洗顔からパック、リップケアまで!はちみつを使ったスキンケアの方法6選

毎日のスキンケアにひと工夫するだけで、だれもがスッピン美人になれます。
その方法の一つは、はちみつの力を借りることです。

はちみつは、ミツバチがもたらしてくれる天然の美容液です。
クレオパトラも愛用していたと言われるはちみつ。現代を生きる私たちも、
食べられる美容液を使って美しくなりましょう。

honey1

はちみつの美肌効果とは?

高い保湿力を持つはちみつは、肌の乾燥や荒れを防ぐ効果があります。
その上、肌に潤いのベールを作り、長時間潤いを保ってくれます。
ビタミンCが豊富に含まれているはちみつは、メラニンの発生を抑え、美白効果がある上、シミやシワを防ぐ働きもあります。

季節の変わり目は、肌も不安定な状態になりがちです。
まずは即効性のあるはちみつラップパックで、肌のリセットに挑戦しませんか?
その後、はちみつの効果を実感できたなら日々のスキンケアに、はちみつを取り入れてみましょう。

ガサガサ肌もしっとり潤う! はちみつパックの方法

facepack

1. 無添加のラップを頬、あご、おでこ、鼻と切り分けておきます。
2. 髪の毛にはちみつがつかないようにまとめておきます。
3. はちみつを顔全体にのばし、ラップを貼って30分キープします。
4. 30分後、洗い流し、手持ちの化粧水と乳液で肌を調えます。

*無添加ラップとは焼却してもダイオキシンや塩化水素などを含まないラップのことです。
尚、アレルギー体質の方はまれに肌が赤くなったりすることも考えられますので、顔にパックをする前に腕などにはちみつを塗り、様子を見てから行うようにしましょう。

はちみつでセルフケア

蜂蜜を使ったセルフケアの方法をご紹介します。

化粧水

手持ちの化粧水にはちみつを1滴混ぜて使うと保湿効果が上がります。

洗顔フォーム

手持ちの石鹸や洗顔フォームにハチミツを1滴プラスすると、洗い上がりがしっとりします。

はちみつパック

直接肌に塗ってしばらくおき、洗い流すとしっとりする上に
透明感が増します。

はちみつリップクリーム

lips1

はちみつを唇に塗って、しばらくラップをかけておく
と荒れた唇もプルプルになります。

ボディマッサージ

はちみつ+塩&はちみつ+砂糖でツルツル肌になれます。
入浴時に、はちみつに塩を混ぜてひじやひざ、かかとをこすると塩がスクラブ代わりとなって角質をとり除くことができます。

また、はちみつに砂糖を混ぜて軽くボディマッサージをすると、砂糖のアミノ酸効果も加わり、肌がしっとりとします。塩と砂糖は分子上、塩は尖っており、砂糖は丸いので、肌のためには使い分けるのが良いでしょう。

はちみつの選び方

今話題のマヌカハニーとはマヌカというハーブの花みつを集めたものです。
このようにひとつの花から採ったはちみつを単花蜜と言い、たくさんの花から
集めたはちみつを百花蜜 と言いますが、単花蜜の方が成分が統一されていて
殺菌力や修復作用が強いと言われています。

また、はちみつを選ぶ際には、非加熱と表示のある商品を選ぶようにしましょう。
はちみつに含まれる栄養素は熱に弱いので、加熱すると栄養のほとんどが失われてしまいます。非加熱の純粋はちみつを選ぶようにしましょう。

*一歳未満の赤ちゃんには、はちみつを与えないようにしましょう。
1987年、当時の厚生省が「赤ちゃんにはちみつを与えると危険である」と発表しています。
その理由は、はちみつにはボツリヌス菌が含まれている場合があるからです。
しかし、この菌は1歳以上になると体内では繁殖することはありません。

はちみつは食べてよし、塗ってよしと、思った以上に優れものです。
はちみつは、厚生労働省の日本薬局方で医薬品(生薬)として認められています。

品質の良い商品を求め、日々の生活の中で美容と健康に、おおいに役立てましょう。

2015/11/9 (月) • スキンケア, 乾燥ケア・保湿



Comments are closed.