顔のたるみを消す方法と原因は?【化粧品どれが効く?】

女性はいくつになっても「美しくありたい」と願うものです。内面も、もちろんですが、外見の良さを褒めてもらえるのも、嬉しいものです。その分、女性は外見へのケアにも力を入れているのです。最も良く話題に挙がるのが、「顔のケア」です。赤ちゃんを目の前にすると、その頬を触りたくなってしまうほど、そのプルプル感に羨ましい気持ちでいっぱいになります。

そんな多くの女性の悩むものの中で、「たるみ」が話題に挙がることが多いです。

skincare1

私もある日、ふと気が付いた時に「たるみ」に気が付き、ショックと焦りに襲われた人の中の一人です。

友達に打ち明けたところ、同じように悩んでいたという友達も多く、様々な改善方法を教えていただきました。その中で、いつでもプルプルの張りのあるお肌をしている友達から教えてもらった方法を試したところ、素晴らし過ぎる効果があったのです。

この世の中に私のように、たるみを解消させて幸せに満たされる方を増やす為にも、たるみを改善させる究極の方法について、こっそりご紹介させていただきます。

たるみの原因とは?

moisture2

まず、たるみを改善させる上で、その「たるみ」となってしまう原因を追求しなくてはなりません。私は、ニキビ治療で皮膚科に行っていたことがあったので、先生に「たるみ」の原因について聞いてみたことがあります。

人間の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織と3つの組織から出来ています。
その中の表皮という部分は、私達が普段目にしている皮膚の部分のことを言います。
その下に、真皮の層と皮下組織の層があります。
この真皮層と皮下組織層が、表皮を支えているのです。

そもそもの、この真皮層と皮下組織層が弱ってしまうことで、たるみが生じてきてしまいます。この組織が、肌の中枢部分と言って過言ではない程、重要なのです。

この部分は、非常に繊細な部分の為、様々な影響を受けやすいとも言えます。
たるみは、加齢の影響だと思われがちですが、一概にそうとも言えないのです。

紫外線や、喫煙、不規則な生活、栄養不足、ストレス、骨粗鬆症性による頭蓋骨の老化なども、たるみの原因となります。
たるみの原因は老化だけではなく、様々な部分から生まれてしまうのです。

肌のたるみ防止の為のスキンケアは?

moisture3

まずはスキンケアについても見直しをしました。その時に、注目したものが「フルボ酸」です。

フルボ酸は、土壌や天然水中に多く分布しており、太古の昔から動植物達が命を終えてから蓄積され分解・発酵を繰り返してできた自然が生み出したミネラルなどを含んだ有機物のことを言います。

フルボ酸の効果としては、ビタミンやミネラルなど、身体に必要な栄養素を吸収しやすくしてくれる上、老化を促進する活性酸素や、身体に有害な物質を排除してくれる力を持っています。

いろんなフルボ酸のスキンケア商品が出ているのですが、経営理念や他取り扱い商品などを見て、私が選んだのがジュポン化粧品の「エフモアファインミスト」です。

この会社は、自然をテーマにした企業で元々、私が使っているファンデーションもこのジュポン化粧品のものでした。結構、肌が弱い私が使っても肌もあれない上、モンドセレクション受賞の皮膚呼吸を妨げないファンデーションを自社工場で作っているとのことでした。

その為、このエフモアファインミストも自社で製造しており、とても信頼できたからです。
この商品ですが、ミスト状でメイク前でもメイク後でもどちらでも使用可能でした。

やり方としては、下から上へ撫でるように抑えながら付けるというものでした。
手軽なのに、口角もキュッと上がり、笑顔が得意になったのです。
この他にも、オススメスキンケアがありますが、お肌に合う合わない、ありますので、試してみてください。

ちなみに、たるみ知らずのお肌の友達は、特許浸透技術を使ったビーグレンのスキンケアを愛用していました。こちらは、毛穴対策において優れているので、結果的にたるみ対策に繋がっているようです。

たるみを防止する意外な食べ物は?

fruits1

規則正しい生活を送ることが、最も重要な部分となってきますが、老化も出来る限り、おさえて、毎朝「たるみ知らずな肌」で鏡と向き合いたいですよね。
その為に、いつでも張りのあるお肌をしている友達が食べている食べ物に注目しました。

彼女は、キウイフルーツと鮭が大好きで週に3回は食べているとのことでした。
元々はテレビで、この2種類が肌の弾力をアップしてくれると見て、食べはじめたそうなのですが、いろんな食べ方を考えていたところ、大好きになり結果週に3回は食べる程の好物になったそうです。

実は、鮭はタンパク質キウイフルーツはビタミンC摂取に最も最適な食べ物なのですね。それを聞いて、私ももちろん、その日の夜からチャレンジしてみました。肌のシンデレラタイムは夜の22時から2時の間に寝ることとよく聞くだけあって、お肌の修復は主に夜、行われます。だからこそ、夜、食べることにしたのです。鮭とキウイフルーツ生活を始めてから、1週間程で朝の化粧ノリが良いことに気が付き始めました。

くすみなども目立たなく、目の下のクマも消えたことで、肌がワントーン程明るくなった気がしました。久々に会った友達からも、「あれ?なんか肌、明るくなった?」と言われたので、「これは、キウイフルーツと鮭の効果だ」と実感し、より自分の肌に自信を持てるようになってきました。
人間は食があってこその身体です。

だからこそ、食にはこだわりたいですね。バランス良く、栄養を摂取する為にも「食べる」という行為に興味を持って、楽しく食べることが大事だと思われます。

顔のたるみ対策のまとめ

1. 規則正しい生活をするように心掛ける
2. キウイフルーツと鮭は、たるみ解消の救世主
3. フルボ酸配合のスキンケア用品は要チェック

顔のたるみは、美の大敵です。
毎朝、たるみ知らずのお肌で、鏡と向き合う毎日を過ごしたいと思いますよね。
食べ物や普段のお手入れの際にちょっとだけ工夫をするだけで、お肌は変わります。
是非、たるみナシになるお肌の質感を皆さんも実感してみてください。

2015/11/27 (金) • スキンケア



Comments are closed.