背中ニキビ治療方法いろいろ紹介!【皮膚科・化粧品・レーザー…】

なるべく早く、そして綺麗に治したい背中のニキビ。今回は、背中ニキビのいろいろな治療方法を、メリット・デメリットとともに説明していきます。あなたに合ったベストな治療方法を見つけてください!

↓↓↓ニキビケア商品の人気ランキングはこちら!↓↓↓

背中ニキビはどうやって治すの?

thinking

背中ニキビを治すというとすぐに皮膚科に通院・・・と思うかもしれませんが、自分でできる努力があるので、まずはそちらからお話をしていきたいと思います。

清潔にする

自分でできるケアは、まず大前提として『皮膚を清潔にする』ところが基本となります。。

ニキビの原因が毛穴に詰まった皮脂を元としたアクネ菌の増殖によるものなのですから、まずは原因となる毛穴の詰まりを解消していかなければなりませんよね。

強く刺激しない

ただ清潔にしなければいけないからと言って背中をやみくもにゴシゴシ洗うのはいけません。特に背中ニキビは過剰に刺激を与えてしまうことでさらに炎症を引き起こしてしまうので丁寧に、且つやさしく洗ってあげなくてはいけないのです。

ということを踏まえると、ナイロンで出来たボディタオルは避けるのがベスト。先ほども言ったように強い刺激はニキビをさらに悪化させてしまうもとにもなるので、清潔な綿のタオルや柔らかなスポンジなどを使うのがオススメなのです。

乾燥を避ける

また使用するボディシャンプーや石鹸もなるべくなら洗浄力の強すぎないものを選ぶようにしましょう。洗浄力が強すぎると汚れだけではなく肌に必要な潤い分まで根こそぎ取り去り、結果乾燥肌を引き起こしてしまうことになります。

乾燥した肌は自身の肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌させます。つまり清潔にするためのボディシャンプーがさらに皮脂分泌を促してしまうこととなってしまうのです。背中ニキビのケアはゴシゴシ力を入れて洗うのではなく、丁寧に洗い残しがないよう洗っていくことが大切なポイント。

さらには清潔した肌にはニキビケア専用の化粧水などでたっぷりと水分を補給してあげることも忘れずに行っておきましょう。ニキビ専用の化粧水には収れん効果があるものが多く、毛穴をキュッと引き締め、さらに皮脂脂分泌も抑えられるので背中ニキビケアとして特に効果的だと言えますよ。

日常のケアではもう満足できない・・という方には、治療法のページでエステや病院に関する記述を設けていますのでそちらも参考にしてみて下さいね。

背中ニキビの治療法あれこれ

backesthe

治療法としては皮膚科を受診し、ケミカルピーリングやレーザー治療することで緩和することができますし、またケミカルピーリングはエステや美容外科などでも施術してもらうことができます。さらに病院やエステにまで行かなくてもピーリング石けんなどを使って自宅でケアすることも可能です。

背中ニキビをケアするうえで一番大切なのは、とにかく跡を残さないようにすること。 そのためにも自分に合った治療法を探し継続して続けられるもの を見つけることが大切だと言えるでしょう。

ケミカルピーリング

フルーツ酸などを利用して古い角質や毛穴の詰まりを取り除くことでお肌のターンオーバーを促しニキビの治療を行っていきます。

レーザー治療

レーザーの種類によってニキビの元となるアクネ菌の殺菌することができ、さらに炎症を抑えニキビを治療していきます。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは光をもちいた施術方法。美容外科のほかエステなどでも受けることができます。同じ光を使う治療でもレーザーよりもマイルドで痛みもほとんどなく、ニキビの原因となるアクネ菌にのみを攻撃することもOK。肌にとってのダメージは全くありません。

ニキビケア化粧品

ニキビの発生を抑える殺菌効果のある成分や保湿成分が配合することでニキビを改善しながらも乾燥肌からもしっかりとお肌を守っていきます。

背中ニキビは初期のニキビがポツポツと少しくらいあるくらいならともかく、背中一面に真っ赤な炎症ニキビが出来てしまっては見た目にも良くありませんよね。 また気になるあまりやたらといじってしまったり、また爪でひっかいて傷をつけてしまうことでさらに悪化を招き、跡になってしまうことも少なくありません。

背中ニキビは顔のニキビに比べると比較的治りやすいものなのですが、逆に跡としても残りやすいのでできるだけ早期のうちに治療しておくことが大切。

まずはニキビケアコスメで自分でケアをしてみて、それでも気になるようなら上記のような治療方法を選択してみる方が多いようです。一時的に治ってもまた繰り返すといけません。安易に治療に走るより、その原因と自力での対策をしっかり実践してみてからでも遅くありませんからね。自分のニキビの症状や状態などで良く検討してみると良いのではないでしょうか。

皮膚科で治療という選択

doctor

背中ニキビもひどい場合だと皮膚科などで治療しないといけない場合もあります。多くの方が「ニキビなんて放っておけば勝手に治る!!」と思われているかもしれませんが、そうでない場合もあるのですね。

特に背中ニキビは顔にできるニキビに比べて基本的には治りやすいと言われているのですが、同時に跡として残りやすいニキビでもあるのです。では病院で治療が必要な背中ニキビのレベルとは一体どれくらいのものなのでしょうか。

まず背中ニキビと一言で言っても様々なレベルがあります。ポツポツと4~5個白い初期ニキビが出来ているレベルのものから、背中から腰当たりまで一面にニキビが出来てしまっていて、さらにそのニキビが炎症を起こしていたり、出血を伴っている場合では緊急性が大きく違います。

特に炎症を起こしていたり、出血を伴うようなニキビは跡として残りやすく放っておいてもひどくなるばかりでなかなか完治しません。このような場合には思い切って皮膚科での治療がオススメなのですね。

また背中ニキビも出来やすいできにくいには体質があり、治っても、治っても繰り返すようなしつこい背中ニキビには皮膚科の治療が必要となるのです。

ケミカルピーリング

皮膚科で行う背中ニキビの治療で一番多いのがケミカルピーリングです。

ケミカルピーリングはフルーツ酸などの薬剤を使って肌の古い角質や毛穴の詰まりを強制的に取り除き、理想的なターンオーバーのサイクルを取り戻していく作用があります。さらにピーリング剤による優れた殺菌作用でニキビの原因でもあるアクネ菌もしっかりと退治し肌を根本から改善してくれる働きがあるのです。

また皮膚科によってはピーリングの他にも抗生剤やビタミン剤を処方されたり、レーザー治療などを取り入れているところもあるので、それぞれに大きな効果が期待できるでしょう。

↓↓↓ニキビケア商品の人気ランキングはこちら!↓↓↓

2015/12/21 (月) • ニキビケア



Comments are closed.