顔のシミ消すセルフケアまとめ!【自宅でできる方法は?】

日々の暮らしに追われて肌や髪の手入れを怠っていると、どんどん老化が進んでいきます。特に顔のシミは見た目年齢をあげてしまいます。

今すぐできる簡単な方法でセルフケアをおこない、シミのない若々しい肌を取り戻しましょう。

シミの原因とは?

シミは紫外線によるものが多いことはよく知られており、年中日焼け止めクリームを塗り、日傘や手袋を使用して紫外線対策をされている方も見受けられます。

確かに紫外線を多量に浴びると体内に活性酸素が発生し、シミを増やす原因となります。しかし、活性酸素を増やす要因は他にもあります。ハードな運動や食品添加物の取り過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、喫煙、それに意外にも人間関係によるストレスもシミの原因となるようです。

物理的には、ゴシゴシと顔を洗ったり、ほおづえをついたりする習慣や顔の一部を無意識にさわる癖などもシミの原因となります。

メラニンを排出するには?

シミはメラニン色素が固まってできています。適度な刺激を与えメラニンを老廃物と一緒に体外に出してしまいましょう。

氷を使った美白方法

入浴の際に小ビンに氷を入れて持って入り、気になるシミの部分にあて軽く転がします。ホットタオルと交互におこなえば肌の新陳代謝が良くなります。温冷ケアを行うことで、メラニンの排出を促します。

米ヌカを使った美白方法

昔ながらの米ヌカを使った美容法は美白効果が期待できます。
精米するときに出るヌカには、セラミドとコウジ酸がたっぷり含まれています。セラミドは肌の潤いには欠かせない成分です。一方コウジ酸はシミの原因となるメラニンができるのを防ぐ作用があります。

1. コメのとぎ汁で部分パックをしてみましょう:
米をとぐときに一番めのとぎ汁 はゴミなどを取り除くために流し二番目をボールなどに取ります。底にたまった沈殿物のヌカを気になるシミの部分にぬり、ラップを貼っておきます。しばらく置いてから洗い流します。

2. ヌカ袋を作ってみましょう:
さらし木綿で小さい袋を縫い、ヌカを詰めて口を輪ゴムでしっかり止めます。ヌカ袋をお湯に浸して優しく顔や体を洗います。

シミを防いでくれる食品

ビタミンの豊富な食材

美白に有効な食品といえばビタミンCを多く含む野菜や果物をイメージしますが、美白にはビタミンAやEも必要です。ブロッコリーはビタミンA、C、Eを含む優秀野菜です。また、ピーマンもAやCが豊富なので食事に取り入れるようにしましょう。

赤い食べ物

赤い食べ物はシミの強い味方です。サケやカニ、エビ、筋子などの赤い成分、アスタキサンチンは化粧品にも使われています。

抗酸化作用

抗酸化作用のある食材をふだんから食べておくと紫外線対策になります。
ニンジン、カボチャ、トマト、キャベツ、アボカド、バナナ、ニンニク、ショウガ、大豆、
緑茶などや、ベリー類、またアーモンドなどのナッツ類に抗酸化作用があります。

*その他にも、免疫力をあげるマイタケやシメジ、シイタケなどのキノコ類、肌トラブルを防いでくれるミネラルを含む海草類などもシミ対策に効果的です。

まとめ

健康的で美しい肌は、血液が血管の中をスムーズに流れているかどうかで決まります。

規則正しい生活習慣と、バランスのとれた食事、適度な運動などが長い目で見れば美しい肌を作ることになります。コツコツと努力してより美しくなりましょう。

2015/11/12 (木) • シミケア



Comments are closed.