保湿化粧水選び方まとめ!【乾燥肌に効くおすすめ成分は?】

気温の変化の他、紫外線や心理ストレス等、肌は一年中ダメージを受けています。夏の日差しや冬の木枯らしにあっても、顔だけは肌を出したままです。

過酷な環境でも乾燥肌につけてあげられるのは、「化粧品」しかありません。
そこで肌質に最適な化粧品を選び、肌をいたわることが大切になってきます。

この記事では、「保湿ケア」に有効な成分や商品選びの賢いコツを、わかりやすくご紹介します。カサカサ肌をうるうる肌にするために、ぜひチェックしてくださいね。

乾燥肌とはバリア機能の乱れた状態

健康な肌は表皮の角質層が、なめらかです。細胞と細胞間脂質(セラミドなど)、天然保湿因子 “NMF” が肌を保護しています。
皮脂膜と合わせ、これらをバリア機能といいます。

moisture2

(健康な皮膚の断面図)

このバリア機能が低下すると、「乾燥肌」になります。角質細胞が所々めくれて、水分が蒸発しカサついてしまうのです。

紫外線やチリ花粉など様々な外因が入り込むと、肌ダメージを受けます。放っておくと、痒み、赤み、痛みなど肌トラブルが発生し、掻くことで悪化します。

またpHがアルカリ性に傾き、ひび割れから細菌などが侵入し繁殖するため、湿疹が出てきます。

深刻化すると皮膚科での治療が必要になってくるのです。「たかが乾燥」と放置せず、早めに保湿ケアを心がけましょう。

選び方ポイント1~ “肌と同じ有効成分” を補給する

moisture3

肌に潤いを求めて、コスメショップに行くと、多くの化粧品が並んでいます。
乾燥肌で悩む方にとって、基礎化粧品を選ぶ上で、一番簡単なのは、肌と同じ成分を補給することです。

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといった成分は、もともと肌内部にあります。それらが失われて乾燥しているわけですから、補うことが「潤い肌への近道」なのです。

最重要!~角質保護バリア成分【セラミド】をチャージ

セラミドは、角層で高い濃度で存在する“潤いの要”です。肌の表面に潤いが不足すると、キメが荒れ「粉ふき肌」になります。

ファンデーションのノリが悪くなってくるのも、辛いですね。

大事なのは角質層に潤いが浸透すること。ずばり、セラミドのチャージです。

セラミドの種類

moisture4

セラミドには、

・酵母を使った「ヒト型セラミド」
・小麦胚芽や米ぬか、豆由来の「植物性セラミド」
・馬など動物性由来の「天然セラミド」
・石油原料を化学合成した「合成セラミド」
・牛乳由来の「ミルクセラミド」

等があります。

中でも「ヒト型セラミド」は、肌内部のセラミドと化学構造が同等で、吸収されやすくおススメです。

また、自然派志向の方は、植物性もいいでしょう。「ライスパワーNO.11」はセラミドを生成するそうです。

セラミドは水分に溶けないので、テクスチャーにとろみのあるものを選びましょう。“セラミド”配合を使用することで、肌に高い保湿力を維持できます。

真皮層も元気に~肌の三大成分もチャージ

セラミドの他に、配合されていると肌にうれしい成分があります。

コラーゲン
ヒアルロン酸
エラスチン

です。

角質層の下にある、肌の土台「真皮」に存在します。ハリ、水分、弾力を司る大事な成分です。

真皮層の潤いが減少すると、シワ、シミ、たるみの速度が速まって老化してしまいます。

土台に栄養を補給することで、新陳代謝もスムーズになり、健康的な肌に導きます。

選び方ポイント2~浸透力&配合量をチェック

有効成分を知ったら、次はいかに肌の深部まで、効率よく届けるかがカギになります。

粒子のサイズにこだわっているかチェック

moisture5

肌に良い成分でも、分子が大きく浸透しない場合があります。

表皮細胞の隙間は、15~50ナノメートルです。それよりも小さな低分子であれば、肌の深部に届きますね。

「ナノサイズ」にこだわっているか、「高浸透」と表記されているか等をぜひチェックしてみてください。

配合量もみてみましょう

せっかく成分を調べて購入しても、配合量が少ないと効果は期待できません。
「美容成分○○%」などを選びましょう。

また「医薬部外品」「薬用」は、「化粧品」よりもさらに肌深部に届くことを表しています。

国の基準により、成分と容量が定められているので信用できます。

「プレ化粧水」を使って、浸透力UP

乾燥肌が酷い時は、沁みるといった刺激を感じることもあります。そんな時は「プレ化粧水」を使ってみましょう。

化粧品を浸透しやすくするローションです。ミスト状のものが肌全体にいきわたり、使いやすいです。

選び方ポイント3~必要なケアライン

moisture6

最低限用意したいのが、洗顔料、クレンジング、化粧水、乳液です。
さらにプラスすると良いのが、美容液とクリームです。

水分量の少ないタイプの乾燥肌の方は“美容液”を、脂分量の少ないタイプの乾燥肌の方は“クリーム”を選ぶといいでしょう。

また乾燥肌の方にとって、オイルなど刺激の強いものはNGです。合成界面活性剤不使用、無着色、無鉱物、無香料など肌に穏やかなものが基本となります。

+αの肌再生成分はこれ!

最後に、年齢的な乾燥肌の方におススメの+α成分をご紹介しますね。

人の体内で、細胞増殖を活気づける成分があります。ノーベル賞受賞成分“EGF”は、肌の細胞を活性化し新陳代謝を高めます。
また“”IGF-2”はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増す働きがあります。

“ヒトオリゴペプチド”という表記があれば、細胞を育成する商品となります。30代~使っていると、潤いのある健やかな肌が育ちます。

日焼けによる乾燥には、抗酸化作用の優れた“フラーレン”をプラスしましょう。

まとめ

乾燥肌の方におススメの化粧品の選び方、いかがでしたか。
究極ポイントはこの二つです。

1. セラミドなど、肌と同じ成分をとにかく補給
2. 粒子の大きさ、配合量をチェックし浸透させる

シンプルで覚えやすく、効果の高い方法です。商品のラベルや説明書で有効成分をチェックしてから、購入すれば間違いなしです。

乾燥肌の悩みを解決し、潤いとハリのあるつや肌を手に入れましょう。

2015/11/25 (水) • 乾燥ケア・保湿



Comments are closed.