10代ニキビケアランキング!【おすすめ洗顔・化粧水どれ?】

10代のニキビケア、早く治したいですよね?おすすめの化粧品をご紹介しています。

大人のニキビとは原因も対策も違うので、大人ニキビ用とは違う、思春期ニキビに合った化粧品を使って、適切に素早く治していきましょう。

10代ニキビにおすすめの化粧品はコレ!

ファーストクラッシュ

first

これ1本で洗顔・保湿・トリートメントできる!
サリチル酸などニキビケア成分もしっかり!
@コスメそのほか洗顔料部門で1位獲得!
8つの天然植物成分でうるおいもバッチリ!
スクラブ剤フリーのクリーミージェルタイプ

buttonfirst

ファーストクラッシュを選んだ人の口コミ

プロアクティブとどっちにしようか迷って肌に優しそうなのでファーストクラッシュを買って見ました。泡立てない洗顔なので最初は使いにくかったけど、洗ったあと肌がツルツルになって気持ちいいです。にきびは予防効果が出ているような気がします。毎回毎回洗顔泡立てるのがめんどくさい人にはいいかも(笑)香りもいいです!

Non A (ノンエー)

nona

薬用ニキビ洗顔石鹸として人気!
無着色・無香料・無エタノール・無鉱物油
ローヤルゼリーなど保湿成分も豊富!
泡立ちが良くて肌を傷つけない!

buttonnona
Non.Aを選んだ人の口コミ

ニキビにずっと悩んでいて本当になんとかしたくて色々調べていたら@コスメなどの口コミがすごくよさそうなので1年前くらいにノンエーせっけん買ってからずっとリピしています。敏感気味の肌ですが荒れることもなく肌の調子もとてもいいです。大きくなりそうな赤っぽいニキビにもいいです。ノンエーは洗い上がりはサッパリめです。なので洗ったあとの保湿はすぐにするように気をつけています。背中ニキビができたときもコレで洗うとすごくいいです。もうちょっと石けんの値段が安かったら嬉しいのになと思います。リピするには1個千円くらいがちょうどいいのにな・・。

ビーグレン

bglennikibi

界面活性剤を使わないニキビ肌に優しい洗顔!
浸透テクノロジーを使って成分をしっかり肌に届ける!
送料・代引き手数料無料!
365日返金保証!

buttonbglen
ビーグレンを選んだ人の口コミ

おでこやほほ、アゴやフェイスラインなどその時々で顔全体にニキビができてしまう混合肌なのですが、ネットの口コミがよさそうなので気軽な気持ちでニキビケア商品のトライアルセットをいくつかお試ししてみたなかで一番よかったのでビーグレンでした。今はセールで買ってライン使いしています。

10代ニキビの原因は?【すぐ治す対策】

schoolgirl
10代にきびの原因は、ズバリ成長に伴うホルモン分泌が過剰に行われてしまうことです。

原因となる「過剰な皮脂分泌」は、男性ホルモンの働きによるものです。

ですが、男性ホルモンの分泌が少ないはずの女子でも、男性ホルモンとよく似た働きをする黄体ホルモンの分泌が活発になると、10代にきびができやすくなってしまいます。

ちなみに、女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があります。

胸の成長やツルツルの肌など、女性らしさを応援してくれるのは卵胞ホルモン、にきびの原因になってしまうのは黄体ホルモンと言われています。

10代にきびは、ホルモン分泌が盛んになり始める中学生ぐらいから発生し始める事が多く、大人の体を作る高校生あたりになる頃がピークになる事が多いようです。

しかし、最近では小学校高学年から吹き出物に悩む子供も少なくありませんし、大人の吹き出物の原因でもあるストレスが原因でできてしまう子供たちも増えているようです。あごやほほ、鼻やおでこなど顔だけでなく、汗をかくことの多い10代は背中ニキビもできやすくなっています。

10代の子供たちが抱えるストレスにも、受験勉強やプレッシャーなどによるストレスや友人関係によるストレスなど、大人と同じようにいろいろあります。また、受験勉強のために睡眠不足になってしまったり、食生活が欧米化して皮脂分泌が過剰になってしまう事が原因になることも少なくありません。

そう考えると、10代にきびと大人の吹き出物は、同じような原因によって発生すると言ってもいいかもしれませんね。

思春期ニキビの特徴

students

にきびが発生する原因は、体の皮脂分泌が過剰になることによって毛穴が詰まってしまう事です。

そのため、この毛穴の詰まりを改善してあげる事がニキビケアの最短な方法になります。早く治したいなら毛穴対策です。

皮脂分泌が盛んになってしまう事にもいろいろな原因がありますが、10代の場合には成長に伴うホルモン分泌が皮脂分泌を活性化しているのが共通する特徴です。

ニキビケアをどんなに頑張っても、ホルモン分泌がどんどん盛んになってしまう思春期には次から次へと新しいにきびができてしまうという特徴があります。

そんな成長に伴うホルモン分泌が原因となっている事が多い10代にきびは、ホルモン分泌が安定してくる年齢になれば自然に治まってくる事が多いようです。

しかし、10代でも悪化すれば炎症を起こしたり膿を持ったりしますし、ひどい場合にはにきび跡になる可能性もあるので、早期発見・早期治療を心がける事が必要になります。

10代の頃は新陳代謝が活発なので、規則正しい生活と最低でも7時間の睡眠時間を確保し、糖質と脂質をできるだけ避けたアッサリ系食生活を心がければ、ひどい場合でも数日でサッと引いていく事も珍しくありません。

また、精神的なストレスや悩みなどはできるだけ溜め込まないようにして、家族や友人に打ち明けて早期に解決していく事も10代のニキビケアには効果的です。

肌が自分で回復できる力を持っている10代のニキビケアは、できるだけ薬に頼らずに予防のための規則正しい生活習慣と食生活、そしてお手入れ方法を改善する事で治療するのがおすすめです。

皮膚科でのニキビ治療はどんなもの?

doctor

白ニキビ・赤ニキビ・跡になった黒にきび・・・繰り返す吹き出物に悩んでいませんか?

「思春期ニキビは仕方ないものだから」と、大量発生する10代ニキビを我慢しなければいけなかったのは過去の話。

最近では10代ニキビも大人ニキビも、ニキビはひどくなる前に皮膚科で治療をする人が増えています。

ただし、10代ニキビはホルモン分泌が活発になる事が原因で起きている事も多いため、皮膚科を受診してその時はすっきりと治療できても、ホルモン分泌が落ち着く年齢まではずっと再発しやすいものです。ニキビ跡になりやすく、繰り返す事もあるでしょう。

よって、専門家に診てもらうからと言って、10代ニキビと永久にサヨナラできると過度の期待をしないようにしましょう

皮膚科を受診して処方してもらえる薬は、炎症を起こしているニキビやニキビ跡に塗る抗生物質のクリームや内服薬、場合によってはニキビ菌を殺菌する薬などが一般的なようです。

ニキビがあまりにもひどい場合や、年齢によってはホルモンの分泌をコントロールする作用のある薬を処方してもらえる事もあるようです。

ですが、ホルモン分泌を抑制する事による副作用などは心配なので医師も安易には処方しませんし、治療を受ける側も最終的な治療方法として、できるだけ別の方法での治療を試みるようにしてくださいね。

10代ニキビの治療法の一つに、サリチル酸やグリコール酸などの薬品を使ったケミカルピーリングがあります。

新陳代謝が活発な思春期の子供にとっては、このケミカルピーリングは副作用も少ないニキビケア法のようですが、治療後にダウンタイムが発生したりするので、学校との兼ね合いも考えながら計画的に治療を受けるようにしましょう。

一番人気のニキビケアはこれ!ファーストクラッシュ

first

これ1本で洗顔・保湿・トリートメントできる!
サリチル酸などニキビケア成分もしっかり!
@コスメそのほか洗顔料部門で1位獲得!
8つの天然植物成分でうるおいもバッチリ!
スクラブ剤フリーのクリーミージェルタイプ

buttonfirst

2016/1/7 (木) • ニキビケア



Comments are closed.