しみ原因と早く消す方法は?【実は紫外線以外も要注意?】

顔のしみ消える?【原因をつぶして作らない!】

boushi

「顔のシミを消すにはいったいどうしたらいいの?」
「ちゃんと気をつけてるつもりなのに!」
「美白コスメつかってるのに消えないんだけど!」

美しい人は肌もきれいで白い人が多いですよね?

でもいつのまにかシミができちゃってる・・・という方多いのではないでしょうか?

このページではしみができる原因を知り対策を探るとともに積極的にケアするための方法を徹底検証!

簡単なのが皮膚科やエステでのレーザーでサクっと消す方法ですかね。あとフォトフェイシャルの他、シミ消しクリームも根強い人気です。

また「できたものを消す」よりも「そもそも作らない」のが一番ということで、新しいシミを発生させないためにも美白に優れた化粧品で毎日のスキンケアから輝く白肌を目指すのがやっぱり基本といわれています。

美白に関する知識を深めて一緒に透明感のある綺麗な素肌を目指してみましょう!

顔のシミの原因は?【意外な注意点も】

gn3165

やっぱり紫外線が一番ダメ!

皆さんご存知かと思いますが、しみが出来る一番の原因はやはり紫外線を浴びること。

日光を肌に浴びるとですね、量の紫外線が含まれているので、日光を浴びると一緒に紫外線も浴びているわけです。

そんなに外で活動してないよ?

という方も、通勤時だったり、洗濯物を干したり窓際でグリーンに水をやったり・・・といった何気ない時間の積み重ねでシミの元が蓄積されていたりするのですね。

日光を長時間浴びると日焼けで肌が黒くなるので、これはさすが気にをつけると思いますが、日常紫外線もやっかいなのです・・。

若くてシミなんて気にしないっ!!という年ごろだと海にいって意図的に肌を焼いたりしするかもしれませんし、レジャーでの日焼け止めを適当にしていることもあったりしますが、いいですか?後々になって後悔するので止めておいたほうがいいですよ、と年齢を重ねた私がご忠告しておきます(笑)

さて、日焼けをした後は、肌のターンオーバーによって肌が再生していくので元の色に戻ってきますが、30歳近くになって肌のターンオーバーが衰えてくると今までと同じ様に肌の色が戻る事はなく、しみという形で肌に残ってしまいます。

ターンオーバー、大事ですね。美肌にも大事ですが美白も、ターンオーバーを繰り返す事でシミを排出するので、はやり肌のコンディションを整えておくことって大事なのです!!

もうあきらめるしかないのか?『遺伝』

人によっては遺伝で出来やすい場合もあります。

これは親や代々の先祖がシミの出来やすい体質でそれを受け継いでいる場合ですね。例えばですけど、私のイトコの親子は母も娘も色白さんでソバカスがあって、すぐにシミができてしまうというタイプです。

元々の肌が白いしソバカスもキュートだと思うんですけど、長時間太陽を浴びると本当に真っ赤になりそばかすが濃くなって大きなシミ状態になるという悩みを抱えていました。そういえば運動会や体育祭の行事とその練習を彼女はとても憎んでいましたね・・。(遠い目)

彼女のような肌質ですと、少し紫外線が肌にあたっただけでも痕になってしまうので、人一倍そういった面でのスキンケアや日焼け止めによる予防を徹底しないといけません。

彼女も私も大人になり、もう体育祭の練習で太陽を浴びることはなくなりましたが、やはり肌質というものは変わらないようで、普段からそういった面でのシミ予防は徹底しているようです。

また、体質的にシミが出来やすいとスキンケアだけでは補えないのでビタミンを意識して摂るなど食生活にも気を付ける様にしているそうです。

もし遺伝的なシミソバカスで悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。少し意識する事で、出来やすい方でもシミを防ぐ事が出来ます。

実はホルモンでシミができることも・・

s5efsei

シミに悩む男性も最近では多いそうですね。でもこのホルモンが原因となるのは女性限定となります。

その理由は月経。排卵期から月経までの2週間にしみが出来やすくなっています。

皆さんの中にも、生理前だからニキビができたり、肌の調子が悪くなることを自覚されておられる人も多いのではないでしょうか?

これは、女性ホルモンの黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが乱れやすい時期なのです。

ですから排卵期から月経までの2週間の間は『普段のスキンケアにプラスして食生活や日常生活にも気を付ける』ということをおすすめします。

たとえば、仕事が忙しいからと言って食事をカップラーメンだけにしたり(やりがちですね)、夜更かししてお菓子をやスイーツを食べたりビールを飲んだり(至福です!)、・・・ということをちょっと控えめにするということです。

でもあまりガマンしすぎてストレスがたまるのもよくないので、食べるなら美容に良いものにしたり、「ほどほど」にするなど自制することが大事です(^^)

また、肝班の場合は、女性ホルモンの影響の代表といってもいいかもしれません。妊娠やピルの影響でできてしまうことも。加齢ももちろんですが、30代を過ぎてから50~60代までは肝班ができやすいといわれています。

もちろん肝班の場合も紫外線をあびることで濃くなってしまいますので、しっかり対策をしてほしいと思います。肝班には美白成分ハイドロキノンが配合された化粧品がおすすめです。

シミをすぐ消す方法【もし出来てしまったら?】

ふと鏡を見たら昨日まではなかったのにシミが…!!
OH!!NOOOOOOOO!!

・・・というように、自分の顔に発見した時のショックは言葉で言い表せないものがあります。

そこで、私たちは

『なんとか消さねば!!』

と夢中になるのですが、理想からいうと出来る前にシッカリとしたお手入れをしたいところです。(今更いってもどうしようもないでしょ!という怒りは分かりますが)

そうなんですよね、『出来てしまったものは仕方ない』というこtで、少しでも早くなくなる方法を考えていきましょう。

まず取られる方法はシミ取りコスメや美白化粧品を使って集中的にケアしていく事が多いと思いますが、実はホワイトニングコスメって千差万別。

いかにも効きそう!これはシミに効果あるでしょ?・・・と思ったものがそうでもなくて、期待していなかった美肌用のコスメのほうがシミケシによっぽどいい仕事をしてくれたりもしまいた。

ここで化粧品の選び方を間違ってしまうと思ったように取れなくなってしまうだけでなく次々にできてコンシーラーで消しても間に合わない!!なんてことも。

「でも、時間をかければしみって取れるんでしょ?」
「美白コスメって長時間使わないと効果ないっていうしね?」

と思ってのんびり構えている方もいるでしょうが、この考えはちょっと甘いです。

いいですか、シミを発見したらすぐにケアを開始しましょう!

シミは顔の中で濃く目立つので日光が集まりやすいので、更に濃くなる危険性があるのです!

ですから今までどおりの通常の化粧品でお手入れをしては全くもって逆効果、シミにはシミのコスメを投入するのが大正解です。

まあそこまで酷い事態になるまえに誰しも何か手を打つとは思いますが、こういった事態になってしまうと、美白コスメでは手に負えない程に濃く肌に定着してしまうので、レーザーやエステの出番となりそうです。

↓レーザーでのシミ取りに関する記事もあるので参考にして下さい★↓
******************************
顔のシミを取る方法【レーザー治療安全性どう?リスクは?】
******************************

シミ化粧品の選び方って?【違い歴然!成分に注目】

mirror

これまでお話したように、シミを見つけたときの美白コスメ選びはすばやく慎重に、効果のあるものをチョイスしたいもの。

では、どうやって選んでいくと良いのでしょうか。

口コミをまずチェック

やはり基本は口コミで評判の良いアイテムを選ぶ事ですね。

ネット通販できるような販売されている化粧品だけでなく、今ではドラッグストア化粧品やデパートで購入するようなコスメでも、すぐに口コミ情報をチェックする事が出来ますからね。

実際に使ってみた人の意見を聞くことで購入前にその商品の効果などをおよそ知ることが出来るでしょう。

口コミは実際に商品を使った方の生の感想だから、凄く参考になります。

「雑誌で見たけど、良いのかな?」
「この商品欲しいけどどうなんだろう?」
「肌荒れとかしないかな?荒れやすい人は大丈夫だったろうか?」

・・・という迷い解決するならをはネットで口コミ情報を検索してみるのが良いですね。

ただ、ステマと呼ばれるものもありますので、全て盲目的に信じるのではなく参考程度にするようにするといいかもしれません。

成分もしっかりチェック

美白と謳っているコスメのなかには美白成分が入っていないものもあるってご存知ですか?

また「○○配合」と記載されていたとしても、ほんのわずかの量だけしか配合されていなかったりすることも・・。ですので、その化粧品の美白の根拠になってるものは何かというものをちゃんとチェックしてみていただきたいと思います。

でも私は過去に、科学的にすごく納得の行く説明がなされている公式HPをみて期待に胸をふくらませて○万円くらいする美白美容液を購入したことがありますが・・・3ヶ月使ってみて本当になにも変化がなくショックだったこともあります・・・(><);;

ですから、こちらも参考程度に信じるくらいでいいのかもしれませんね・・。でも少なくとも美白コスメを購入する時は「成分チェック&口コミをみる」ということは最低限屋ってほしいと思います。

まとめ

97f616fa409b2086924c04ec00dbcf17_s

いかがでしたでしょうか?

シミができる原因としみ化粧品の選び方についてご紹介してきました。

最後にこのサイトで紹介しているシミ化粧品の体験談や口コミのページもご案内しておきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

↓シミ対策化粧品体験レビューや集めた口コミのページ↓
******************************
ビーグレンシミ消える?成分効果を検証【良い&悪い口コミまとめ】

アスタリフトホワイト口コミまとめ【シミ効果ある?】

メディプラスゲルシミに効く?口コミ調査!【ニキビ跡消える?】
******************************

2016/3/18 (金) • シミケア



Comments are closed.