フェイスパウダーの効果的な使い方は?【夜まで崩れない】

フェイスパウダーは、上手に正しく使えば、化粧崩れを防止し、皮脂吸着作用によってキメ細かい美肌へと仕上げてくれます。

ですが、使い方を間違えるとかえって化粧崩れに繋がってしまうことも。正しい使い方を学んで、美しくメイクをしていきましょう。

フェイスパウダーの正しい使い方とは?

powder

フェイスパウダーの使い方を知っていますか?

メイクの仕上げ的な存在のフェイスパウダーですが、ただ仕上げに付ければ良いというわけではありません。

パウダーの付け方が間違っていると、顔が白浮きしてしまったりせっかくのメイクが台無しになってしまうこともあります。

パウダーを上手に、また機能をしっかりと際立たせるためにも、フェイスパウダーの使い方をもう一度勉強されてみてはいかがでしょうか。

基本的にフェイスパウダーには専用のパフなどが付いていますよね。専用のパフを見てみるとわかると思いますが、ファンデーションをつけるパフとは違い、ふわふわとしていて柔らかい事がわかると思います。

そのため、パウダーは必ず専用のものを使う事、また汚れていたらキレイに手洗いをして清潔な状態を保つようにしましょう。パフが汚いと、粉のノリが悪くなってしまいますので、こまめにチェックする癖をつけておきましょう。

また、フェイスパウダーは頬からつけるのが基本です。頬に乗せたフェイスパウダーをしっかりと伸ばし、鼻から外側にかけて優しくポンポンと乗せていきます。顔全体にフェイスパウダーをつけることができたら、ブラシなどで余分についたものを払い落しましょう。

ここが一番のポイントだと言っても過言ではないくらい、余分な粉を落とす作業は大切です。顔全体になじませ、パウダーがしっかりと付いたら完了です。

どうやって素早くなじませる?

makeup

フェイスパウダーはメイクの仕上げですよね。

より一層メイクをきれいに見せてくれるフェイスパウダーですが、実はつけてすぐお肌になじむわけではありません。

徐々に馴染んでいくものなので、付けたばかりは少し粉っぽさが残ってしまうこともあります。

粉っぽさが残っている場合はブラシなどで払ってあげるといいのですが、もっと素早くフェイスパウダーをお肌になじませる事ができる方法がある事をご存知でしょうか?

フェイスパウダーを時間をかけずにお肌になじませるには、まずパウダーをパフに少し取りパフをしっかり揉みます。フェイスパウダーがパフに馴染んだのが確認できたら、お肌につけてみましょう。これだけで余分なパウダーが付きませんので、すっとお肌になじむようになります。

それでも何となく白っぽさがあるようなら、手のひらで顔を押さえてみましょう。手の体温を使うことによって、より早くなじませることができます。

このように、フェイスパウダーはお肌の体温と混ざり徐々に馴染んでいくものですので、時間に余裕を持ってメイクをされる事をお勧めしますが、毎日余裕を持ってメイクができるわけではないと思います。

そんな時には、今ご紹介したような方法を使ってフェイスパウダーを素早く馴染ませていくといいでしょう。

専用のパフのみではなく、ブラシなどを使って余分な粉を払うことも忘れないようにしましょう。メイクの際にブラシがあると大変便利ですよ。

パウダーのカラー(色)について

mirror

フェイスパウダーは、各メーカーからいろいろなタイプのものが販売されていますよね。海外の商品も含めれば、数え切れないほどのフェイスパウダーが存在しています。

たくさんの種類があるということは、それだけたくさんのフェイスパウダーを使う事ができる事につながるわけです。

ですが、逆を言えばその中から自分に合ったものを見つけることが難しくなるという事でもあります。

また、同じフェイスパウダーでもカラーが違うものも多いですよね。

フェイスパウダーはメイクを華やかにしてくれるものですし、紫外線や外的な刺激からお肌を守ってくれる効果があります。

ですから、メイクの仕上げにパウダーを使用するに越したことはありませんが、フェイスパウダーにもいろいろなカラーがあって、どれをどのように選んでいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

カラーの選び方

たとえば、肌色タイプのフェイスパウダーは自分の肌をより綺麗に見せてくれる効果があります。ピンクや紫がかったフェイスパウダーは、透明感を出してくれる他にもちょっと違った自分を見出せる効果もあります。

そして、透明に近いフェイスパウダーは、ナチュラルな仕上がりになるという特徴を持っています。

つまり、同じメイクの仕上げとして使われるフェイスパウダーでも、カラーの違いによって最終的なメイクの仕上がりが変わってくるという事です。

ですので、その時々のシーンやメイクの仕方に合わせてフェイスパウダーも変えていくと、より一層メイクを楽しむことができますし、キレイに仕上げることができますね。

2015/12/23 (水) • メイクアップ



Comments are closed.