ビタミンC誘導体の効果は?シミ&ニキビ跡対策【おすすめは?】

人気のビタミンC誘導体化粧品を選ぶなら?【当サイト独自ランキング】

第1位 アンプルール ラグジュアリーホワイト

ampleur_white

美白効果が実感できると評判!
軽い付け心地なのに保湿力◎!
紫外線ダメージもしっかりケア!
格安でトライアルキット試せる!
シミ・ニキビ痕が綺麗になる!
皮膚科医開発の安心コスメ!

button_ampleur_white

ビタミンC誘導体化粧品とは?

face

美白のことを考えるのなら、ビタミンCの摂取は意識して行いたいものです。

ビタミンC、またの名をL-アスコルビン酸というこの物質には、メラニン色素抑制、ニキビ跡となる色素沈着の防止、活性酸素の除去など、美と美白に関する多くの効能があるためです。

しかし、その効果が高い反面、安定性が低いという性質もあります。空気に触れるとすぐにサビてしまって効果を失ったり、水に溶かすと活性を失います。

また、そもそも皮膚への吸収率がとても低いという特徴があります。そのため、丁寧に丁寧に取り扱って壊れないように細心の注意を払い、やっと素肌に塗ったとしても非常に吸収されにくいのです。

こうした問題を解決するのがビタミンC誘導体です。これは、角質層への透過がよくなるように改良されています。つまり素肌に吸収されやすくなっています。

肌に吸収されてから、メラニン色素に近い距離で酵素反応を起こしビタミンCに変化するので、消したいシミにダイレクトに効果を発揮します。また、いったん肌の奥に届けられるとその効果が長時間持続します。

ビタミンC誘導体は、美白効果のある医薬部外品として、厚生労働省に正式に効果を認められている有効成分です。だから、それが配合された化粧品は、その効果を信用しても良いんですね。

ちなみに成分表には、「リン酸アスコルビルナトリウム」「リン酸アスコルビルマグネシウム」などと表記されています。

button_ampleur_white

ビタミンC誘導体化粧品のニセモノとは?

skincare1

ビタミンC誘導体を配合した化粧品は多く販売されています。

そのままでは壊れやすく浸透率も低いビタミンCですが、リン酸と結合させることにより、浸透率と持続性を高めたのがビタミンC誘導体です。

シミやそばかすなどを薄くする美白効果、活性酸素を除去するアンチエイジング効果、ニキビ・ニキビ跡改善効果、毛穴対策など、スキンケアのさまざまな目的に活用できます。

しかし、ここで注意しなければいけないことがあります。それは「ニセモノに注意する」ということです。

「VC誘導体」を謳う化粧品の中には、ビタミンCを皮膚の中に入れるために、皮膚表面を破壊する石油系合成界面活性剤を添加しているものがあります。

そうした美白コスメは“ニセモノ”です。

石油系合成界面活性剤を浸透のために添加したコスメは、VC誘導体化粧品ではありません。ましてや、合成物質ですから皮膚への負担も大きいです。

また、催奇形性、溶血性毒性の有毒性があります。皮膚への負担だけではなく、体の内部にまで浸透して体に害を与えてしまいます。美白コスメを買ったつもりで、うっかり合成物質入りのものを買ってしまわないように選び方に気をつけましょう。

これを避けるための有効な選び方としては、「表示を良く見る」という選び方があります。成分表に「リン酸-Lアスコルビン酸Na」などが表記されているか確認してから購入するようにしましょう。

button_ampleur_white

本物のビタミンC誘導体化粧品を選ぶには?

shelf

ビタミンC誘導体を配合したと謳う美白コスメは多くあります。

しかし、それらのうち石油系の合成界面活性剤を配合し、皮膚の表面を破壊してビタミンCを浸透させている商品が少なくないのも現状です。

言うまでもありませんが、石油系の合成界面活性剤は有害です。溶血性毒性や催奇形性のおそれがあります。

間違って合成界面活性剤入りコスメを買ってしまわないためにも、選び方を知っておきましょう。

それら有害物質入りコスメを避けるための選び方は、成分表示を見ることです。表示を見ればそこに何が入っているかが分かります。表示を見て、VC誘導体がきちんと入っているものを選びましょう。

と言っても、化粧品の成分表に「VC誘導体」とはかかれていません。別の名称で書かれています。

また、水溶性と脂溶性の2種類があります。

水溶性なら「リン酸-Lアスコルビン酸Na」「リン酸-L-アスコルビン酸Mg」と表記されています。脂溶性なら「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」「ステラリン酸アスコルビル」「テトライソパルミチン酸アスコビル」と表記されています。

反対に合成界面活性剤の成分を知って、それが表示されていたらその化粧品を避ける、という選び方もあります。

中でも特に危険なのは「エデト酸塩」「トリエタノールアミン」「ラウリル硫酸ナトリウム」「プロピレングリコール」などです。正しい選び方によってこれらの表示がある化粧品は避けるようにしましょう。

一番おすすめのビタミンC誘導体はコレ!↓

第1位 アンプルール ラグジュアリーホワイト

ampleur_white

美白効果が実感できると評判!
軽い付け心地なのに保湿力◎!
紫外線ダメージもしっかりケア!
格安でトライアルキット試せる!
シミ・ニキビ痕が綺麗になる!
皮膚科医開発の安心コスメ!

button_ampleur_white

f 2016/7/22 (金) • シミケア, 美白
おすすめ注目記事

脱毛サロンランキング!【評判・料金比較】

脱毛器人気ランキング!私のお試し結論!【一番良いのは?】

酵素ダイエット人気ランキング!


+:-:+:-:+:↓1日1クリックで応援よろしくお願いします+:-:+:-:+:


Tags:

Comments are closed.