗顔料」は、必要な皮脂を取りすぎることなく、しっとりした肌に洗い上げます。

続いて化粧水「10-YBローション」。浸透テクノロジー「QuSome」により、角層の奥まで潤い成分が浸透します。ターンオーバーのサイクルが整うことで、肌のバリア機能も上がります。

次はビタミンC美容液「Cセラム」。通常のコスメだと、浸透しにくいので「ビタミンC誘導体」という成分にしてあることが多いようですが、ビーグレンの浸透技術は「高濃度のピュアビタミンC」のままお肌にたっぷり与えることができるそう。

本当に「浸透力」には驚かされます。肌に乗せた瞬間スっと染み込んでいってサラっとした肌ざわりになります。

しわの原因は乾燥。ただ肌表面を保湿してもダメなのだとか。肝心の肌そのものの「保水力」と高めるのが大事なのだそうです。

最後のステップはクリーム「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」。角層の奥まで浸透し、内側から押し返すようなハリのある肌へ導きます。バリア機能も高まります。

4つのアイテム全て無香料なのですこし成分の香りがしますが、使っていて気になる程ではありません。

でもちょっと思ったのが「トライアルセットの量が少ない」という点です。現品が高いから仕方ないのかもしれませんが、本当に「1週間程度、ちょっと試すだけ」という印象です。もう少し量が多かったらもっと嬉しかったかもしれないですね。

でも美容液・クリーム・ゲル・・・とアイテムを重ねていくごとに肌がより柔らかくキメが整ってくるのがわかります。年齢肌やシワに悩んでいる方には特にオススメです。

お得なトライアルセットを試してみるだけでも価値はあると思いますよ!

アスタリフト「ベーシックトライアルキット」

アスタリフト トライアルセット

写真フィルムはコラーゲンから出来ている、紫外線による色あせなどのダメージから写真を守る技術はそのまま肌のコラーゲンを守る技術につながる!・・・とのことで富士フイルムのアスタリフトが人気です。

注目すべきは「天然アスタキサンチン」というコエンザイムQ10の1000倍もの美容パワー。成分をナノ化して更に結合を防ぐことで肌の奥深くまで浸透させてもっちり、ハリ肌を導きます。
実際に私も使ってみました。アスタリフトのラインナップは次に使うものの浸透を高めるという働きがあるとのこと。確かに、クレンジングも洗顔料も潤いは保ちながらスッキリ洗い上げてくれて、ローションの浸透がすごく良く感じられました。

ローションは少しトロみがあって肌によく馴染んで、肌がとても柔らかくなるみたいです。

美容液エッセンスディスティニーも肌なじみがよく伸びもいいです。トマトリコピンとアスタキサンチン、浸透型レスベラトロールやエラスチンなどなど美容成分高配合!かなり頼れる美容液です。浸透後の肌はスルスルしてベタつきません。

クリームは少し重た目です。これまで与えてきた水分をしっかりフタして守ってくれそう。伸びもいいので軽くマッサージやリフティングなどして仕上げます。しっとり感はかなり感じられますが肌表面のベタつきはしっかり浸透させるとほとんど気になりません。

全てのアイテムで言えることですが、ローズのさりげない香りがとても素敵です。この上質な香りに包まれると、自然に肌をいたわるように丁寧なスキンケアができるようになったと思います。次から次と急いでスキンケアを終わらせないでよく浸透させる、ハンドプッシュやリフティングアクションをする・・・というように。

jelly

また、松田聖子さんの素敵なCMで評判の「ジェリーアクアリスタ」、こちらもおすすめです。

「肌が食べるジェリー」ということで気になっている方も多いのではないでしょうか?

こちらは洗顔後スグに肌にのせるもの。肌に真っ先にセラミドを補給することでその後に使う化粧水などの水分や美容成分をより肌に取り入れやすくする働きがあるのだそうです。

顔に点付けして優しくなじませてみます。体温でとろけてじっくりと浸透していきます。こちらもハンドプッシュすることでより肌がもっちり。ローションの浸透も良く、肌が吸い込むように入っていきます。ハリ肌トライアルで試せます。

エイジングケアとしても大人気のアスタリフトのトライアル、肌の潤いが飛躍的に上がったと実感できるものでした。エイジングケアしたい方はもちろん、しっかりめの保湿コスメを望んでいる方は試してみる価値はあると思いますよ!

アテニア「プリマモイスト」

表面だけ、つけた瞬間だけ潤うのは普通。アテニアは肌の深くから潤いそれが長く続く肌をめざす「アクティブ保湿」でツヤとキメをアップさせてくれると評判です。

毎日使う化粧品だからこそ「肌に優しいつくりのもの」「惜しみなくたっぷり使える価格」というこだわりがあり、高品質なのに低価格というのも魅力とのことですが、値段は実際安いけど、効果の方はどうなのでしょう?さっそく体験してみたいと思います。

attenir

まずは洗顔。弱酸性アミノ酸系洗浄成分で汚れだけを落としながら肌のバリアはキープ、1/3以上が保湿成分でできた泡なので洗った後も、しっとりとした潤いが続きます・・ ・と公式にでていましたが、確かに泡立ちは良い。

ネットを使うとこんもりふわっふわの泡ができました!洗い上がりもスベスベです。潤いキープということはさっぱりとした洗い上がりではないということで、こんなものだと思います。

化粧水はサラサラで肌に気持ち良く染み込んできます。特徴は強いてありませんが、とても使いやすい。潤い補給はちゃんとできていますね。

attenir-1

化粧水の後は昼は写真の乳液、夜はナイトコンセントレートクリームという流れになります。

乳液は「ライチエキス」が乾燥による肌荒れをケアするとのこと。しっとりタイプですがけっこうすっきりした使い心地です。なめらかで気持ち良く保湿してくれてイヤなベタつきもなかったのはよかったですね。

実際に使ってみても使い心地は悪くありません。ジェルとかクリームのクレンジングは確かに肌に優しいけどちゃんと落とし切れていないときがありますよね。アテニアのクレンジングなら洗い上がりもまあいいかんじだし、ちゃんと落とせているという実感はありましたよ。

すごい宣伝されているアテニアですが、買って損はないというイメージです。気になっている方はまずは肌あれしないかどうかをトライアルで試してみてはいかがでしょうか。

 

2015/11/9 (月) • 乾燥ケア・保湿



Comments are closed.