アテニアクレンジングオイルはマツエク使える?【このグルーならOK】

まつ毛エクステ(マツエク)をしていると、普通は「オイル系のクレンジングはNG!」と言われていますよね。でも実は、アテニアの「スキンクリアクレンズオイル」は、マツエクにも使えるんです。

いったいなぜなのか、実際使うとどうなるのか、詳しくみていきましょう!

箱の裏に明記「まつ毛エクステにもOK!」

アテニアのクレンジングオイルを買うと、箱の裏に説明書きがあるのですが、そこにはこんなことが書かれています。

まつ毛エクステンションをお使いの方にもご使用いただけます。
※シアノアクリレート系の成分のグルーをご利用の方にはお使いいただけますが、その他のグルーではエクステンションがとれる可能性がありますのでお使いいただけません。また、強くこすると、まつ毛自体が抜けやすくなりますので、エクステンションの流れにそってやさしくなじませてください。

そう、ちゃんと販売元が大丈夫だと言っているんですね。

アテニアは、オイルクレンジングですが、マツエクにも問題なく使えるんです。

attenir
button_attenir3

「シアノアクリレート系グルー」は 一番よく使われてるマツエクのグルー!

eyelashextension2

ところで、「シアノアクリレート系の成分のグルー」という言葉。一体何なのでしょうか?

調べてみると、「シアノアクリレート (cyanoacrylate)」というのは、いわゆる瞬間接着剤の主成分で、有名な「アロンアルファ」もコレが主成分になっています。

そして、まつげエクステ用のグルーとしても、一番よく使われているのが、このシアノアクリレート系のグルーです。

マツエクのサロンによって、施術メニューによって使われるグルーは何種類かあるのですが、普通はそのすべてが「シアノアクリレート系」に含まれます(ブチルシアノアクリレート、エチルシアノアクリレート、メトキシエチルシアノアクリレートなど)。

ですから、アテニアの箱に書かれている「シアノアクリレート系グルーのマツエクならOK」は「普通のマツエクならOK」という意味だと思って問題なさそうですね。

とはいえ、高いお金を出してつけてもらったマツエクですから、気になる方は、念のため施術してもらったまつ毛サロンに連絡して確認しましょう。

また、強くこすることで抜けてしまうこともあるので、まつ毛の流れに沿ってやさしくなじませてキャストオフしてください。

button_attenir3

アテニアをマツエクに使ってみた口コミ!

eyelashextension1

実際に、マツエクをしていて、アテニアのクレンジングを使った方の口コミを見つけたので、紹介します。

マツエクをしだしてから、ファンケルのマイクレを使用していたんですが、なんせコスパが悪い。
なのでこちらに乗り換えました。
アロマタイプを購入。
良い香りです。
使用感もマイクレよりサラっとしているので滑りもいいし、つっぱったりしません。
肌くすみへの効果はわかりませんが、角栓は取れますね。
マツエクをしている間は、こちらにお世話になります。
次は大容量タイプを購入予定。

cosme.net

「マツエクをしている間はアテニアを使う」「次はもっと大きいのを買う」とおっしゃるほどまで気に入っているみたいですね。

サンプル使用後、現品購入。
まずびっくりしたのは、洗顔後のうるおいがしっかり残っていること。
メイクをしっかり落としつつ、うるおいもちゃんとある。
この商品は2度洗い不要で楽ちんですし、オイルタイプのクレンジングですが、
マツエクしてても大丈夫です。

cosme.net

「サンプルを買って、使って気に入ったので、現品を買う」という、理想的な買い方をされています。二度洗いせずにしっかりクレンジングできて、でも潤いとマツエクは無事だそうです。

W洗顔不要で濡れた手や顔でも使えるのが便利!
オイルですがマツエクでも使えるのも◎
オイルの様なヌルヌル感がなく、サラッとした使い心地で伸びもいいです。
アロマタイプをいただきましたが、柑橘系の香りで香りも◎
すすいだ後もつっぱり感がありません。

cosme.net

こちらもほぼ同様の感想ですね。ダブル洗顔不要・マツエクOKで、でもつっぱらず、と。

button_attenir3

「4つの美容オイル成分」って何?

アテニアのスキンクリアクレンズオイルには、4種類の高級美容オイルが含まれています。

ロックローズオイル

oil-rockrose

ロックローズはフランスやイタリアの高地原産の植物で、その精油はアロマ好きの間では「ラブダナム」という名前でも知られています。

このロックローズオイルには、肌のくすみの原因となる「肌ステイン」をゆるめて切り離す力があるそうです。

ロックローズオイルのおかげで、クレンジングをしながら、メイクと一緒に肌ステインを洗い流せるのです。

イモーテルオイル

oil-immortelle

イモーテルは、地中海に面した地方に生息する、小さな金色の花を咲かせる植物です。この花から抽出されたイモーテルオイルには、菌の繁殖を防ぐ効果があり、古代から打撲治療や感染症治療などに使われてきたと言われています。

このイモーテルオイルは、活性酸素に働きかけることで、肌ステインが新しくできることを防ぐ効果があります。

ニキビなどにも言えることですが、「治す」だけでなく「予防する」ことも同様に大事ですよね。「肌ステインを落とす」と「肌ステインを防ぐ」の2つ作用で、肌色を明るくする、という仕組みです。

バオバブオイル

oil-baobab

クレンジングで肌のステインを落とした結果、肌が乾燥してダメージを受けてしまっては元も子もありません。アテニアのクレンジングは、それを防ぐための、うるおい成分も含まれています。

サバンナに生息するバオバブの木から抽出されたバオバブオイルは、うるおいを肌の中にキープしてくれます。クレンジング後も、なめらかな肌のままでいられます。

アルガンオイル

oil-argane

4つ目のアルガンオイルは、アフリカ・モロッコに生息するアルガンツリーの実から抽出されたオイルです。収穫が制限されているため、非常に希少なオイルなんです。

アルガンオイルの働きは、毛穴の汚れ・角栓・余分な皮脂を取り除いてくれること。べたつき・ざらつきのない肌に近づけます。

attenir

button_attenir3

2016/6/3 (金) • クレンジング



Comments are closed.