ほうれい線を消す化粧品!口コミおすすめプチプラこちら【効果あるの?】

ほうれい線のせいで、急に老けた印象になってしった…!
今すぐこのシワを消したい!

すぐに始めれる対策法や、確実にほうれい線を消す方法など様々な対策法をご紹介しています!ほうれい線を消して数年前の顔を取り戻しませんか?今は心配ない方でも将来のために今から予防をしましょう!

おすすめほうれい線ケア化粧品は?

1位:ビーグレン ほうれい線ケア トライアルセット

blen_smileline1 bullet_bglen_smileline button_bglen_smileline

だいたいほうれい線ってどんなしわなんだろう?

smile

鼻を挟んで顔の真ん中を走るハの字型のシワのことを「ほうれい線」と呼びます。

小鼻の両脇から始まって、唇の両脇に伸びる2本の線です。

アンチエイジングを考えるなら、ほうれい線対策は欠かせません。なぜなら、ほうれい線があるだけで、顔が「老け顔」になってしまうからです。

同じような顔のつくり、肌の状態であっても、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢がかなり違ってきます。

ほうれい線が目立っている人は、そうでない人に比べて、見た目年齢が5歳は上がる、と言われています。

アンチエイジングの大敵であるほうれい線を解消するためのさまざまな方法、さまざまな化粧品が存在します。それらを上手に活用して、解消していきたいですね。

解消するためには、まず「ほうれい線の原因とは何か」という基礎知識について、知っておく必要があります。

ドラッグストアや通販サイトを見て、おすすめされた商品をただ使うだけでは、効果的なケアはできません。敵を倒すには、まず敵を知らなければなりません。

基礎的な知識を知らずにスキンケアをしていると、思わぬ間違いをしていることも多いものです。

基礎知識を身に付けたら、まずは自分の肌の状態を見てみましょう。即効的な対策が必要なのか、予防法から始めるのが良いのかを判断します。

その上で、マッサージを含めた解消法に取り組んでいくのがおすすめです。肌の性質は人それぞれですから、あなたに一番適したケア方法を見つけましょう。

ほうれい線が出来るとどうしてこんなに気になってしまうの?

lookinthemirror

ほうれい線ができると、すごく気になってしまいます。鏡を見るたびに気分が暗くなってしまいます。どうしてでしょうか。

ほうれい線が気になってしまう原因は、その位置にあります。

ほうれい線は、小鼻の横から口の両脇にかけて、ハの字型にできているシワです。つまり、顔面のうちかなり大部分を縦断する、大きなシワです。しかも深いシワです。

だから無視しようとしても、なかなかできるものではありません。

目じりにできた小じわなら、まだ見ないようにすることができます。でも、顔の中央に大きく走ったシワのほうれい線を見ないようにはできません。

小じわなら、ファンデーションを重ね塗りして、見えなくくすることも、比較的簡単ですが、ほうれい線は深いし目立つので、かんたんには消えません。だから長い時間をかけても、「隠しきれた」という達成感を持つのは難しいです。

ほうれい線は、大きくて目立つだけではなく、顔を老けて見えやすくしてしまいます。

シワというものは一様に、顔を老けて見せるものですが、ほうれい線はスケールが違います。

同じような顔のつくり、同じような肌の状態であったとしても、そして同じ年齢であっても、ほうれい線がある人は、そうでない人に比べて5歳は老けて見えると言われています。

せっかくアンチエイジングケアをしていても、ほうれい線があると、その効果を大きく邪魔してしまいます。

このようなわけで、若く美しくありたいと思うなら、ほうれい線対策は欠かせないのです。

button_bglen_smileline

ほうれい線を消すつもりが悪化?【まずは原因を知っておくこと!】

mirror

ほうれい線の原因でまず言えるのは「肌のたるみ」です。

年齢を重ねるごとに、首の筋肉や表情筋が衰えてきます。

そうすると、肌のリフト機能が損なわれてきて、肌がたるみ、ほうれい線につながってしまいます。

表情筋は、顔の皮膚の下にある筋肉の総称です。

表情筋の数は全部で30種類以上あり、目の周りの筋肉、頬から口のあたりの筋肉、口の周りの筋肉などのように、細かく分けることができます。

それぞれの筋肉がそれぞれの役割を果たし、目や口などを動かしています。これによって、私たちは表情を作ることができるのです。

若いころは筋肉の力があるので、重力には負けません。そのため、皮下脂肪を高い位置でキープできています。

しかし、年齢を重ねていくと、頬の筋肉がだんだんと衰えていって、緩んできます。ついには重力に抵抗できなくなり、頬のあたりの皮下脂肪を高い位置で支えられなくなり、頬が全体的に垂れ下がってきます。

紫外線と乾燥による影響もあります。

頬の皮下脂肪が垂れ下がると、頬の境界線に当たるほうれい線の上に皮下脂肪が覆いかぶさるように溜まります。その量が多ければ多いほど、溝が深くなります。

ほうれい線は大きなシワとも言えます。

シワの主な外的要因は紫外線と乾燥ですが、これはほうれい線にも言えることです。

肌が乾燥しているとほこりや紫外線などの刺激物質の影響を受けやすくなります。保湿していれば避けられるシワも、乾燥していると回復が遅くなります。

button_bglen_smileline

ほうれい線の解消法は間違いだらけ?【本当に効果がある方法大暴露!】

ほうれい線ケアは、自分の肌の状態を見て、進行具合を把握してから、どの解消法を取るのかを決めていきます。

まだそれほど気になる点はないけれども、将来のために今からケアしておこうという人は、予防的措置を行います。

・予防法には、マッサージやエクササイズ、紫外線対策などがあります。

年齢とともに、表情筋が衰えて、肌のリフト機能が衰え、たるんできて、ほうれい線につながってしまいます。

表情筋のマッサージや顔面体操などのエクササイズをするなどして、表情筋を鍛えましょう。

「笑うと笑いじわができてしまう」として、あまり笑わないようにする人もいますが、これは逆効果です。表情筋の退化をすすめてしまうので、できるだけ喜怒哀楽を顔に表す生活をするようにしましょう。

紫外線を浴びると肌が乾燥し、シワの原因になってしまいます。外に出るときはかならず日焼け止めクリームを塗りましょう。

保湿成分や美白成分が入っている日焼け止めクリームならなお良いです。

マッサージやエクササイズは、ほうれい線対策として行ったとしても、効果が出るまでかなりの時間、根気が必要になります。

すでに深いほうれい線ができてしまっていて、悠長にやっている暇がない、という人は、外科的な方法も視野に入れておくと良いかもしれません。

つまり美容外科による解消法です。

・美容外科では、コラーゲンやヒアルロン酸を注入するプチ整形による解消法と、肌の皮膚を切ってシワを伸ばす「リフトアップ」を行っています。

button_bglen_smileline

ほうれい線対策のポイント!【顔のたるみ解消でしわも消える?】

ほうれい線対策をするなら、重点的に行いたいのは、顔のたるみ解消です。

ほうれい線ができる一番大きな要因は、顔のたるみです。

年齢を重ねるごとに、首の筋肉や表情筋が衰えてきます。それまで肌のリフトアップ機能を支えてきた筋肉が、衰えてきたため、重力に逆らえなくなって、下がってきます。

特に、頬の部分の高いところにととまっていた筋肉が落ちてきます。これが下がってくると、ほうれい線になってしまいます。ですから、ほうれい線を解消するなら、頬のたるみを解消させるのが大切です。

たるみは表情筋の衰えによって起こるものですから、この筋肉を鍛えれば、リフトアップ機能が復活してきます。

日常生活で、喜怒哀楽に乏しい生活をしていると、顔の筋肉が使われなくなって、衰えも早くなります。

だから、できるだけ喜怒哀楽の表情を顔に出せるような生活を心がけるようにしましょう。仕事ではストレスばかりでそんなことは無理、という人なら、家に帰ってから面白いテレビを見て笑うとか、没頭できる趣味に凝るのでも違ってきます。

エクササイズやマッサージを行うのも有効です。

●顔を大きく動かす顔面体操や、顔の筋肉に刺激を与えて活性化させ、血流改善を促すマッサージを、毎日行うようにしましょう。

●年齢とともに分泌量が減ってくる、コラーゲンやヒアルロン酸を化粧品やサプリメントで摂取するのも良いでしょう。

これらの成分が減ると、肌が乾燥してシワの原因となります。

button_bglen_smileline

ほうれい線消す方法って期待できる?【効果があるものとないものとは?】

face

ほうれい線を消す方法には、体操やマッサージがあります。

年齢とともに、顔面の筋肉である表情筋や首の筋肉が衰えてきます。肌のリフトアップ機能を維持できなくなってたるみが起こり、ほうれい線となります。

表情筋や首の筋肉を鍛えて、リフトアップ機能を呼び戻せば、解消に役立ちます。鍛えるにはマッサージやエクササイズがおススメです。

マッサージは、表情筋に刺激を与えて活性化させるとともに、血流改善効果もあるので、代謝を上げるのに役立ちます。代謝が上がると、肌に栄養分がいきわたるようになるので、若返り効果があります。

メイクでほうれい線を目立たなくする、というのも1つの方法です。

しかしここでやってはいけないのは、ファンデーションの厚塗りです。

鼻の両脇から口の両脇までくっきりできた大きなほうれい線を隠そうとして、ファンデーションを厚く塗りたくなる気持ちは分かります。でもファンデーションは、時間が経つとよれてしまうものです。

そうなると、必死に隠しているのが目立ってしまって、逆効果です。勇気のいることですが、シワなど隠したい部分には、ファンデーションをあえて薄く塗るようにしましょう。

明るいコンシーラーでほうれい線をなぞり、ラインの境界線をぼかすのも隠す効果があります。

美容外科で施術を受けると、すぐに効果を出せます。

ヒアルロン酸やコラーゲンを注入するプチ整形、肌を切って吊り上げるフェイスリフトなどの方法があります。

button_bglen_smileline

男性もほうれい線ケアでブルドック顔回避!【気になる前の対処法は?】

man wash face

アンチエイジングケア対策として、女性たちの間で非常に注目されているほうれい線ですが、男性だってほうれい線に悩む人はいます。

男性の場合、20代から口の周りにほうれい線ができてしまっている人が意外に多いです。これを放置しておくと、30代になったころには、口の周りのシワがもっとくっきりしてきます。

そして40代になると、ブルドッグ顔と呼ばれる中年に進行してしまいます・・・

そうならないために、20代のうちからほうれい線対策をしておくことをおススメします。しっかりケアをしていけば、40代のブルドック顔は避けられます。

20代の男性にほうれい線ができてしまう、一番大きな原因は肌の乾燥です。

口の周りのほうれい線を見てみましょう。乾燥していませんか?

水分不足のこの状態を保湿してあげましょう。肌の角質層を修復し、バリア機能をよみがえらせるための保湿ケアを行いましょう。

化粧水などでスキンケアをしていけば、水分不足は解消されていきます。

男性の場合、化粧水を「パシャパシャ」と叩く方が多いですが、ほうれい線対策で「パシャパシャ」はいけません。すぐに乾いてしまうからです。パックして、保湿し続けるようにしましょう。

保湿成分としておススメなのは「コラーゲン」です。

コラーゲンを配合した化粧水でパックして、保水しましょう。顔の形をしたコラーゲンパックでもいいですし、顔の形をしたパックを買って、それに好みのコラーゲン化粧水を浸して使用してもオーケーです。

button_bglen_smileline

ほうれい線対策口コミ人気ランキング発表!【おすすめ美顔器は?】

ほうれい線があると、それだけで顔が老けて見えますから、アンチエイジングを考えるならほうれい線対策は欠かせません。

ほうれい線を外側から消すには、美顔器やスキンケア化粧品がを活用しましょう。

口コミで人気があるのは、

● 1位「エステナードソニック」です。

美顔器とはいっても価格は980円と、とてもリーズナブルです。ジェルが1本ついた一番安いセットなら3,980円とお得です。

● 2位は、通販に販売を特化し、質の高いコスメで口コミ評価が抜群のビーグレンが提供する、「アンチエイジングケア」です。

ビーグレンは、美白対策、ニキビ対策など、お悩みごとのスキンケア化粧品を販売しています。即効性があるのが特徴です。

ビーグレンの中でもアンチエイジングケアは特に人気で、小じわやほうれい線対策に効果が高いです。

リピート率68%と驚異の数字を保持する化粧品です。

● 3位はアスタリフトです。

アンチエイジングを具現する存在、松田聖子のコマーシャルでおなじみです。アスタリフトは1,260円のトライアルもあるので、興味がある人はまずトライアルから試してみると良いでしょう。

内側から消すなら、サプリメントやドリンク剤を活用しましょう。

口コミで人気なのは、

● 1位「コラーゲンサイクル」です。

低価格のコラーゲンゼリーの代表として、高い人気があります。

● 2位は「天使のララ」です。

コラーゲン対策として定番ですね。1,050円のお試しがあるのもうれしいです。

● 3位は「アスタリフトコラーゲン」。

一般的に、ゼリーよりもドリンクの方が効果が高いと言われています。

ほうれい線改善コスメおすすめランキング!【今売れている化粧品は?】

blen_smileline1 bullet_bglen_smileline button_bglen_smileline

おすすめしたいほうれい線対策コスメランキング

■ 1位は、「ビーグレン アンチエイジングセット」です。

ビーグレンのコスメは、医療レベルの浸透力を持つとして、高い評価を得ています。

特にビーグレンのアンチエイジングセットは、2大バイオ成分のペプチドを活用、肌を内側から活性化していくもので、学会でも注目されている成分を使用したことに大きな魅力があります。ほうれい線に効果があるペプチドやビタミンは、本来肌に浸透しにくい成分です。

しかし、ビーグレンは国際特許を取得した浸透テクノロジーで肌に確実に届けることができます。

しかもビーグレンには365日返金保証がついています。返金保証の長さから見ても、自信の表れがうかがえますし、なにより安心して利用できます。

■ おすすめランキング2位は「ミスパリ エイジングケアトライアルセット」です。

藤原紀香さん愛用のコスメとして知られています。有名エステサロン「ミスパリ」の技術を凝縮したエイジングスキンケア化粧品です。

ヒアルロン酸やプラセンタなどの成分で肌を整え、しっかり保湿、肌を活性化します。サロンで使用されているプロ専用の化粧品ですから、試してみる価値は大いにあります。自宅でフェイシャルエステを受けたいときにもお勧めです。

■ ランキング3位は「ドクタープロジェ QOS」です。

皮膚の専門家が開発したエイジングケア化粧品です。鉱物油や界面活性剤などアンチエイジングケアに不要な成分を使用しない、お肌に優しいコスメです。

button_bglen_smileline

ほうれい線対策美容液で失敗しないために!【口コミと評判は?】

ほうれい線対策には、毎日のスキンケアが大切になってきます。

年齢とともに真皮部分のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分の分泌が不足したり、劣化したりしてきます。不足すると肌に水分がなくなり、乾燥して、ほうれい線の原因になってしまいます。

毎日のスキンケアで、これらの成分を補給してあげないといけません。

美容液は、美容成分を濃縮したスキンケア化粧品です。美容液で肌に栄養を与えてあげれば、肌のハリや弾力を取り戻すことも可能になります。

ほうれい線ケアのための美容液を選ぶなら、ほうれい線の原因に効く成分が配合されたものを選ぶようにしましょう!

年齢とともに不足してくるコラーゲン、ヒアルロン酸を補給できる美容液を選びます。

コラーゲンはたるみ解消に効果があり、ヒアルロン酸は保水に効果があります。乾燥を防ぎ、ほうれい線を防いでくれます。

美容液を使用する場合は、その前後のスキンケアもしっかり行うようにしましょう。ただ美容液を塗るだけでは、その効果を十分に得られません。

スキンケアの順序はクレンジング→洗顔→化粧水→美容液→クリームです。

クレンジングや洗顔で、メイクや汗などの汚れを落とし、美容成分が浸透しやすくなるようにしてから、化粧水で水分補給し、美容液で美容成分を補給、クリームで包み込みます。

口コミで人気がある美容液は、

・ビーグレンの「Cセラム美容液」、
・デュクールの「アルジェプラス50」

です。

「Cセラム美容液」は医療技術を採用、高い浸透力で知られ、「アルジェプラス」は口コミで人気が高く、リピート率70%を誇ります。

button_bglen_smileline

ほうれい線対策クリームで口コミ評判が高いものは?【購入前確認!】

ほうれい線対策では、毎日のスキンケアが大切になります。

ほうれい線対策として口コミで評判が高いクリームに、「ジェロビタール」があります。

・ジェロビタールはルーマニアのアンチエイジングコスメです。

ルーマニアは長寿大国として知られています。ルーマニアで生まれたジェロビタールは、アンチエイジング治療から作られたコスメで、年齢とともに衰えてきた肌、乾燥しがちで水分が少なくなってきた肌に効果があると言われています。

ほうれい線対策や、目元のしわ対策用のクリームが口コミで高い人気があります。

肌の真皮の成分である「エラスチン」、若返り効果のある「ビタミンE」、「キュウリエキス」、「ヒアルロン酸ナトリウム」を配合、肌に浸透して、内側からリフトアップ機能を高めてくれます。

・「リエナ リテンションクリーム」も口コミで評判の良いクリームです。

三浦泉、藤澤花恵、筧沙奈恵など雑誌モデルも愛用しているクリームとして知られます。顔だけではなくボディにも使えます。

シワ対策としてだけではなく妊娠線のケア用のクリームとしても活用されています。

寝る前に、気になるところに塗って寝ると、翌朝お肌がすごくしっとりします。

それもそのはず、「リエナ リテンションクリーム」は、国際ライセンスを取得したベテランエステティシャンが考案したスペシャルレシピによって作られています。

話題の成分「レジストリル」を配合、水分補給に最適です。プロ・アマともに人気の高いクリームです。

button_bglen_smileline

ほうれい線を消す正しいマッサージ方法!【リンパ押しでむくみも解消?】

ほうれい線を予防したり、深くなってしまったほうれい線を少しでも目立たなくさせるためにマッサージを行いましょう。

マッサージを行うと新陳代謝が活発になります。むくみ解消にも役立ちます。

むくみは血流が滞ったことにより引き起こされます。

むくみが原因で顔が膨れ、ほうれい線がより目立ってしまうケースも少なくないので、むくみ解消のためにもマッサージはぜひ行いたいです。

マッサージを行うときには顔にクリームを塗ったり、指にオイルを塗ったりして指の滑りを良くしておくようにしましょう。滑りが良くないと指の摩擦の負担が肌にかかり、かえってシワの原因になってしまうのです。

ほうれい線対策のマッサージ方法は、いろいろあります。

今注目されているのはリンパマッサージです。

リンパ腺は体中をくまなく走っており、血管が吸収できなかった老廃物をキャッチします。

血液のように定期的に圧力がかかるわけではないので、流れが停滞すると老廃物が停滞します。この流れを促進すると、顔に老廃物が貯まりにくくなり、くすみやむくみなど肌トラブル解消にも役立ちます。

ほうれい線マッサージをご紹介します。
両手の人差し指と中指で口と顎の間を軽く押します。

手を少しずつほうれい線の方にずらします。

手を両耳の方に滑らせます。

手をエラの付け根まで下げ、鎖骨までなぞります。

鎖骨のあたりにはリンパ腺の分岐点があります。マッサージで顔に停滞している老廃物を押し、鎖骨まで届けましょう。

button_bglen_smileline

ほうれい線を消すエクササイズ・体操、本当に効果ある?【たるみ改善法】

顔にたるみがあると、ほうれい線ができてしまいます。また顔がたるんでいると、表情が暗くなり、不機嫌な印象になるなど、悪影響が生まれてしまいます。

たるみの原因は表情筋の衰えです。

表情筋は加齢によって衰えやすくなりますが、エクササイズや体操で鍛えることにより、もう一度引き締めるのも可能です。

特に顔面体操は、ほうれい線の予防、解消にとても役立ちます。

解消のためのエクササイズや体操はいろいろあります。いずれも、頬のあたりの筋肉を、体操によって鍛えます。

たとえば、

●大きな口を開けて「アー、イー、ウー、エー、オー」といろいろな口の形を発音する「あいうえお体操」は、あまりにも有名です。

「あいうえお体操」は、上を向いたりあごを首にうずめたりして行うとより効果的です。

また、

●口いっぱいに空気を溜めたり、すぼめたりということを繰りかえすのも効果があります。

●大きな「イ」の形に口を横に広げ、閉じ、歯を食いしばる、というエクササイズも効果があります。

顔面体操を行うときのポイントは、ゆっくりと、一つ一つの動きを丁寧に行うことです。

一日のノルマとして、おざなりに行って、「やった、やった」と満足してはいけません。「今はここの筋肉を使っているんだな」と考えながら丁寧に行いましょう。

顔のたるみは顔だけではなく、首の筋肉の衰えも関係していますから、首も一緒にエクササイズするのをおススメします。

首を上下に伸ばし、左右に傾け、首をグルグル回す、というエクササイズ方法があります。単純ですが効果があります。

button_bglen_smileline

ほうれい線をペットボトルで消す方法とは?【器具いらずのお手軽法】

ペットボトルでほうれい線を消す方法をご紹介します。

この方法は、他のほうれい線解消法に比べてお金がかからないので、おススメです。

用意するものは500ml入りのペットボトル。これだけでほうれい線解消エクササイズができます。

1.500ml入りのペットボトルの容器をしっかりと洗います。特に口の部分は重点的に洗います。ペットボトルの中に少しだけ水を入れ、ふたを閉めます。それを机に置きます。

2.机に置いたペットボトルを口にくわえ、持ち上げます。この時、歯を使わないでください。歯を使うと意味がありません。必ず唇だけで持ち上げるようにしましょう。

3.ペットボトルを唇の力だけで持ち上げた状態で前を向き、ペットボトルを上下左右に動かします。この時もやはり、唇の力だけで動かします。これを10秒間行って1セットです。3セット続けると効果的になります。

最初のうちは、顔の周りに筋肉、つまり表情筋がかなり疲れます。しかしやり続けていれば、徐々に慣れていきます。慣れてきたら、水の量を少しずつ増やしていきましょう。いきなり増やすと筋肉痛になってしまうので、徐々に増やしていきます。

最終目標は500ml入りのペットボトルを満タンにして、上下左右に動かせることです。

ここまでくれば、表情筋もかなり鍛えられています。ほうれい線は、表情筋の衰えが大きな原因ですから、ペットボトルでエクササイズをすることで、改善効果が見込めるでしょう。

blen_smileline1 bullet_bglen_smileline button_bglen_smileline

2016/7/26 (火) • スキンケア



Comments are closed.